雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

自動車

日本人と欧州人の車の選び方の違い

投稿日:2015年4月25日 更新日:

クルマにさほど関心のない日本のユーザーが、その保守的な気質もあり、どのメーカーのクルマでもいい、それならいちばん売れているトヨタのクルマにしようと考える傾向があるようです。以前よりは日本にも主張が見えるクルマが増えてきたと思いますが、欧州車と比べると、まだキラリと光る個性的なモデルは少数です。欧州車では、同一メーカーのクルマであれば、価格差からの高級感、質感の違いはあっても、メルセデス・ベンツにはメルセデス・ベンツ、VWにはVW、プジョーにはプジョーならではの乗り味、雰囲気があります。

したがって、ユーザーは、その自動車メーカーの乗り味が好きなら、どのグレードのモデルに乗っても同じ満足感を得ることができます。メーカーのクルマ造りのコンセプトが、上級車からエントリーカーまで貫かれているわけです。同一メーカーのなかでも、車種によって、あるいは同じモデルでもグレードによって、乗り味などクルマの基本性能がまったく違います。

車の買取査定を上げる色々なポイント

日本のユーザーは

日本のユーザーは、価格が違うので当然だと思う人が多いようですが、欧州車はそうではありません。例えば、日本にはベンツかBMWかと、両車を比較検討するユーザーがいます。しかし、両車はコンセプトもまったく異なり、本来、比較の対象になりにくいクルマです。欧州のユーザーは、メーカーの比較よりも、自分の好きな特定メーカーの、どのクラスのモデルにするかという選択をする傾向が強いように思います。自分はベンツが好きだ、しかしEクラスまでのサイズは必要ないのでCクラスにしよう、排気量も2000ccもあれば十分、だからこのモデルにしようという具合です。

日本人は、カローラにしようかブルーバードにするか、それとも少し個性的なシビックかという具合クルマを購入する際に車名をイメージする人が多いようです。クルマに大差がないので、こういった買い方もできるわけです。最も気になるのは値引きで、それぞれのディーラーに条件を競わせるようにする人も少なくない。対して、欧州のユーザーは、それぞれのメーカーに魅力を感じてクルマを選ぶことが多いようです。

-自動車

執筆者:

関連記事

no image

トヨタはエセ○○を作るのは上手い

トヨタはエセ○○を作るのは上手い。エセ○○作りをする限りトヨタのニューカーのアイデアは枯渇しない。しかし、本当にそれでいいのだろうか、と語るある専門家。トヨタはBMW3シリーズに目をつけた。そして生れ …

no image

アップライト型のシートは従来の乗車姿勢と比べて違和感をとなえる人がいた

RVといえども、良路を走行する割合のほうが多いことがわかってきて、床は少々高くても乗車姿勢はリクライニング型をした車や、床は低めでもアップライト型の車も出はじめ、乗車姿勢の良し悪しの定義はあいまいにな …

no image

willサイファの評価-コンパクトカーなのに取りまわし性が悪い

WiLLとは、トヨタが参加している異業種合同プロジェクト。トヨタのマークは付かないが、ほかの車種と同じくカローラ店とネッツ店で買える。トヨタではVi、VSの順でWiLLブランドの車種を投入、WiLLサ …

no image

プリウスのエンジンの仕組みを紹介

プリウスは専門的に言えば、このハイブリットはシリーズ型とパラレル型の中間的なものとなる。シリーズ型とはエンジンで発電機を回してモーターで駆動するもの。これだと変速機などの駆動系が必要ナシで、機関車や大 …

no image

車のマルチビジョンが動くかどうか必ずチェックする

マルチビジョンのついている車を見つけたら、絶対に動かしてみること。動かなかったり、画面に気泡などが見つかったら、新品に取り替えてもらおう。マルチビジョンで動かしているものすべてが操作不能となる。 高級 …