雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ダイエット

人間の老化の始まりはいつから?

投稿日:

人間の老化っていくつから始まると思いますか?三十歳?三十五歳?じつは二十歳を過ぎるとだれもが老化の道を歩むのです。えっ二十歳って、まだまだ若いのに。本当なの?と思うかもしれませんが、事実です。

脳の神経細胞は全部で百四十億個あり、二十歳を過ぎると一日十万個ずつ死滅していき、二二十歳までに三億六千五百万個がなくなり、髪は十代で一日約六十本抜け、三十代では八十本位抜けるそうです。

免疫機能は、二十歳から三十歳までの十年間で約二〇パーセント抵抗力が衰え、暗記能力にいたっては、五十代で十代の七割も低下するというではありませんか。こうなると、人間のピークは二十歳前後に到達し、あとは坂道を転げ落ちるかのようにどんどん下降線をたどるということらしいです。

私はエネルギー過多だったのです、と語るある人。血湧き肉躍る自分のカラダをいかにわからなくて、ただただ右往左往していたのでしょう。カラダを使うことをしなくては、と思いだしたのはそんなある日でした。顎やお腹には、つかなかった脂肪がつきはじめ、賛肉、肌荒れ、タバコの吸い過ぎから荒れ、慢性の憂鬱、おちこみ、などなどが私を悩ませはじめていた。

ハタチがピーク

それにしても、ハタチがピークとは、ショックです。ということは、読者のなかにもすでに「老化」への道をかけおりはじめている人がいるということです。だからといって落ちこんでばかりもいられません。

充実感がなく、いつもイライラしていました。寝不足が続くと吹き出物は出るし、運動不足を体中で感じます。無性に何かを「変えたい」、あるいは自分が「変わりたい」という強い願望に日々囚われ始めた。それは、カラダの奥底からの、原始の声のように、私を揺さぶりはじめたのです。

この数年間、カラダのことをあれこれ考え、かつ実践しながら得たモットーは、「自然に身を任せないこと」でした。「自然体が一番いい」「自然に逆らうのはよくないこと」といった風潮があるようですが、これらは、言葉の遊びにすぎません。一見口当たりのいい、この言葉には落とし穴があるような気がしてなりません、と、ある人は語った。

気の循環が滞ってしまうと三毒が生じてしまう

「気」の循環が滞ってしまうと、「三毒」と呼ばれる「体に悪影響を与えるもの」が生じてしまいます。「三毒」住「食毒」(過食偏食のこと)、「血毒」(凝り)、「水毒」(むくみ)の3つの総称。これらはいずれも、ダイエットには天敵ともいえるものです。

スリム式東洋美容には、「陰陽」と「五行」に加え、ひとつ重要なキーワードがあります。それが「気・血・水」です。「気」は体を巡るエネルギーやホルモン、神経などのこと、「血」は血液や栄養のこと、「水」は血液以外の体液のことで、リンパ液や消化液、汗、尿などが含まれます。「気」は「血」や「水」の流れをコントロールするものなので、「気」の循環がスムーズであれば、「血」も滞りなく流れ、「水」の代謝もほどよく行われます。

この三毒が溜まると、五行のバランスまで崩れてしまいます。その結果、体調も悪くなってしまうというわけです。滞りの原因がなくなれば、「気」「血」「水」の流れもよくなってきます。そして、三毒をデトックスして、崩れていた五行のバランスを整えます。そうすると、体はもともと持っていた「環境の変化に合わせて調整する力」を取り戻すことができます。

骨盤ダイエットの元祖

骨盤ダイエットの元祖として知られるスリムビューティハウスは、鉱炎治療院からスタートし、36万人以上の健康とキレイをサポートしてきた工ステです。ベースにあるのは「足りないものを補うだけの対処療法ではなく、トラブルを原因からとらえ、改善・予防して創造するのが本当の美」という東洋美容の理念だそうです。

自分自身の力で「健康でキレイ」を手に入れられるようにするというのが、スリム式東洋美容の狙いです。よりキレイになりたい人は、五行などの考え方も取り入れて、体の内側からどんどん変えていき、「キレイの貯金」をつくっていきましょう。

伝統的な考えと最新技術を融合し、ツボ刺激やツボとツボを結ぶ経路マッサージ、体温上昇効果を高めて脂肪の燃焼に弾みをつけるカッピングやカップドレナージュなど、「身体にやさしいオリ工ンタルエステ」を展開しているそうです。

五行の5つの元素ある相生と相越という2つの関係

五行の5つの元素には、「相生」と「相越」という2つの関係があります。「相生」は応援する関係で、「『木』が燃えて『火』が生じ、『灰(土)』ができる。『土』のなかで『金属(金)」が生じ、『金属(金)』が空気中の水満を集めて『水」ができ、『水」は『木」を育てる」と説明されます。

五行はもともとは古代中国の思想で、「万物を構成し、天地の間に運行する5つの元素」とされています。そのため、五行はさまざまな意味を持っているのですが、ダイエットや健康に関係のあるものと、それぞれの元素のイメージが湧きやすそうなものをピックアップして「五行の意味するもの」を知りましょう。これは重要です。

いっぽうの「相刺」は抑制する関係で、「『木』が『土』から栄養を吸い、『土』は『水』を濁らせ、『水』は『火』を消し、『火」は「金属(金)』を溶かし、『金属(金)」の斧が『木』を切り倒す」と説明されます。行は5つの元素のバランスが大切と考えます。

五行と同じものは避けて

強い部分があった人は、その五行と同じものは避けて、相刺の関係にあるものを積極的にとるようにします。相生と相刺の関係を利用すれば、強過ぎるものを弱めたり、弱過ぎるものを補うことで、崩れていた五行のバランスをとって、体調も整えることができるのです。

五行はハマるととても奥の深い世界ですが、ダイエットに活用するには、とりあえず「色と食材」を覚えておくといいでしょう。とくに弱い部分がある人は、その五行と相生の関係にあるものを積極的に取り入れて、相刺の関係にあるものは避けるようにします。

東洋美容は、体に現れた症状だけをケアするものではありません。まず、「気」「血」「水」の流れが滞った原因を探して、それを取り除くことを考えます。そして、体のバランスが整えば、エネルギーを上手く使える「やせやすい体」に変わっていきます。こういう話を聞くと、難しそうに見える五行も便利に活用できるものだとわかるでしょう?

過去の自分を振り返ることが必要

ダイエットを始める前に、過去の自分を振り返りましょう。それが現在の自分につながっています。今までは無意識に何かを食べたり、選んだりしていたことが多かったかなど。

人間の体の細胞は、約6カ月で7割が入れ替わるといわれています。6カ月間を振り返って「今、太っている原因」を知れば、これからのダイエットでその原因を意識して取り除くことは難しくないでしょう。自分を客観的に見ることこそ、ダイエットのスタートラインです。

東洋人体型なのに、くびれたウエストを作ろうとダイ工ットに励んでも、簡単にはゴールにはたどりつけません。自分がキレイに見える体型を知って、「やせてキレイになった自分」を具体的にイメージすることで、ダイ工ットの成功率は高まります。

私たちの体は、最近の6力月で自分が食べたり飲んだりしたものからつくられています。あなたが太った理由は、今までの生活(食事や生活のスタイル)にあるのです。「食べていないのに太る」という言葉は、サ口ンでもよく聞きますが、本当に食べていなければ太りません。食事やおやつの量を自覚せずに食べて、消費できる力口リー以上の力口リーをとっていて、結果的に「食べ過ぎ」になっているケースが多いのです。

元気なときにはスムーズに循環している水分も

また、元気なときにはスムーズに循環している水分も、不規則な生活が続いたり、強いストレスを受けたりすると、流れが滞ってしまいます。これがむくみや乾燥を引き起こします。水分が溜まっているむくんだ部分は、体温が伝わりにくいので、冷えていきます。つまり、むくみは冷えを深刻化させる要因でもあるのです。

わたしたちの体は、その6割が水分でつくられています。この水分は老廃物私を集めたり、栄養を運んだり、再利用できるものはリサイクルしながら体のなかを循環しています。そして、最終的に不要になった老廃物を汗や尿として排出しています。体は冷えている部分を温めようと、そこに保温効果のある脂肪を集めます。だから気になる部分の脂肪を落としたければ、根本の原因である水分の滞りを解決する必要があるのです。

最近の医療技術の進歩

最近の医療技術の進歩により、溜まった脂を融解してくれる「脂肪融解注射」や、脂肪が燃焼しやすい状態を作る「ダイエット点満」なども、手軽に受けられる時代になりました。でも、美容医療の世界でも、どうしても解決しないことがあると多くの医師たちが頭を悩ませ始めています。それは、やはり筋肉量を増やさなければ、結果、簡単にリバウンドしてしまう、ということ。

ボディメンテナンスを行うとしたら、日本の女性たちはまず、どこに足が向くでしょう?整体ですか?スポーツマッサージですか?滅条院ですか?ヨガやピラティスのスタジオですか?答えは明確。最初に足を運ぶのがエステです。全身に張り巡らせている神経を同時にストレッチすることで、開通してあげることはとても重要。筋肉を単体として、ひとつの筋肉を鍛えるのではなく、筋肉を鍛えることで、脳も血液も血管も内臓もと、すべての器官を刺激します。

オイルやスクラブを使った施術は心地よく、素晴らしい癒しをもたらしてくれます。多少、痛いことを我慢すれば、スリミングコースも驚くほどの効果を出してくれるでしょう。一回でウエストがマイナス5センチなんていうことも珍しくないはずです。

大きなトレーニングマシンがずらりと並び

大きなトレーニングマシンがずらりと並び、マッチョな男性たちが身体を鍛える場所だったジムの様子が一変。多くの女性がフロアに溢れ、活気づいています。ちなみに、女性客の増加にともない、ジムのトレーニング内容も大きく変化してきています。スポーツ初心者でも参加しやすい、ボクササイズやヨガなどのスタジオレッスンが増え、ウェイトトレーニングのフロアは縮小しているジムも多いようです。

ここ数年、エステ業界、美容医療の世界でも、施術と一緒に運動メニューを組み合わせ、提案しているサロンやクリニックが増えてきています。そんな筋肉重要説、に後押しされてか?ここ数年で、スポーツジムの加入率も増加傾向にあります。さらに、ヨガ、ビラティスのスタジオも続々とオープンし、まったく何もしていない人を探すのが難しいぐらい、運動信者が増えています。

正しい呼吸法を身につけないと大損

ある専門家は、呼吸を正しくできないと大損だといつも大きな声で言っています。ウェストは太くなり、身体は硬くなり、姿勢も悪くなる。冷蔵庫みたいに寸胴で硬そうな身体になってしまううえ、トレーニングを行っても効果が出づらいのです。肋骨の間にある小さな筋肉を意識するのが難しい。肋骨の間の筋肉と言われてもピンとこないでしょうが、肋骨の間がガチガチに硬くなっているのに気がつかないまま、自分は身体が柔らかいと思っている方が大勢います。そこで、お伝えするのが呼吸法なんです。

肋骨の位置が本来あるべきポジションに戻ると、内臓の位置関係にも変化が生まれます。横隔膜が下がりっばなしで、胃や腸を圧迫していたのが、きちんと上下運動を繰り返すことで、胃、腸、子宮などの位置も戻っていきます。すると、脂肪が落ちたわけではないのに、ウエストが数センチ細くなるという現象も起きる。呼吸筋は肋骨の動きを支持しています。正しく呼吸を繰り返すことで、肋骨は動き始める。

呼吸と合わせてトレーニングを行いましょう

そして、肋骨内におさまっている内臓も動き出す。よく呼吸と合わせてトレーニングを行いましょうといわれている意味、これで少しは理解していただけますでしょうか?トレーニングを行う際は、呼吸のことも意識して行うようにしましょう。呼吸法については、専門トレーニングを受けるのがおすすめでス。本来、骨自体が変形することは、普通の生活を送っている中ではあまり起こらない出来事。事故や怪我などの損傷により、変形している方はいらっしゃいますが、多くの場合は、骨が歪んでいるのではないのです。

あなたを支えているのは骨?筋肉?骨盤橋正、姿勢橋正など、歪みを整えると聞いて、みなさんは何の歪みを整えると思っていますか多くの方々が、どうも骨の歪みを戻す、と考えられているのが気にかかります。では、何が歪んでいるのか?その正体は筋肉です。筋肉についた癖により骨を歪ませている、と考えるのが順当なのです。

呼吸を制する者は美容も制す

呼吸を制する者は美も制す。呼吸には、もうひとつ重要な役割があります。それが美しいくびれを作ること。というのも、呼吸を繰り返すことで、胸やお腹が動くのが正しく、これがウエストまわりに余計な老廃物(脂肪)を溜めないポイントになっているのです。日常の動作では無駄な力を出さなくていい筋肉が増え、常にリラックス(脱力)した状態へと導きます。逆に軸が定まっていない状態では、無駄に緊張している筋肉が多いため、腰痛や肩コリなどの症状を引き起こします。

たとえば、呼吸が浅く、胸だけで呼吸を繰り返している人は、呼吸をするたびに肩が少し上下しています。すると、肩周辺はずっと無駄な動きを強いられているので、背中~肩の筋肉が硬くなり、血流が滞るのです。中には、胸が動かなく、ずっと肩や首で呼吸をしている方もいらっしゃいます。心臓と肺をガードするようにある肪骨の付け根3分の1ぐらいは軟骨で、変形することが可能なのです。

肋骨の間にある小さな筋肉は動く

脂肪の厚みに合わせて、この軟骨が広がってくれるので、身体が全体的に丸く、太くなっていく。ここが軟骨じゃなかったら、もしかして、私たちの身体は、そこまで太ることは出来ない身体だったかもしれません。呼吸が浅く、速いのが特徴で、肩コリだけでなく、首もガチガチに緊張し、偏頭痛も頻繁に起こるようです。呼吸は疲れているから仕方ないと思っていた多くの不調を解決する要です。

肋骨を動かすことで、肋骨の間にある小さな筋肉は動き、内臓に血液と酸素が行き渡り、活発に動き出すことで、太りにくい身体を手に入れられるのです。ぽっちゃり体型の人のお腹をイメージしてください。普通の人より、丸く太く、広がっていませんか?どうして、胸からみぞおち上までは骨なのに、そこまで広がるのかな?と思ったことはありませんか?その答えは簡単。でも、この身体の仕組みは変えられないのであれば、活用したほうが絶対にいいでしよう。

呼吸筋のトレーニングをしよう

呼吸筋は、私たちの身体を美しく保つ肝になるパーツといっても過言ではないぐらい、重要な役割を担っているのです。呼吸が正しく行えていないということは、呼吸筋も上手く使えていないということ。呼吸筋が使えていないということは、1日約2万回も自然に繰り返される筋肉運動を無駄にしている、ということになるのです。

毎日、知らずに繰り返してきたことが間違い、と言われても、ちょっと困りますよね。意識したことがないうえ、何が正しいのか分からない。しかも、間違っていたら、何が問題なのか?も聞いたことがないでしょうから。

私たちが生きていくため酸素が欠かせません。生まれてからずっと酸素を体内に取り込むために呼吸けているのに、正しい呼吸法を習ったことがないのです。では、みなさんもちょっと試してみてください。

1、片手をおへそ、もう片方の手を胸にあて、ゆっくりと息を吐く。このとき、

A胸もお腹も縮まるBお腹だけ縮まるC胸だけ縮まるD両方とも膨らむ

2、片手をおへそ、もう片方の手を胸にあて、息を大きく吸います。このとき、

A胸もお腹も膨らむBお腹だけ膨らむC胸だけ膨らむD両方とも回む

両方ともDだった方は危険

いかがですか?簡単なテストですが、この段階で1と2がAだった方は良いでしょう。胸もお腹も吸うと膨らみ、吐くと縮まるのが呼吸の正しい動きです。でも、両方ともDだった方は危険。

呼吸筋は上半身と下半身をシンクロさせる筋肉群。息を吸う→横隔膜が下がる・腹横筋が横に広がる・骨盤と脚を結ぶ腸腰筋や多裂筋がゆるむ息を吐く→横隔膜が上がる・腹横筋が内側に締まる・骨盤と脚を結ぶ、腸腰筋や多裂筋が締まるこんな連携プレーを行い、上半身と下半身にまたがる筋肉を動かし、連動運動を常に行っているのです。この連動運動が身体の軸を作る基礎。呼吸筋を上手く使うことで、身体の軸が定まり、歩く、座る、走るなどの日常的な動作にも安定感を生みます。

あなたの呼吸は間違った方法ではありませんか?

間違った呼吸を続けている方がいます。ある人は呼吸がまったく逆でした。普通、息を吸うとお腹が膨らみ、息を吐くとお腹は凹みます。でも、その方は息を吸うとお腹が回み、吐くと膨らむのです。彼女は自分の呼吸が逆だということに気がつき、本当に驚いていました。それもそのはず。何故なら、正しい呼吸を知らないのです。あなたの呼吸、大丈夫ですか?呼吸は間なく繰り返しています。

誰でもないのに、自然と習得しているのが呼吸です。もしかしたら、母のお腹にいる間に母の呼吸に習っていたのか?などと考えたりもしますが。その辺りはまだ分かっていないことが多いようです。でも、何の疑いもなく続けているのが呼吸なのです。あなたは、ちゃんと腹式呼吸をしていますか?

インナーマッスルとか体幹という言葉をよく聞くが

最近、インナーマッスルとか体幹という言葉を多くの雑誌や書籍、テレビなどのメディアで目にする機会が増えています。でも、皆さんは、これがどこの筋肉を指しているのかご存知ですか?あまり詳しく書かれていないことが多いのですが、実は知っておかないと、まったく意味がないのです。インナーマッスルや体幹について知っていきましょう。まず、一般的にインナーマッスルや体幹と呼ばれる筋肉には二種類あります。ひとつは、関節と関節を繋いでいる小さな筋肉たち。

たとえば、背骨のひとつひとつの間を繋いでいる筋肉だったり、指の第一関節と第二関節を繋いでいる筋肉です。もうひとつは、呼吸と連動して動く筋肉群。横隔膜、腹横筋、多裂筋、腸腰筋の4つの総称として使われています。筋肉はそこにあると意識を向けるだけで使っている(脳から指令を受けている)と言われています。意識を向けていないと、使えていない(脳から指令が行っていない)と。それでは、効果が出なくても当然です。身体の知識について知識を得ることで、より身体に興味を持ち、動かすコツもつかめてくるでしょう。

ファイブセンスをフルに活用し続ければ潜在意識が活性化

あなたの体内を刻むリズムをに心地よくアンサンブルして乗っていきましょう。そうすれば、自然と理想ボディに近づいていくのですから。2~3年前から日本でもアフリカンダンスが少しずつ紹介されているので、もしかしたら、チャレンジしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。ダイエットも、美しい肉体美を作るのも、頑張る必要はない。食べたい!と思うものがあなたの今の身体に必要なもので、ヨガをしたい!という欲求が今のあなたに必要な運動なのです。

自らの将来のヴィジョンが明確で、ファイブセンスをフルに活用し続ければ、潜在意識が活性化してポテンシャルが引き出されて、第六感(シックスセンス)と言われている直感的なイメージが浮かび、あなたを次のレベルへ導いてくれることが期待できます。我慢や頑張りだけで続けてきた。美への探求がバカバカしくなってきませんか?私たちは、リズムが整っているときは、自然と自分に足りないものや、必要なものを取り入れようとするものです。

自分の潜在能力を最大限に引き出す

冷えていれば、赤いものを持ちたくなったり、冷静さに欠けるときは、青いものを身につけたり。そう、自然の流れに身を任せることが、実は自分の潜在能力を最大限に引き出す上でとても大切なこと。自然と共存し、自然のリズムと融合し、自分の体内リズムが整っていれば、感じるままに行動していればいいのです。現在は皮膚科学も進み、目を隠っていても、肌で色を見分けることができるといわれています。

目を閉じたまま赤い部屋へ入ると、温かく感じ、直感的に赤い何かがあると思ったり、青い置物に手を置くとひんやりとして青系統の色味だなと分かったりするそうです。身体を冷やさないために、赤い下着を身につけろ!というブームがありましたが、これは赤い下着をつけ続けている女性には冷え性が少なかったという調査結果があるそうです。赤い下着というと抵抗がある方も多いかもしれませんが、冷え性には効果があるそうです。

心地よいリズムと美しさの関係

カポエイラを通し、ブラジル、アフリカ大陸の様々な地を踏んできました、というある人。ブラジルやアフリカでは、女性も男性も子孫を多く残すことが一番。仕事の能力やお金があっても、子孫を残さないという考えはまったくないのです。世界遺産に登録されているセネガルのゴレ島にも行き、現地の民族、そしてカポエイラのマスターたちと音楽やダンスを共有する機会にも恵まれました。そんな中で、男女の価値観、そして、幼少の頃から女性として生きることを教育されていることには、少々、戸惑いと驚きを覚えたことを鮮明に覚えています。

たとえば、アフリカでは、5歳の頃から。マンジャニ、という儀式に参加し、太鼓を叩く男性たちが囲む円の中で踊る、ことを始めます。それも、男性たちは女性の美しさを引き出すリズムを奏でているというのです。観ていると、本当に最初はおとなしいリズムから、どんどん激しく腰を振り、女性らしい踊りへと変化していく。

環境やリズム、ダンスと関係している

一夫多妻制ということもありますが、ここでは多くの女性を妻にし、多くの子孫を残す者が、一番偉く、尊敬に値する人物な。だからこそ、女性は早くから子供を産むための教育をされている。ブラジルやアフリカの女性たちが、グラマラスな身体を持っている理由も、もしかしたら、この環境やリズム、ダンスと関係しているように思えてなりません、という。

どんなに痩せたい、きれいになりたい、と願っていても、このリズムが狂っていては、効率が悪く、リバウンドしやすい。女性の身体はとくに自然界の影響を敏感に感じ取り、無意識に体内のリズムを整えているものです。自分の身体の声に耳を傾け、心地よいリズムを取り戻すこと。それが、効率よく、美しくなる秘談なのです。今の日本では考えられないことですが、女性には女性らしい身体の動きを幼い頃から叩き込み、習慣化することで、美しいボディラインを手に入れられるようになるのかもしれません。

あなたは自然と共存する時間をお持ちでしょうか?

あなたは、自然と共存する時間をお持ちでしょうか?私たち日本人のルーツの多くは農耕民族と言われています。土を耕し、太陽や雨の恵みに助けられ、食物を育てて暮らしていたのです。その遺伝子を持つ、現代の僕たちにも、その感覚は残っているはずです。自然と共存した感覚が身体に遺伝子として残っているのです。常に地球の持つリズムを窓れないよう心がけています。どんなに多忙な日々が続いても、空を眺めたり、太陽を浴びたり、週に一度は必ず海、山へ行く。

海では沖、静かな波のリズムと自分の呼吸を合わせてみます。浜辺では、波の音をがら、大地の持つ温もり、エネルギーを感じられるよう、裸足でトレーニングを続けています。体内のリズムを取り戻すには、この遺伝子を刺激するのも一手です。身体が心地よかったときを思い出せば、細胞レベルで顔に輝きが出てきます。また、自然の中で過ごす時間は私たちの五感、ファイブセンスを刺激してくれます。視覚・聴覚・臭覚・味覚・触覚。これらは、美しい身体を手に入れることと、とても深く関わっているのです。

ファイブセンスをスイッチオンすることを楽しむ

山に行けば、風や小鳥の電りを聞き逃さないよう、耳をすましてみるのです。遠くを見て風や波の音を聴き、森や土や潮の香りを楽しみ、花の蜜や潮の味を感じ、砂や土、海水を触ったり、つまりファイブセンスをスイッチオン!することを楽しみます。たとえば視覚。私たちは、長く見続けているものを見本として、成長していく癖を持っているそうです。

女性が母親にそっくりな体型になるのも、そのひとつ。女性にとって、一番、身近にいる女性は母親ですよね?母を見続け、脳に記憶した姿勢、仕草、立ち居振る舞いがそのまま貴女を作っていく。まあ、お母さんにそっくりになって!と親戚の方々に言われた経験のある女性も多いでしょう。それは、知らず知らず、幼少の頃から、貴女の一番近くにいた女性を見本としてきたからです。

月の引力の影響をうけているかもしれない私達人間

私たち人間は広い宇宙から見れば、とても小さな小さな存在です。大きな。リズム、に逆らっていれば、自分のリズムを掴むことは難しいのかもしれません。一度、騙されたと思って、大きな地球のリズムを意識して過ごしてみてください。ダイナミックなリズム、を感じることが自分の体内リズムを発見する第一歩になるはずです。母のお腹で築いたリズムの基礎がある限り、貴女にも必ず心地よい、貴女だけのリズムがある。好きな曲がどんなリズム、テンポを持つものが一番多いか?

そんなことを意識してみると、貴女の体内を刻むリズムのヒントになるかもしれません。アップテンポな曲がかかると、急に筋肉まで稼動し始め人、ビートに合わせてマシンを動かしている人。地球と生命のリズム私たち人間は重力に逆らって生活をしているにも関わらず、宇宙の引力による身体への影響をあまりにも無視して生きていないでしょうか?ちょっと信じられないかもしれませんが、宇宙の引力、少し月の満ち欠けと共に、自分のバイブレーションの違いを感じてみてはいかがでしょうか?

月の引力に影響を受けている

私たちは多かれ少なかれ、月の引力に影響を受けているのです。たとえば、満月から新月へと欠けていく月のときは、排池力や解毒力が高まります。地球のリズムにのっている女性たちは、満月の日に生理が来るといい、身体の中に溜まった不必要なものを外へ出すそうです。海には満潮、干潮というのがあります。身体の約60%が水分でできている私たち人間も、海の満ち干と同じように、なんらかの影響を受けていてもおかしくないのです。生物の行動にも、引力の影響を受けていると考えられる現象がいくつかあります。

たとえば、海ガメは満月の日に産卵する、なんて話を皆さんも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?また、新月から満月にかけて満ちていく時期は吸収力が高まる時期。身体にいい物も悪い物も吸収しやすく、むくみやすい時期と言われています。いかがですか?皆さんも心当たりのある。リズム、がありますか?

-ダイエット

執筆者:

関連記事

no image

サッカーのダイエット効果はどうなの?

サッカーは、単独でダイエット・メニューにはならないと考えたほうがよいでしょう。私はリフティングが大好きだという人も、まさか毎日欠かさず1時間もリフティングするという人はいないと思いますし、サッカーは、 …

no image

まいたけを酢に漬けて飲むと疲労回復と血液サラサラ効果

・酢との相乗効果で肥満を解消 近年の研究で、マイタケには強い抗がん作用があることがわかってきましたが、抗がん以外にも血圧の低下、血糖値の低下、肝炎の症状の改善、脂肪の燃焼効果、コレステロールや中性脂肪 …

no image

でんぷんとタンパク質に食べ物を分けて考える

・食べ物をたんぱく質食品とでんぷん質食品に分けて考える 私はいままでに何度もテレビ番組に出演し、栄養学者や栄養士の人たちと公開討論をおこなってきました、というある専門家がいます。専門家が紹介した原理は …

リアルフィット

リアルフィットの評判は?

リアルフィットとは 「リアルフィット」は、グループレッスンで行うダイエットトレーニングで、効果的に痩せられるダイエットジムです。リアルフィットは、グループレッスンなので、マンツーマンのジムに比べ、料金 …

no image

筋肉と骨の関係-連動して働いている

指を関節ひとつひとつを動かすように握ったり、開いたりしてみてください。動きは普段よりも美しくありませんか?骨を動かそうと思うと、関節と関節を繋ぐ小さな筋肉を意識的に動かすことができ、刺激を与えることが …