雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

任意保険の加入も値引き交渉に使えるので実践しよう

投稿日:2014年10月31日 更新日:

最近では外資系の保険に人気が集中し、販売店を通して国内の保険に入る人が激減している。そこで、その心理を利用して、さらに値引きを追ってみよう。営業マンとしては、保険を売れば成績になるし、マージンも入るのだから、保険加入を逃がすのはかなり痛いこと。

任意保険に加入するから、もうすこし値引きしてほしいと申し出るのである。ーか月後ぐらいに解約を申し出ることもできるが、この場合は何日分かの掛け金がムダになる場合もあるので注意しょう。海外の保険のほうが安いことは多いが、とりあえずー年間だけは国内の保険に入り、その後、切り替えればいい。

値引きラインを超える

即決に営業マンは非常に弱く、その効果は絶大だ。さんざん値引き交渉をし、サービスも要求し、いよいよ気持ちも固まって、あとは、買いますの返事をするばかりという段階になったら、最後にもうひと言、値引き交渉のトドメの言葉を投げかけよう。

ただ、それまでもさんざん値引きを要求しているのだから、引かせるとしても、ほんのすこしにしよう。現在提示されているよりいくらか引いた額を営業マンに告げ、この価格ならいますぐ決めます。でなければ、いったん帰ってから検討しますといってみるのだ。

あまり大きな値引きをさらに要求したりすれば、営業マンの心証を悪くするだけだし、アフターフォローにも影響しかねないので注意。

車の買取査定を上げる色々なポイント

限界になったらオプションで

要は合計金額が少しでも安くなればいいのだから、あの手この手で攻めてみよう。たとえば、カーナビやエアロバーツなどの料金を引いてもらうように交渉したり、料金の安いオプションならばサーピスでつけてくれるように交渉する。

すこしでも安くしてもらおうと、ひたすら粘ってみても、いまひとつ成果があがらないという場合は、車両本体価格での値引きはいったんあきらめ、オプションバーツのサービスでなんとか穴埋めすることを考えるのだ。車両本体価格での値引きが無理でも、これなら大丈夫という場合もある。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

デミオ-雪道走行での実用には厳しいシステム

・日常生活の使いやすい道具としてのクルマだった デミオは、大半の日本人の暮らしには必要にして十分なクルマで、日常生活の使いやすい道具としてのクルマが欲しいという人たちには最適のクルマでした。デミオは、 …

no image

ランドクルーザープラドの評価-国産車では最長のブランド

トヨタのランドクルーザープラドはパジェロと並んでオフロードSUVの中心的なサイズ。プラットフォームを共通化するハイラックスサーフは、舗装路での走行安定性を向上すべく開発された。現在は2700と3400 …

no image

トヨタスポーツカー86のリリース

トヨタ自動車の小型後輪駆動スポーツカー’86(八六)が正式リリースされている。トヨタは過去42回モーターショーでプロトタイプ(量産に先立って試験的に作成する自動車)に出品した小型後輪駆動ス …

no image

アウディの中古車でそこそこの価格で狙うならどれか?

アウディは、タテ置きエンジンのFFというレイアウトをはじめ、技術的にも独自のこだわりを持ち、かつては世界選手権ラリーにフルタイム4WD方式をいち早く持ち込むなど、その内容は高度だ。丸みを帯びた優美なデ …

no image

輸入車の点検・整備は愛と理解が必要

昔、ベンツは車検だけで100万円かかるなどと言われたのは、お上の言うがままに点検や車検に出し、ディーラーの言うがままに請求された金額を払う人たちがオーナーのほとんどだったからだ。 輸入車がいかに手がか …