雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

日本は自給率が低いままでいいのか

投稿日:

水産物は、エビの世界全体量の三分の一を日本が輸入しています。驚くべき数字だと思われませんか?ジョン・ハンフリース著『狂食の時代』に次のような記述があります。野生のサケは美しい生き物だ。体表は銀色にかがやき、よく運動した身はひき締まってほんのりとピンクに染まっている。

大半のサケに与えている飼料には、とんでもなく高い濃度の油分が含まれている。このせいでサケは下病を繰り返し、魚肉は柔らかくなる。結果のひとつは、お買い得の切り身に浮かぶ太い白い線だ。脂肪である。

ケージの中には、どのくらいのサケがいたかはわからない。数えられるような状態ではなかった。当時、最大規模の集約養殖漁場では、四万尾を超える魚を同じケージに入れていた。最新式の設備はその数倍を収容している。

仕事を外国人にさせるほど裕福なのでしょうか

自分の排泄物の中を泳ぎ、ふたのない下水道で暮らしているのだからこのようなサケを私たちは珍重して食べているのでしょうか。りっぱなひれのおかげですばやく動きまわることができる。捕らわれの身の仲間たちとは対照的だ。野生のサケを魚の王とすれば、養殖のサケはただの平民だ。それも、ひどい場所に閉じこめられている。集約的サケ養殖場自体が魚にとっては不健康な場所なのだ。驚くにはあたらない。

ウナギは自給率三〇パーセントで、台湾や中国から約八万トンが輸入され、そのうち約六万トンは調理済み、包装されて輸入されています。アサリ、ハマグリ、シジミ、アワビ、ウニ、ヒジキ、ワカメ、チリメンジャコ、カレイ、筋子、明太子、数の子など、数え上げればきりがありません。

フライ用のエビはパン粉までつけて、あるいは揚げて輸入され、天ぷら用のアジやキスはすぐに揚げられるようにして輸入されます。これらの多くは飲食店用だとは思いますが、スーパーなどにも出回っています。小麦の自給率は一一パーセントで、学校給食はじめ、パン、麺類はほとんど輸入にたよっています。私たちは、このような仕事を外国人にさせるほど裕福なのでしょうか。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

昔、肥料として使われていたものは?

一六〜一九世紀前半のヨーロッパでは肥料が売買されるということはありませんでした。この時代のヨーロッパでは、糞尿は道路を汚すゴミでしかなかったのです。そのために、糞尿が地下水を汚染するという問題がありま …

no image

原子力発電所の事故の発端は主給水ポンプが停止が原因だった

クリーンで安全、安上がりな電気の発電法として登場した原子力発電ですが、けっしてそうではないことがすぐにわかってきました。まず非常に危険だということがあげられます。制御棒の出し入れによって臨界状態に保た …

no image

地球温暖化問題の現象が最初に世界中に報道されたとき

地球温暖化という問題は、次のようにして世界中に報道されました。《一九八八年六月二三日、地球温暖化の脅威を周知させようとして、アメリカ議会上院のエネルギー委員会の公聴会が開かれた。開催日をこの日に決めた …

no image

地球温暖化による海面上昇の影響

地球温暖化により、二一〇〇年までに、一五〜九五センチメートル程度の海面上昇が予測されています。海面が上昇すると、どんなことが起きるのでしょうか。 海面が一メートル上昇したらどうなるでしょうか。日本では …

no image

生命にとって健全な土壌がいかに重要か

紀元前、ハンムラビ王朝時代の詳細な記録が残っています。それによると田畑には網の目のような水路が張り巡らされ、肥えた水をせき止め、あふれた水はダムや運河によって、町や田畑から排水されていました。なお、こ …