雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

日本初の脳死移植と脳死法案

投稿日:2015年10月27日 更新日:

日本初の脳死移植をやりたかったとしか思えない、少なくとも本気で患者さんを救えるかどうかはかなり怪しい、と語るある専門家。

日本初の脳死移植は、結果がよかったのなら、むしろ、それを認めていくというのが医療のあり方だろう。逆に、結果が悲惨だった脳死移植のようなものこそ断罪されるべき。

脳死移植を学会で発表するわけではなく、マスコミに発表するわけでもない。功名心からやったものではないことは明らか。また患者さんから特別謝礼をもらっているようにも思えない。そして患者さんのほうでは、医師の患者グループも感謝のコメントや「守る会」の結成の動きもあるようだったという。

脳死が認められていなかったから、代わりに行われた生体肝移植は世界でもトップレベルだったし、年間五〇〇人の命を救っているのに、脳死肝移植は十年以上かけて四〇ケースほどしか、いまだに行われていない。

脳死法案ができて救えた患者さんは

脳死法案ができて救えた患者さんは一〇〇人かそこらであるが、脳死がいまだに認められていなかったら、人工心臓はもっと進歩したものになっていたかもしれない。

脳死移植反対のほうが人の命を救っている。医療である以上、やはり患者さんを救いたいという動機と、患者さんが救えたという結果は大切だろう。脳死移植の問題はいまだに多い。

これはこの脳死移植の問題を考える参考にしてほしいだけで、冒頭に述べたように、鵜呑みにしてほしいわけではない。そして、大学病院の教授たちが面接官なのだから、このような考え方を語ると面接で落とされかねないので、要注意ということも書き添えておこうと、ある専門家は語っている。

また、脳死移植問題以外に、二〇〇七年の医療にまつわるもっとも大きな事件のひとつに、薬害肝炎事件がある。この事件は、汚染された「フィブリノゲン」などの血液製剤の投与でC型肝炎にかかったとして国などに損害賠償を求めているものだった。放っておくと、どんどん悪くなりかねない病気の性質上、一刻も早い早期解決を期待したい。

脳死移植の問題や薬害肝炎事件など、複雑な問題は日本にたくさんあるのである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医者の口コミなどが分からない場合に自分で善し悪しを判断する目安

良い医者は、患者の命を第一に考えるので、すぐに専門病院や大きな病院に紹介する。金儲け第一主義の医者は、患者を他の病院に紹介すると、その分だけ収入が減るので、少し無理をしてでも自分でみようとする。患者の …

no image

冷えや低体温が招きやすい病気や症状の予防

日本では、病気にならないための手段があまり知られていません。病気になったら医者に診てもらうのが当たり前だからです。 自分で守り変えていく意識を、持ってください。自分の体を他人任せにするのではなく、自分 …

no image

開業医師は流れ作業に追われる毎日

一般の人たちからすると、開業医というのは、何かあった時にすぐに行ける身近な医療機関としてなくてはならないものだろう。昔の医者には、大学に残って医学の研究を志すよりも、民間医療に貢献することが医者として …

no image

インフルエンザはなぜ毎年冬に蔓延するのか

インフルエンザウイルスを拡大させる条件として、温度があげられます。湿度の度合いにより、インフルエンザにかかりやすくなることがあります。 乾燥は防御機構を破綻させる環境を作り出す可能性があります。粘膜上 …

no image

患者さんと医者の間にも相性の善し悪し

もっと親切なお医者さんがいいわよねぇなどと、担当の医師を嫌っているらしい患者さんも見かけます。病院の待合室では、患者さん同士で医者のことが話題になっています。〇〇先生って、横柄で嫌な感じねぇ・・。 逆 …