雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日本人は単一民族で暮らしていると勘違いしている人が多い

投稿日:2015年2月26日 更新日:

物価も生活環境も異なるため単純に比較することはできないものの、GDPを比較すると、世界第3位の日本は欧州よりも懐具合のいい国民が多い計算になります。ところが、日本人の多くが豊かさを実感できていません。金銭に対する考え方は、そのまま人生観、価値観にもかかわってきますが、人生を実りあるものにするために、あるいは自分自身を磨くために、日本人も欧州の人たちに見習うべきところがあるように思います。

日本のレストランでは、赤ん坊を大声で泣かせている夫婦をよく見かけます。赤ん坊の泣き声や子どもの橋声ほど神経を苛立たせるものはありませんが、当人たちは子どもがいるんだから仕方ないでしょうと言わんばかりの顔をしています。これは日本人の民度の低さの表れです。

日本の今の若い人たちを、ある意味で評価しています。なぜなら、クルマ好きの割合が減り、クルマを特別視しなくなったからです。これはクルマ社会の成熟への第一歩だとも思います。

車の買取査定を上げる色々なポイント

欧州人はバカンスをたっぶりととる

フランス人に代表されるように、欧州人はバカンスをたっぶりととります。長期の夏季休暇をとり、家族で郊外へ行き、バカンスを楽しみます。庶民のクルマは、安くて荷物をたくさん積むことのできるゆったりしたものが多く、排気量の違いで税金の差が大きいため、小排気量エンジンを搭載したモデルが中心です。日本人は単一民族で暮らしていると勘違いしている人が多く、そこに周囲への甘えのようなものが出てしまうのかもしれません。お互い様でしょうというわけです。

小さい出力で大きなボディのクルマを走らせることになり、運転方法も日本人のようにハーフスロットルではなく、アクセルを床までいっばいに踏み込んで走ります。アクセルオンかオフかの極端な踏み方をします。要は、クルマは恋人のように大事に扱うものではなく、あくまでも目的地に着くまでの道具で、できるだけ金はかけたくないとい
う考え方があるようです。こんな欧州人の暮らしぶりを見ていると、日本人ももう少し人生の楽しみ方を考えてもいいように思います。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

レガシィツーリングワゴンの評価-ダイナミックな加速を実現

スバルレガシィツーリングワゴンは、ステーションワゴンの主力車種だが、今では走行性能に優れたクルマの代表とされている。ターボモデルはチタン製タービンの採用でハイチューンエンジンながらも実用トルクを十分に …

no image

車の買い換えをクレジット支払い途中で行う場合の注意点

古い車を下取りに出すことによってクレジットの残金を一括で支払つてしまえたら、何の問題もないが、まだあとー年以上も支払いが残っているのだが、どうしても新しい車に買い替えたい、ということもあるだろう。 と …

no image

中古車購入の流れ-買うには実印がいるのを知ってる?

中古車は、本体価格の値引きは期待できないので、諸費用がどれくらいかかるかがポイントだ。お気に入りのクルマが見つかったら、まずは見積もり書をつくってもらう。販売店のペースに巻き込まれないように手続きの流 …

no image

車が欲しい場合の下見は夜にいくのもおすすめ

ランプ類は、左右が同じぐらいのスピードで消耗するのがふつう。だからこういう場合、過去に車体の片方をぶつけて壊した可能性があると見ていいだろう。より完璧を期すなら、昼間だけではなく、夜の品定めもしておき …

no image

インプレッサセダン-ラリーマシンのベース車両でハイパワー

インプレッサセダン-ラリーマシンのベース車両でハイパワー。 ラリーで鍛えたインプレッサの走行性能は抜群。スバルはこのモデルでWRC(世界ラリー選手権)に参戦しており、つまりはラリーマシンのベース車両な …