雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日産キューブのデザイナー-マグカップのような自動車

投稿日:

「渡されない場合は、会社を辞める覚悟で非対称デザインにこだわりました。」日産キューブのデザイナー、ヒロタダ桑原氏が言った。今回の第3世代キューブはもちろん、今の人気と評判があるようにした第2世代のキューブの外観をデザインした張本人である。1998年、第2世代キューブのデザイン開発に参加することにされた当時、彼の年齢は28歳で、キューブが目標にする顧客層の年齢台だった。

ルノーと合併して市中村氏(日産自動車デザイン担当上級副社長)が率いるされたデザイン部門は、日本刀象徴される鋭く緊張感のある高速車を中心に統一されている雰囲気だったという。しかし、彼の考えは違った。自動車に乗ってまで緊張したくはなかったのだ。むしろ、コーヒーを介して心を楽にするマグカップのような自動車、「スローデザイン」の車を作りたいと思っていたという。好ましくは本人が直接他のも20年は飽きのこないほどのデザインを見つけたいと思った。歳月が流れても1つの標準として残る、あるがままの純粋なキューブを作ろうとした。

ボックスカーbBなどを完全に見向きもせず

そこで彼は、競争モデルであるトヨタのボックスカーbBなどを完全に見向きもせず、オリジナルビートル、ミニなどの天才の作品に選ばれる名車たちだけ熱心に研究した。その一方で、最近の時代にぴったりの車、適当な大きさの差がどのようなものであるか悩んだ。交通渋滞が激しい日本だからこそ、ゆっくりと走っても運転が楽しいになるといいなと思った。

そうするうちに-左側通行をして運転席が右側にある-日本の道路の特殊性を反映した車がないという事実に考えが及んだ。そして運転席で続いてチャンスを見たときに反対側の背面の角の柱がない場合は、駐車されるとき、視野が良いことに着目して、非対称のデザインを考案することになった。彼の主導で、日産の第2世代キューブが誕生した。細部まで入念に満員作成された、モデルチェンジをしても飽きずに流行を追わない、愛着が感じられる普遍的なデザインを完成したのが自評しである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

トヨタ・ファンカーゴが人気があったわけ

トヨタファンカーゴは、登場するや大人気となり、あっという間にヴィッツやプラッツを追い抜いて、新車登録トップの座を占めた。トヨタファンカーゴは、全長3860m、全幅1660m、全高1680m、ホイールベ …

no image

2012年型ソナタ発売-どう変わったのかチェック

現代自動車(会長チョン·モング)は、次世代エンジン搭載を介して、パフォーマンスを向上させ、内·外観デザインと安全性と利便性の仕様を大幅に変えた「2012年型ソナタ」の発売に入った。2012年型ソナタは …

no image

ダンパーの減衰力のセッティングなど

良路では乗り心地をよくするために設定されたダンパーの減衰力程度が、振動をおさえるのにもちょうどいいダンピングです。でも悪路では、若干ダンピング不足になってバネ下の振動を感じるようになります。もちろん減 …

no image

中古車を買うことは難しい-たちの悪い客になるな

中古車購入とは、難しいものなのである。店によって商品の考え方は違い、それまで使われていた状態を見てもらうために、あえてクリーニングせず、仕入れたままの状態で展示し、買い手がっいて初めて仕上げる店もあれ …

no image

車の購入予算は年収600万円で200万円程度

頭を冷静にしつつ、最初に検討しなければならないのは、どのくらいの費用を出すことができるかということです。当然ながら、ディーラー側は、できるだけ高額な予算を組んでほしいので上級モデルをと願います。300 …