雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

認定医制度への疑問-差し当たってメリットはないという意見も

投稿日:2014年11月19日 更新日:

認定医や専門医の資格は、いまや大学病院にいる医者の大きな目標になっている。医学博士論文をだいたい卒業後六年目で書き、医学博士となると、次なる目標が認定医や専門医ということになる。ここ十年以上くらいの間に、各学会が独自で認定医や専門医の規定を作った。

その受験資格は学会によってかなり差がある。内科学会専門医では、自分が受け持った患者のなかから、規定の病気と例数をレポートにまとめて提出する必要がある。さらにペーパー試験を受ける。受験資格として決められたいろいろな病気を受け持つことができない場合もあり、そのときは仲間同士で症例を交換して、症例のまとめを作っているのが実情である。

医学が細分化し、医者が専門性を強く持つようになってから、その医者の専門性を評価するために、各学会が、一定期間学会員であるという条件を設けたり、試験をすることによって認定医制度を作った。学会によっては認定医の上に専門医制度を作り、さらに差別化しているところもある。実際に受け持たなくても、そうやって症例数をごまかして受験資格を得ていることもあるらしい。

認定医制度は学会の状況を変えてしまった

これも学会によって違うが、認定医となってからさらに試験をやって、専門医という資格を作っているところもある。認定医制度は学会の状況を変えてしまった。というのは、認定医を取得したあとも、五年に一回の更新をするために学会に出席し、五十点以上の単位を取得し更新していかなければならない。そのために一昔前には、内科学会はほとんど参加者がいなかったにもかかわらず、いまでは、非常に大人数が参加するようになった。

いずれにしてもその書類作りの労力はかなりのもので、専門医や認定医を受験するとなると、それなりの受験勉強が必要になる。ただ臨床をやっていれば受かるような試験でもないために、医者になってから受験用の勉強をすることになる。

この資格を持っているからといって、差し当たってメリットはないようだ。悪くいえば、医者の自己満足の資格である。医者に強制的に勉強させるというシステムとしては評価すべきかもしれないが、開業したり、勤務医となった場合、平日に行なわれる学会へ参加するのは大変である。それほどまでして、何のために専門医の資格を取るのであろうかという意見は多い。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

ストーカーの思いこみと妄想

ストーカーは、勘違いをすることがよくある。女性は何もしていないのに、気を引こうとしているなどと思い込むことがある。いわゆる妄想性認知といわれるものだ。 好かれていると勘違いするストーカーは多い。激しい …

no image

医者との会話で患者が傷ついたり不快な気持ちになった言葉集

患者が不快な気分になった、医者の言葉や体験談を、色々と紹介しよう。 ・朝になったら、必ず、かかりつけの病院に行ってくださいね。とりあえず、痛み止めの薬をお出ししておきますから。 なんだ、救急病院っての …

no image

インクロムボランティアセンターでなら大阪の治験情報が見つかる

インクロムボランティアセンターは、大阪で行われている治験の案件を取り扱っているサービスです。大阪の治験限定ですので、関西圏にお住いの方のみの募集となっています。関西以外の方は参加できません。 インクロ …

no image

医者が女遊びがすぎて痛い目にあった話

彼が一躍その名を轟かせたのは、有名女優と噂になった時である。二人の交際はマスコミにも知られるようになり、週刊誌などを賑わしたこともある。Oがアルバイトで行っていた病院に彼女が来院したことから、二人は知 …

no image

医者の収入は世間が思っているほど多くはない

医者のほとんどが、50万円から80万円台程度の給料か、それ以下ということで、一般企業の40歳代、50歳代のサラリーマンのほうが高収入ともいえるのではないでしょうか。それでも、いまだに合コンなどの場では …