雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

日本語の文章での主語の重要性

投稿日:2015年4月19日 更新日:

文章を書くときに主語を書かないかたが多い理由。日常会話では、主語を省略して話すことがほとんどです。クセといってもいいでしよこれが、ついつい、文章にも主語をつけないで書いてしまうようです。文章を書くときには、とにもかくにも、主語をつけるようにしましょう。

ほんとうに訴求したいことばだけで表現すると、読みやすくてわかりやすく、いいたいことが頭にスッキリとはいります。じつは、読者のみなさんがすでにお読みになった文章に、間違い文章があります。長文になるほど注意する必要があります。

傍線がなければ、どこを修正したのかわからないかたもいらっしゃることでしょう。とつに訴求したいことばだけで表現すると、読みやすくてわかりやすく、たいことが読み手の頭にスッキリとはいります。

主語を書き忘れないためにも、英会話は、参考になります。日本語では、ふつうに愛していますで、告白された側は舞い上がってしまいます。イヤな相手ならガックリでしょう。いずれにしても十分に意味は通じます。文章を書くにはこまかい注意が必要です。

区切りよく読みやすい文章にする

区切りよく読みやすい文章にするには、カタコト英会話のつもりで文章を書くとよいでしょう。英語ではごぞんじのようにアイラブユーといいます。文章にしてわかりやすいのはアイラブユーです。私があなたを愛していると、ていねいそのものです。英会話は、わかりやすい文章構成の基本といえます。うまい文章の定義を理解して頭に入れてください。なんでもない文章が、うまい文章なのです。

商業文やホームページのコピーは、素直に書くようにします。訴える強弱により、主語を置き換えると意味が通じやすくなります。強調すると決めたことばを文章の最初におく主語にします。訴えたい内容のなかで、なにを強調するかを決めます。主語を最初に書けば、わかりやすい文章になります。

サイズや重さなどの規模は、工夫してわかりやすく表現しないと、読み手はイライラすることになります。文章にする場合は、読み手が想像してわかるように書きましょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

先が見えない不安-いつの間にか消えてしまった情熱

どのお店でもありがちなことで、ちゃんと経営しようと思っても、その先が見えてこないということもあるだろう。いつの間にか消えてしまった情熱というものは、なかなか取り戻すことができないし、いままでのお客を取 …

no image

ユーザーテストはコストがかかるというイメージがあるが

ユーザーテストはコストがかかるというイメージが先行していますが、現行のウェブサイトがあるということは、すでに手元にプロトタイプが1つあるということを意味します。プロトタイプを新たに用意したり多くの被験 …

no image

ネットショップの構想、コンセプトを決める

具体的なネットショップを開業するためのコンセプトづくりを考えていきます。 ネットショップのコンセプトの考え方を解説していきましょう。 ~ネットショップのコンセプト作成と差別化~ たとえば、テーマは時計 …

no image

プロバイダのサーバーはネットショップに不向き

プロバイダの場合、インターネット接続料金にサーバーの設置料が含まれていることが多いので、料金的には一番安上がりといえます。しかしながら、独自ドメインが使えない、ショッピングカートシステムなどを利用する …

no image

支払いの流れや支払い額はしっかり明記しておく

・支払いの流れや支払い額はしっかり明記 振込みの場合、手数料は顧客に負担してもらうのが一般的ですが、クレジットカード決済やコンビニ決済の場合、支払い手数料はネットショップが負担する例もあります。手数料 …