雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

日本勤労者山岳連盟などの山岳団体

投稿日:

日本には、山岳団体と呼ばれる団体があります。

・日本勤労者山岳連盟

主として地域・職場・学校で作られている山岳クラブの団体加盟で構成され、各クラブは、その所在地によって、全国四七都道府県ごとに組織されている地方連盟に所属しています。通称労山と呼ばれています。全国に六五〇団体、二万五〇〇〇人の会員が入会しています。一九六〇(昭和三五)年、勤労者山岳会の名称で設立され、六三年には日本勤労者山岳連盟へと発展しました。専門委員会を持って活動しています。月刊誌登山時報を発行しています。

・日本ヒマラヤ協会

数多くの登山隊を派遣し、保有する文献も豊富で、ヒマラヤに関する調査・研究では団体としては抜きん出ています。文字通りヒマラヤに行くことを目的にして作られた団体です。月刊誌ヒマラャを発行しています。毎年夏にはサマーキャンプと称して全国で隊員を募集して中国、インド、パキスタンなどに出かけています。

登山ガイドを職業にしている団体など

上記とは別に登山ガイドを職業にしている団体があります。日本アルパインガイド協会と呼ばれている団体です。いわゆるプロと呼ばれる人たちで技術も確かなので、自分たちだけで行けないようなところのガイドをお願いするのもいいでしょう。プロガイドの養成を行ったり、登山者を安全に確保しながら目的の山域に連れて行く職業の人たちで構成されています。

また、HAT-J(日本ヒマラヤン・アドベンチャー・トラスト)と呼ばれ、日本の各地に支部があります。四団体には入りませんが、やはり全国組織として、最近叫ばれている山の環境保護を中心に活動している団体があります。以上紹介した団体の構成員は、営利目的というよりはアマチュアで活動している方がほとんどです。

また、日本には国の機関として国立登山学校と呼んでもいいものがあります。文部科学省スポーツ・青少年局生涯スポーツ課に所属している登山研修所です。の他、数多くの全国的な山岳団体があり、多くの人がその活動に関わっており日本の登山界全体を支えています。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

鳥のさえずりに耳をかたむけて風の音を楽しむ

最初は、時間を持てあますかもしれないけれど、季節ことにちがった顔を見せてくれる、自分たちだけの「秘密のピクニック・エリア」を探しに、さあ出かけよう。とにかく何もしないでいい。何もしないで風の音を聴き、 …

no image

山での遭難時の救助隊の要請有無など

遭難した場合に、必ず伝えなければならないことは、事故の状況と事故者の状況、そして救助隊の要請有無です。登山計画書を渡せば緊急連絡先やパーティーの氏名などが記載されているので対応が早くなります。連絡が、 …

no image

キャンプで風呂には入れない場合-自作で工夫して体を洗おう

山の中では、お風呂はとうてい望めない。お風呂付のクルマでもあれば別だが、普通そんなクルマを持っている人は少ない。子供を洗う場合、代わりにスポンジ・バス(スポンジにお湯を含ませて体を拭く)か部分洗いに挑 …

no image

子供が可愛いのに-アウトドアに連れ出したらイライラしない

アウトドアに子どもを連れ出したら、イライラしてはいけない。規則正しく平和な場所からこんな異郷へ子どもを連れ出し、調子を狂わせたのは親であるアナタなのだし、子どもは心のよりどころを求めているだけ。適応で …

no image

山で病気に子供がかかってしまわないために

子どもの小さな体は脱水症状に陥りやすく、理性で水分補給をしないぶん、赤病なんかにやられると非常に危険だ。ある人の7歳の娘がウイルス性の病気になった。気分が悪いと言うやいなや、父親が眼鏡を取り出す間もな …