雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日産キューブのデザイナー-マグカップのような自動車

投稿日:

「渡されない場合は、会社を辞める覚悟で非対称デザインにこだわりました。」日産キューブのデザイナー、ヒロタダ桑原氏が言った。今回の第3世代キューブはもちろん、今の人気と評判があるようにした第2世代のキューブの外観をデザインした張本人である。1998年、第2世代キューブのデザイン開発に参加することにされた当時、彼の年齢は28歳で、キューブが目標にする顧客層の年齢台だった。

ルノーと合併して市中村氏(日産自動車デザイン担当上級副社長)が率いるされたデザイン部門は、日本刀象徴される鋭く緊張感のある高速車を中心に統一されている雰囲気だったという。しかし、彼の考えは違った。自動車に乗ってまで緊張したくはなかったのだ。むしろ、コーヒーを介して心を楽にするマグカップのような自動車、「スローデザイン」の車を作りたいと思っていたという。好ましくは本人が直接他のも20年は飽きのこないほどのデザインを見つけたいと思った。歳月が流れても1つの標準として残る、あるがままの純粋なキューブを作ろうとした。

ボックスカーbBなどを完全に見向きもせず

そこで彼は、競争モデルであるトヨタのボックスカーbBなどを完全に見向きもせず、オリジナルビートル、ミニなどの天才の作品に選ばれる名車たちだけ熱心に研究した。その一方で、最近の時代にぴったりの車、適当な大きさの差がどのようなものであるか悩んだ。交通渋滞が激しい日本だからこそ、ゆっくりと走っても運転が楽しいになるといいなと思った。

そうするうちに-左側通行をして運転席が右側にある-日本の道路の特殊性を反映した車がないという事実に考えが及んだ。そして運転席で続いてチャンスを見たときに反対側の背面の角の柱がない場合は、駐車されるとき、視野が良いことに着目して、非対称のデザインを考案することになった。彼の主導で、日産の第2世代キューブが誕生した。細部まで入念に満員作成された、モデルチェンジをしても飽きずに流行を追わない、愛着が感じられる普遍的なデザインを完成したのが自評しである。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

車の高速安定性とは?

高速安定性という言葉をよく使われていますが、安定性の議論のほとんどが高速走行時の議論なので間違いとはいえないまでも、ちょっとわずらわしい気がします。そのほか、走行性という意味不明確な言葉や、走る、曲が …

no image

自動車の中古パーツを利用すれば少ない資金で満足できる

リサイクルパーツショップでは、革張りのシートもー万円くらいから、またステアリングホイールは5000~1万円程度で、オプションのCD付きのカーオーデイオだって2万円も出せば高級グレードが手に入る。これら …

no image

新聞記者、ジャーナリストの問題意識の低下

報道の速さでは新聞はテレビ、インターネットに歯が立ちません。それでも、深く掘り下げることでの存在価値は十分にあります。ところが、テレビの後追いに終始している姿が目立ってきました。ここにきて全国の警察署 …

no image

車の乗降性の悪さは致命的-購入の前に十分に調べておくこと

年齢を重ねると、人間は誰でも身体が硬くなります。若い人には何ら気にならない行動でも大きな負担です。今でもときどき見かけることですが、クルマから、高齢者が転げ落ちるように降りてくることがあります。これは …

no image

サンルーフのウィンドスロッブなどの音について

一般に前部のドアより整流された空気が流れる後部のドアの窓を開けたときのほうが音は大きくたいへん不快です。これは、高価な車でもそうでない車でもまさに平等に出る現象です。サン・ルーフを開けたときにも同じ原 …