雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

一人一人の人間尊重とかけ離れたもの

投稿日:

平凡なものを価値低くみることも、異常なものを価値低くみることと同様一人一人の人間尊重とはかけ離れたもの。平均からずれた人が、まったく人間として劣らない、その人なりの価値ある生き方をもっていると同様、平凡な人は平凡ななりの個性的な生き方をもっている。ただそれが平凡なために、よい意味でも悪い意味でもめだたないだけ。

一人一人が、それぞれの仕方で社会生活を営んでい人が他者、社会、自然に向かって、それぞれの仕方で開かれていく。「個性的に生きる」または「一人一人の個性をのばす」ということが、一方で逆に非凡なもの、並みはずれたものすなわち異常なもの)の発揮だと一律に思ってしまう弊害もあります。

個性的な自己実現はたしかに規格化された平均値だけに安住していては生まれない。そしてたしかに今の規格化された社会では、没個性の中に埋没し、自己を生かそうにも生かせないがんじがらめの情況があまりに多い。しかしだからといって、平凡な仕事や庶民生活がイコール個性埋没だと思ったらとんでもない間違いでしう。

心の開かれの極致は

心の開かれの極致は、自然の流れとして訪れるものである。自分の理想像を設定して、それに近づく意識的努力、工夫をすることは、これと本質的に矛盾しているのです。もちろん私たちが努力することの意味は否定しえず、また自然の流れを解放するための工夫もある程度必要です。しかし操作工夫が前面に出ては、無心の流れが忘れられてしまうし、努力も、それが執着となっては、自らその限界を露呈します。

平凡な育児、職人仕事、事務、遊び、団らんの中に、自己と個性が生き生きとしている人はいくらでもあります。非凡なこと、非常識なことの中でしか生き生きしない人たくさんいるのと同じように。そこに自己実現の本質的な差などないはずです。まして恥想像を設定し、それを直接に獲得しようとすれば、仮にその像が自分に合った像であったとしても、あるがおおの心が失われてしまうのです。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

欲求不満-攻撃性仮説と呼ばれる怒りの反応

心理学者のあいだでは「欲求不満ー攻撃性仮説」とよばれている、満たされない期待にたいする怒りの反応は、動物のあいだでは頻繁に観察されている。たとえば、報酬を求める脳内回路を人工的に刺激された猫は、狂喜す …

no image

そうなのよと断定的に言われると本当にそうだとみんな信じ込んでしまう

何となく見抜いたX課長は、それとなく若い人に「あんまり安心しておしので、A子さんのパーソナリティのどこにその小さな狂いがあるのかは、なかなかつかめないでいる。有能な職場の女ボスであるA子さんの周りで、 …

no image

強迫観念的な思考を表す具体的なサイン

大きな疑問が心に浮かび上がってきたー被験者選びは、はたして正しかったのだろうか?それについてはさんざん悩まされた。そしてようやく、納得したー選択の余地はなかった。被験者候補にはできるだけたくさん質問し …

no image

頭の回転の速い理論に興味津々

いちばん印象に残っているのは、スキャン後の面接で彼が口にした言葉だった、とある研究者。彼が装置から出てきたとき、どうだったかと声をかけると、彼は、「もの足りない気分だ」と答えた。 バーバラにとっては初 …

no image

どうやっていまのような求愛のしかた愛しかたをするようになったのだろう

あなたのことを無数のかたちで愛してきた数えきれないほど、何度も何世にもわたり、永遠の時を隔てて/いま、それがあなたの足もとに積み重なっている、終点を見つけたのだあなたのなかに過去も未来もふくめた、全人 …