雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

人間の狂気じみた求愛

投稿日:

「どれほどの狂気じみた求愛が、どれほどのあらがいがどんな笛、どんな鼓がどれほどの荒々しい高揚感があろうか」ジョン・キーツは、恋愛には異なる動機と感情が激しくまざり合い、無数の精神状態がともなうことを知っていたようだ。

朝、相手から電話かEメールをもらったとたんに、たちまち希望で胸がふくらんでくる。そして恋人とディナーの席でおしゃべりしたり、笑ったりしているうちに、高揚する気持ちがいつしか安心感と平穏さへと変わっていく。食事のあとは一緒にベッドにもぐりこんで本を読むものの、すぐに性欲を抑えきれなくなる。

疲れを知らない白鳥の恋人たち冷たい流れのなかで水をかき空へと舞い上がるその心は老いることなくどこをさすらおうとも、情熱か征服が一羽についてまわる。

万華鏡のような感情

思いやり、高揚感、欲望、怖、疑念、嫉妬、不審、目ざめ、当惑。こうした万華鏡のような感情がいつなんどきわきおこり、ふたたび消えていくのか、だれにもわからない。朝、恋人が別れの挨拶もせずにあわただしく出かけてしまったり、つぎのデートの約気を破ったり、あなたの名前をほかの人と呼びまちがえたりするとーあなたはふたたび奈落の底に突き落とされる。

ほとんどの人が、恋愛にともなう苦悩と高揚感の両方を味わった経験があるはずだ。しかしそれは人間だけの話ではない。チャールズ・ダーウィンは著書人及び動物の表情についてのなかで、動物もまた、人間が持つ感情の多くを持ち合わせているのではと考えている。たしかに、同じ地球に暮らすほかの動物たちもまた、恋愛に似た感情を抱いているようだ。

恋の情熱は洪水や川の流れにたとえるのがいちばんである」とサー・ウォルター・ローリーは書いている。わたしたちはその流れのなかを泳いでいるようなものだ。しかし心理学者は、一般的に恋愛をふたつの基本的なタイプにわけて考える。ひとつは相思相愛の恋ー心が満たされ、高揚感に満ちた恋愛だ。そしてもうひとつは片想いの恋ーこちらにはむなしさ、不安、悲しみがともなう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

性的欲望は恋愛の中心的要素

古代シュメールの女王イナンナは、ドゥムジの性的魅力の虜になった。「ああ、ドゥムジー・あなたのふくよかさがわたしのよろこびです」。「北風よ、目ざめよ南風よ、舞い上がれわたしの庭に吹きつけわたしの香りを飛 …

no image

瞬間瞬間に生きられていた

自然を加工することも知らなかったごく素朴な時代には、自己や人間のとらえ方も、ごく自然発生的なもので、瞬間瞬間に生きられていたと考えられます。生産関係が発達し複雑な社会的仕組をもつようになってくるにつれ …

no image

ひと目惚れは自然の摂理

ひと目惚れは自然の摂理「目にした瞬間から、彼女は彼に首ったけ。とにかく彼の近くにいたい、彼に惜しまず愛情を捧げたい、とばかりに、彼の行くところならどこでもついてまわっていた。彼の声を聞くだけで、思わず …

no image

脳内回路が相互作用的にかつ独立的に火花を散らしているときは

三つの脳内回路が相互作用的に、かつ独立的に火花を散らしているときは、まるで頭のなかで会議がおこなわれているような気分になる。「愛はワイルド」という歌がある。恋愛感情、そして深い愛着は、そんなぐあいにさ …

no image

叫びだしたい気持に襲われる

一輪の草花もその存在を主張するように明るく輝いて私に語りかけてくるよう。私も共に在るそう強く感じると同時に深い感動と歓びが根底からわき上がるのを覚え、何ものかに感謝し、叫びだしたい気持に襲われた。 た …