雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

人間の狂気じみた求愛

投稿日:

「どれほどの狂気じみた求愛が、どれほどのあらがいがどんな笛、どんな鼓がどれほどの荒々しい高揚感があろうか」ジョン・キーツは、恋愛には異なる動機と感情が激しくまざり合い、無数の精神状態がともなうことを知っていたようだ。

朝、相手から電話かEメールをもらったとたんに、たちまち希望で胸がふくらんでくる。そして恋人とディナーの席でおしゃべりしたり、笑ったりしているうちに、高揚する気持ちがいつしか安心感と平穏さへと変わっていく。食事のあとは一緒にベッドにもぐりこんで本を読むものの、すぐに性欲を抑えきれなくなる。

疲れを知らない白鳥の恋人たち冷たい流れのなかで水をかき空へと舞い上がるその心は老いることなくどこをさすらおうとも、情熱か征服が一羽についてまわる。

万華鏡のような感情

思いやり、高揚感、欲望、怖、疑念、嫉妬、不審、目ざめ、当惑。こうした万華鏡のような感情がいつなんどきわきおこり、ふたたび消えていくのか、だれにもわからない。朝、恋人が別れの挨拶もせずにあわただしく出かけてしまったり、つぎのデートの約気を破ったり、あなたの名前をほかの人と呼びまちがえたりするとーあなたはふたたび奈落の底に突き落とされる。

ほとんどの人が、恋愛にともなう苦悩と高揚感の両方を味わった経験があるはずだ。しかしそれは人間だけの話ではない。チャールズ・ダーウィンは著書人及び動物の表情についてのなかで、動物もまた、人間が持つ感情の多くを持ち合わせているのではと考えている。たしかに、同じ地球に暮らすほかの動物たちもまた、恋愛に似た感情を抱いているようだ。

恋の情熱は洪水や川の流れにたとえるのがいちばんである」とサー・ウォルター・ローリーは書いている。わたしたちはその流れのなかを泳いでいるようなものだ。しかし心理学者は、一般的に恋愛をふたつの基本的なタイプにわけて考える。ひとつは相思相愛の恋ー心が満たされ、高揚感に満ちた恋愛だ。そしてもうひとつは片想いの恋ーこちらにはむなしさ、不安、悲しみがともなう。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

神経症ノイローゼによる症状

失敗したり、恥をかくんじゃないかという不安が大きい。なかなか友達や仲間をつくれなかったのかもしれない。気弱君の内気で、何に対しても消極的な態度に、がっかりしたし、魅力を感じなくなったというのがホンネの …

no image

離婚の原因は結婚にある

ハンサムが気に入って結婚すれば、どうしてもほかの女性にもてて、嫉妬に心を悩ませることになる。真面目な堅物と結婚すれば、今度は、あまりにも真面目過ぎて融通性もないし、情緒の通い合いも乏しくて、ちっともお …

no image

寝ても覚めても恋人のことを考えている人の脳内

新鮮で、生き生きとして、抑制のきかない、情熱的な恋心の持ち主。見つけるのはむずかしくなかった、とある研究者。イギリスの詩人ジョン・ダンの言葉にもこうあるくらいなのだから。「どんな愛も、季節にも天候にも …

no image

心の発展の歴史は同時に挫折の歴史でもある

生活が軌道にのり、安定したようにみえている大人も、ちっとその心の奥をさぐれば、たんに皮相的な欲求満足や幸福ではない、それ以上の生きがいを求めてさまよっているようです。人間の一生は心の発展の歴史だといっ …

no image

人格変化の実験に自分を実験台として敢行してみる

今の私を生きながらえさせるために、生化学と脳外科の友人と組んで、あらかじめ自分の複製を、それも二人作ることにしました。家族や周囲の人々を困らせないため、第一の複製(A一と名づける)は、少々似ていなくと …