雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日本車が欧州車と比較して画一的になっていく一つの大きな理由

投稿日:2015年5月1日 更新日:

日本車が欧州車と比較して画一的になっていく一つの大きな理由は、日本の優秀なサプライヤーの存在です。クルマ自体の開発、製造は自動車メーカーで行っているわけですが、クルマの個々の部品の完成度が高くなければ、高品質なクルマを造ることはできません。この意味で日本のサプライヤーの実力は世界一だと思います。悔しいことに、日本車には、このクルマでなければならないという理由が実に見つけにくい。昔は、日本でもパーツを自社で製造していましたが、内製率は年々低くなり、サプライヤーに依存するようになっています。

極論すれば、メーカーは設計の線を引くだけと言ってもいいほどです。例えば、クルマ造りで最も難しいことの一つにフロントウインドウの仕上げがあります。デザイナーは少しでも自分の色を出そうとするのが常で、なかには芸術品でも造るかのような微妙なカーブを付けて仕上げようとすることもあります。NASAの宇宙ロケットも、日本の町工場で造るパーツがなければ飛ばないと言われるほど、日本のパーツメーカー、中小の町工場の技術、ノウハウは見事なものです。

車の買取査定を上げる色々なポイント

サプライヤーの優秀さ

ところが、これらサプライヤーの優秀さが、日本車のマイナス面を生み出しているとも言えるのです。もちろん、これは自動車メーカーの責任です。普通、新車を開発する場合、メーカーはまずコンピュータを駆使し、競合他社の情報も取り込みながら、売れると思えるクルマを設計します。同時に行われるのがパーツの選択です。サプライヤーは、メーカーの担当者がこんな形状のフロントウインドウ、これくらいの単価で作れますかと言いながら持ち込んできた設計図を見て開発にとりかかります。

海外のサプライャーであれば、絶対に無理のひと言で片づけるほど困難な要求にも、日本のサプライヤーは正面から受け止め、応えようとします。近年、クルマはデザインが購入動機のトップになっているだけに、各メーカーは、クルマの性能以上に姿、形にこだわっています。そのため単純な線、面で構成されたクルマは少なくなりました。しかし形にするためには優秀なサプライヤーがなければ絵に描いた餅でしかありません。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

カーナビはインターネット対応がかなり便利でおすすめ

これからカーナビを購入しょうと思っているなら、インターネット対応の機種がおすすめ。カーナビが登場して以来、はじめての場所でもスイスイいけるのでドライプが楽しくなった、という人が多い。たとえば、ドライブ …

no image

欧州人の車への感覚は日本とかなり違う

専門家がしばしば指摘しているのがサイドプロテクターです。駐車場で隣のドアにボディサイドをアタックされることは少なくありません。反対に、自分のドアエッジで隣のクルマを傷つけることもあり得ます。こういった …

no image

車の回頭性と横風

ワン・ボックス車は、ふつうのセダン型に比べて正面の投影面積、側面の投影面積ともに大きく、とくに側面前方の面積の増分が大きいので、横風の着力点が前寄りになって、車への回頭モーメントが大きくなります。 進 …

no image

パジェロの評価-走破力の高いクルマというプライド

三菱パジェロは、走破力の高いクルマというプライドだけが光る。現行型は初代モデルの持ち味を踏襲しながらサイズアップを図っている。今ではパジェロに限らずオフロードSUVの販売が激減した。走破性能が高い半面 …

no image

車の保証内容は店によって大きく異なるので注意

保証は、良心的な店ならタグでつけてくれるが、手数料を取る店が大半だ。中古車の場合、購入後の保証内容やその料金は、店によってかなりちがうので、あらかじめさまざまな店で調べておき、保証書のコピーなどをもら …