雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

雑学

日本人の鼻はなぜ低いのか?その理由

投稿日:2017年8月13日 更新日:

日本人の鼻はなぜ低いのか?その理由

日本人の鼻はなぜ低いのか、ご存知だろうか。鼻の軟骨が大きくなれば、自然と鼻も高くなる。栄養状態によって、鼻の高さがかなり変化するのは、鼻の骨が軟骨でできているからである。栄養がいいと、甲状腺ホルモンが活発に働き、軟骨が発達してくる。日本人の鼻が低いのは、もともと栄養状態がよくなかったからである。

ただし、戦後は、欧米並みの食事をとるようになって、この半世紀、日本人の鼻はずいぶん高くなったようだ。同じ日本人でも、江戸時代の絵をみると、庶民の鼻は低いのに、大名の鼻は高く描かれている。しかし、もともと日本人は肉食を避けてきた。そのため、甲状腺ホルモンの働きが低下し、鼻の軟骨があまり発達しなって、鼻が低くなったのである。

同じ日本人でも

同じ日本人でも、江戸時代の絵をみると、庶民の鼻は低いのに、大名の鼻は高く描かれている。これも、栄養状態が関係しているためと思われる。

欧米人の鼻の高さに比べてアフリカ系の人々、さらには我々日本人も含むアジア人の鼻が低いが、寒い地方に住む人の鼻は高くて細く、南の方に住む人の鼻は大きくて丸い。

栄養状態がいいと、甲状腺ホルモンが活発にはたらくことによって、軟骨が発達し大きくなれば、しぜんと鼻も高くなるのである。

痴漢と下着泥棒が多い日本人男性

会社でまじめな社員を演じ、家でもやさしくてまじめな夫を演じる。一言でいえば、性的な欲望が抑圧された形で、性的ストレスがたまっているため、日本人男性に痴漢と下着泥棒が多いといえる。外国では、レイプ事件は頻繁に起きているが、痴漢と下着泥棒はめったにいない。この二つの性犯罪は、日本名物とさえいえる。

日本人男性には女性をレイプするほど、暴力的で攻撃性の強い性格の人は、比較的まれだ。そういう仮面的な生活で溜まったストレスのハケロとして、痴漢と下着泥棒に走るのだ。

日本人がおじぎをする理由

日本人は目上の人に対しては

それまで、日本人は目上の人に対しては土下座をしていた。邪馬台国について記された、魏志倭人伝にも、下戸(庶民)が大人(貴族)と話すときは、うずくまってひざまずき、両手を地について敬意を表すと記されている。日本人がおじぎをしはじめたのは、大化の改新の頃からである。

おじぎは、中国の立礼をまねたもので、頭を下げることで無防備であることを示し、攻撃意志のないことを表現したのだ。大化の改新のさい、土下座をやめて、おじぎに変更された。ただし、大化の改新以降も、おじぎはなかなか広まらなかった。

そこで、天武天皇が土下座を禁止して、立礼に統一というおふれをだして、ようやくおじぎは日本人の間に広まりはじめた。

-雑学

執筆者:

関連記事

鷹はどうだろうか

モズが早贄を残す理由とは?

モズの早贄(はやにえ)は何のためか モズの早贄(はやにえ)は何のためかご存知だろうか。 草茎を失う百舌鳥の高音かな(蕪村)。 こずえ梢に止まったモズが こずえ梢に止まったモズが、キーイッキーイツ、キイ …

明治時代の1円の価値は

万葉集4500もの歌はどうやって集めた?

万葉集4500もの歌はどうやって集めたのだろうか?万葉集は日本に現存する最古の和歌集である。八世紀後半に成立し、約四五〇〇種の和歌を収録している。文体は漢字一字で一音をあらわす万葉仮名で書かれていて、 …

女性専用車両は2001年3月に京王線に登場

原付のヘルメットはどんなものでもかまわないのか?

原付のヘルメットは、どんなものでもかまわないのか?野球用のヘルメットなどをかぶって原付にまたがっている若者をたまに見かけるが、バイクに乗るときにかぶるのは、どんな型のへルメットでもいいのだろうか?工事 …

イルカの生態

うなぎの蒲焼を焼くときに団扇でバタバタあおぐ理由

蒲焼を焼くときに団扇でバタバタとあおぐ理由は何でしょうか?うなぎのような脂っこい魚は、炭火で急激に加熱されると、刺激の強いいやな臭いが発生する。さらに、炭火の上に落ちた脂が燃え、その煙がうなぎにつくと …

ファミレス業界内でも

コンビーフの缶詰の形は何故台形なのか?

コンビーフの缶詰は四角で、横から見るとピラミッドの頭を切ったような形をしている。塩漬けにした肉を加熱処理し、それをほぐして油脂、ゼラチンなどで固めた「コンビーフ」。 一八七五年のこの日、特許登録された …