雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

人気アイテムは売るより委託しよう

投稿日:

・人気アイテムは売るより委託しよう

定番のものは確実に処分できるし、人気のラインだったら価格も高くなる。そんな確実に売れそうな手持ち品の処分なら、リサイクルショップに売ってしまうより、委託販売を依頼したほうが有利なことが多い。リサイクルするのに最適な商品といえば、やっぱりブランド品だ。リサイクルショップの場合はもし売れなかったときというリスクを背負うので、どうしても買い取り価格を低めに設定してくる。しかし委託販売の場合は希望価格をつけて預けておくだけ。店に手数料を支払っても、こちらの手取り額は多くなる。

ブランドものを高く売るコツ

衣類なら予備のボタンや端布があるかどうかというのも評価を左右する。同じブランド品のバッグでも、箱があるかないかでリサイクルショップでの価格に差がつく。インポートものの証拠になるタグもその一つ。あらかじめリサイクルに出すことを考えて、捨てるか残すか判断する必要がある。とにかく、たとえ古くて傷みがあったとしても、できるだけ買ったときの状態に近づけて持ち込めば、買い取り価格も少しは高くなるかもしれない。

売る店の得意分野を調べておく

洋服がたくさん並んでいる店に、インテリア小物をもっていってもダメ。リサイクルショップには、それぞれ得意にしている分野があるもので、同じ持ち込むにしても店を選ばなければならない。おそらく正当な評価はしてもらえないだろう。逆に、家具の多い店にプランド品のドレスを持参しても、その価値をわかってくれなかったりということがある。できればアイテムごとに売る店を変えるのが、リサイクルでトクするコツだ。

流行ものはできるだけ早く売る

数回袖を通しただけで、もう着ることもないとか、一度着たら気がすんだなどと思った服は、売るのであれば、なるべく早くリサイクルショップへもっていったほうがいい。今年の流行だからというので、つい服を衝動買いしてしまうことはよくある。しかし、そういう流行ものの服は、翌年になるとその価値が半減どころか流行遅れで見向きもされなくなる。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

壁破れやめくれなどの補修の方法

・壁が破れたとき はがれや破れは、できるだけ早く補修するようにしましょう。取っておいた壁紙の余りを使います。破れよりひと回り大きく切った壁紙を破れた部分に当て、古い壁紙ことカッターて切ります。古い壁紙 …

no image

電気の修理は近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談する

電気の修理は、近くの電気工事店や住宅電気工事センターに相談しましょう。家庭でできる、ごくわずかなメンテナンスだけで、意外と簡単です。電気の修理には電気工事士の資格が必要です。アースの取りつけやコンセン …

no image

油絵が汚れるようになってきた場合のきれいにする方法

・古い油絵が、かなり汚れてきたのですが、きれいにできないでしょうか? ガラスの入っている額縁にすると汚れを防ぐことができます。大家の作品などなら、画商など専門家にまかせる方がいいでしょう。油絵の場合、 …

no image

指輪をまとめて収納できてしまう裏ワザ

せっかくのお気に入りをムダにしないよう、保管には十分気をつけよう。いくら素敵な指輪でも、傷がついてしまっては台なしだ。ジュエリーボックスの指輪入れに入れておくのがいちばんいい方法だが、もっていないか、 …

no image

傘立てを使わない便利な収納方法

雨降りの日に傘立てが出てくるだけならまだいいが、ふだんはないほうがいいに決まっている。狭い玄関に傘立てを置くと、うっとうしい。うっとうしいと思うなら、やめてしまおう。そこで傘立てなしに傘を収納する方法 …