雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ニカラグアはアメリカの近くにある国でテロを拡大させる危険な存在だった

投稿日:

ニカラグアはアメリカのすぐ近くにある国なので、テロを拡大させる媒介としては並み外れて危険な存在だった。ニカラグアに対する攻撃は、一九八一年にレーガン政権が発足した時、主に国家支援のテロリズムを標的として着手された対テロ戦争の中でも最も優先されたものの一つだった。9・11によって対テロ戦争が再び宣言された後は特に著しい傾向が見られた。それを試すだけで、将来に関してある程度の結論を引き出せる。

ニカラグア反抗の成功例を制圧するために実行された組織的な国際テロ活動を、もう一例検討してみるのは有益だ。ニカラグアに対するテロ戦争である。重要なのは、国際的な権威の頂点にいる人々の見解では、それが全く議論の余地ないものになっている。この例が特に意義深いのは、体制転換を目的とした組織的なテロ活動の規模と、それを遂行する上で現在ワシントンにいる指導部が果たした役割ゆえであり、またその過程でそれらが知的文化の内部に投影され、後に作り変えられていった方法ゆえである。

話題に上ることがあるかを調べる

こうした例がどれくらいあるかを推定する簡単な方法がある。これらの基本的な問題が欧米で社会的地位のある人々の間で、どれくらい頻繁に討議されているか、それどころか話題に上ることがあるかを調べるのだ。議論の余地がないとは、人権と国際法のために最低限の努力しか傾けない人々の間で、という意味である。この第二のキューバはラテンアメリカを始めとし、あちこちへ向けた革命の発射台となり、次はどこを狙うかわからない。

ニカラグアはソ連から武器を供与され、テキサス州ハーリンゲンから車でわずか二日の距離にテロリストと破壊活動分子の特権的な聖域を作り出している、と大統領は警告した。著名な先人の言葉を言い換えテキサスの心臓部に突きつけられた短剣と表現しながら。我々の大陸の真っ只中にある癌と、ヒトラーのわが闘争に書かれた目的を公然と借用して、ジョージ・シュルツ国務長官は議会に宣言した。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

自国の破壊兵器を増強しながら他国には手放させようとしていると批判

アメリカを含む諸国は、自国の破壊兵器を増強しながら、他国には手放させようとしていると真っ向から批判した。トルコでは、政府与党における民主主義の資格の欠如ぶりが更に露呈された。同党の実質上の指導者レジェ …

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

インドネシアの発展途上国の模範としての影響力

インドネシアが公言する目標は、経済を発展させるにあたり、外国からの響を授わけ西洋からの影響は排除して、自主的に行動することである。大衆に支持されたインドネシア共産党が、インドネシア国民に行動を促し、国 …

no image

世界がどれほど滅亡の危機に近づいていたかを意識

危機に対するケネディの対処の仕方と、イラク問題を巡るブッシュ大統領の考え方との比較が会議で再三取り上げられたテーマだと、新聞は報じた。大規模戦争が起これば、北半球は破壊されるというアイゼンハワー大統領 …

no image

ヒトラーに立ち向かったチャーチルやルーズベルトを再現していない

福音主義の熱意に由来するブッシュの道徳的正しさは、事実によって証明されているから、とその広報官は語る。ヒトラーに立ち向かったチャーチルやルーズベルトを本当に再現してはいないのかもしれない。むしろ、ブッ …