雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日産や三菱などの浮き沈みの大きさ

投稿日:2015年4月4日 更新日:

日産はまだ数多くの問題を抱えながらも、ゴーン氏の手腕などによりでV字回復を見せていました。ただし、業績の伸びばかりが報道されている反面、債務は巨額で、本格的な回復までにはまだ数年はかかるでしょう。高額な商品でありながら、ブームになるのも去るのも早いのがクルマの怖いところで、それに伴って、自動車業界も浮き沈みの大きさが目立ちます。典型的な例が日産や三菱自動車でしょう。

富士重工はキラリと光る技術を持ったメーカーで、今後、うまい方向に伸びてほしいものです。A8のクワトロも見事な出来で、アウディの技術に改めて驚かされましたが、価格は1000万円を超えています。アウディのフルタイム4駆モデルS4は800万円を超える車両価格です。もちろん単純に比較することはできませんが、B4は上級モデルで300万円弱の価格です。レガシィの4駆システムは世界一、二の出来で、B4は価格を考えるとナンバーワンの4駆セダンでしょう。アウディが高すぎることは否めませんが、B4には割安感があります。

車の買取査定を上げる色々なポイント

バブル景気のころには

三菱自動車はどうだろうか?バブル景気のころには、あまりにも不自然な現象でしたが、巨大なクロスカントリーモデル、パジェロが驚くほど売れ続けました。しかし、同時期に人気を集めたトヨタのランドクルーザー100、ランドクルーザープラドと並び、日本の庶民の暮らしに最も必要性の薄いクルマだったことは否めません。三菱自動車は先がまったく見えません。

バブルのころの、あまりにも不自然な、巨大なクロスカントリーモデル、パジェロといったブームは長続きしないと思っていましたが、急速に市場が縮小し、パジェロに依存してミニバンやセダンの開発など、新しい手を打たずに後れをとった三菱の業績は急落しました。これは日産にも当てはまります。ただ、トヨタが一人勝ちしているようにも見えた自動車業界も、他の自動車会社も頑張ってはいます。これからに期待したいところです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

中古車は細かい整備注文で元を取るとよい

細かい注文を次から次へと出すのはずうずうしいと感じるかもしれないが、中古車の場合、整備代という名目で多額の金額が徴収されていれば、なにも遠慮する必要はない。中古車の場合、タイヤ交換は自腹というのが基本 …

no image

6速MTや5速ATが必ずしもいいとは限らない

近ごろでは5速AT・オートマチック・トランスミッション、6速MT・マニュアル・トランスミッションなどというスポーツカーや高級車も登場している。いままで5速MT、4速ATだったものが、より細かく分割され …

no image

車選びのポイントを誰にでもわかりやすく解説

皆さんは、車選びの基準を持っておられますか?車を選ぶ際、マニアックに車で遊んでいるのか、生活必需品として乗りこなしているのかなど、自分を大きく印象づける結果となることを承知で、車選びをしなければいけな …

no image

車の傷を目立たなくして査定額を上げる裏ワザ

セコイ感じだが、ー円でも高く査定してほしいなら、晴れた日中は細かい部分までよく見えてしまうので、夜や雨の日を狙って持ちこむという方法がある。運がよければ傷を見逃す可能性もあるし、もし傷を発見されても、 …

no image

ドラミングノイズなどの車に起こる現象について

ドラミングとは大きな板場が振動したときに出る音で、あたかも太鼓をたたいたときのように低音で耳を圧迫する不快なこもり音です。飛び移りというのは、昔、子供のおもちゃでブリキでできた「せみ」と称するものがあ …