雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

日本の名医と呼ばれる人の条件-多少の演技が必要

投稿日:2014年11月16日 更新日:

名医の条件とは何か。まず挙げられるのは、演技がうまい医者でしょう。現代社会では、医者もクライアントである患者に医療というサービスを提供するサービス業です。商店街の店と同じように、クライアントににこやかに接して、いい商品を提供することで、その店の人気も上昇します。

まずは、クライアントである患者にいい印象を与えるべく、にこやかに診断をおこなうべきでしょう。これは基本ではありますが、それなりに演技力が問われます。

医者の場合も、にこやかに、患者がどういう治療を望んでいるか、患者の症状から治療方法にどんな選択肢があるかということを説明しなければなりません。患者によってはわがままなことをいう場合もありますが、そこはグッとこらえなければならないのです。ここでも演技が必要とされます。

名医というと、患者が求めているのは、診断が正確で、その指示通りにしていれば病気が必ず治る医者。他の医者にもう打つ手はありませんといわれても、治してくれる医者です。患者ならだれでも名医といわれる医者に治療を担当してもらいたいものです。けれども、この名医という言葉は、かなりイメージだけが一人歩きしています。

地道に患者のためを思って治療をしてくれる医者

謝礼なども受け取らず、地道に患者のためを思って治療をしてくれる医者といったところでしょうか。また、手術をしたら一〇〇パーセント成功する、話もよく聞いてくれて、人間的にも尊敬できる医者。結論からいうと、そんな神様のような医者はいないでしょう。

人格的に尊敬できる人もたくさんいるでしょう。確かに手術がうまい医者はいます。けれども、そのすべてを兼ね備えている医者は、というとちょっと見当たらないというのが本当のところのようです。

次に、患者のニーズにきちんと応えること。たとえば、自動車を購入しようというときに、トヨタのセールスマンにレクサスとウィンダムとセンチュリーのどれが一番いい車なんですか?と聞いてもそれだけではどんなに優秀なセールスマンでも答えようがありません。車に実際に乗る人の好みやライフスタイル、家族を乗せるかどうか、予算、社会的地位などなど、さまざまな要素を考慮しなければ、セールスマンとしても勧める車種を決めようがないのです。

患者の状態を若干の演技もまじえてわかりやすく説明し、患者が納得すればいいお医者さんといわれます。名医といわれる医者の条件のひとつは、説明がうまいことのようです。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

教授は給料が安いからアルバイトをしているって本当?

選ばれた能力ある医者にしては、給料が少なすぎるといわれる教授。高給取りと信じられている教授だが、一般エリートに比べて給料は低いという。本来はエリートであり、開業すれば八倍くらいの収入を得ることができる …

no image

キャリアエージェント会社を利用すれば病院をやめて次に進める

医者の仕事は、激務である場合が多いものです。激務が多く、休みが少ないことが多く、だんだんとそんな状態から解放されたいと思うようになり、「病院を辞めてしまいたい」と思う医師も多くいます。連続勤務で、週休 …

no image

何でもかんでも薬漬け医療だというのは少し違う

現代の医療は、薬漬け医療だとよく言われることがあります。医者が必要のない薬をたくさん出したり、患者のほうも、せっかく病院に来たのだからと、切迫して必要もないような薬を出してもらったりしていることが多い …

no image

医者と薬屋の接待現場での話

医者と薬屋の接待現場での話 ・お医者さんと薬の関係 小さなバーのカウンターで飲んでいるのは、常連のA大学病院の調科医局員たち。さっきまでUくんと2人の先輩たちは高級割烹で、B製薬のプロパー(営業マン) …

no image

地方の医学部の問題

都会の学校から地方の医学部に入学した人は、卒業した後、その地元の大学病院や医局に残ったり、あるいは地元の病院に就職する、地元の病院で研修する割合が少なく、自分の出身地の大学病院や大病院で研修する傾向が …