雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

日本の百貨店は消費者に親切で便利な売り場づくりをしているが

投稿日:

日本の百貨店は、なんて消費者に親切で便利な売り場づくりをしているのだろう。こんなに親切なシステムが、日本の女性、とくに中年以降の女性たちから着飾る喜びを奪い去ってしまったのだ。世の男にはチンプンカンプンだろうが、何度も日本の百貨店に足を運んでいる女性たちなら、目をつむっていたって自分の年齢に応じた売り場に到達できる仕組みになっている。

同じ三〇歳だって、好みや属している社会階層によってまったく違った服を選びたいはず。それを売り手の勝手な都合でわくにはめる日本の小売店のやり方はナンセンスだ。まして五〇歳になれば、志向や嗜好によってまったく異なってくるに違いない。本来、服選びはもっと自由で楽しいもののはずだった。

二階の売り場は、ピュアーヤング、ヤング、キャリア、三階は、ミッシー、ミセス、エレガンス、特選などと銘うたれている。日本でいい歳をしてと言われるとつらいものがある。これを言われないようにするには、百貨店に出かけたとき、自分の年齢にふさわしい服が置いてあると百貨店が勝手に考えた場所に行って選ぶのがいちばん無難である。

年齢という呪縛からの解放

結局、楽しいショッピングの第一は、年齢という呪縛からの解放だ。そして第二は、小売店側の都合に左右されないこと。たしかに五〇代にもなれば、ウエストのまわりや下腹にお肉もつくだろう。しかし、はたして彼女たちがいつも花模様でストーンとした、ずんどうなドレスを求めるのだろうか。

そんな区分けに嫌気がさしたファッション感度の高い人たちは、九〇年代の後半からセレクトショップと呼ばれるさまざまなブランド商品を雑多にあつかうマルチプランドショップに走って、自由なセレクションを楽しんだ。日本では今まで消費者が小売店にふりまわされてきた。たとえばシーズンマーチャンダイジング(季節によって商品構成を変える)や年齢別のターゲット設定。また、ミッシーミセスという妙なカテゴリー分け。

しかし今日、セレクトショップの大ブームすらも下火になりつつある。それは品ぞろえがどこも同質化してきてしまい、あつかっている商品に個性がなくなってきたからだろう。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

GAPは売上高をのばし世界最大級のアパレル小売業者の座に

サンフランシスコに住むドナルドとドリスのフィッシャー夫妻が一九六九年に立ち上げたGAP。一介の店はやがて、GAP、オールド・ネイビー、バナナ・リパブリックといったブランドを抱える大企業へと見事に花開き …

no image

ビジネスマンのスーツは何着必要なのか?

・ビジネス・スーツは何着必要か? 着る人や職場によって、スーツの疲労度が違ってくるから、ビジネス・スーツは、最低何着必要かということは、難しい問題です。ちなみに、私は最低三着必要だと考えています。乱暴 …

no image

ヴェルサーチのショーを見るために自腹切ってミラノに飛ぶ余裕はない

製品を身に付けて、周囲に見せてもらいたいという思惑なのよ。各企業が雑誌のエディターにティファニーの時計やスパのチケット、ゴディバのチョコレートなんかをプレゼントする例も知ってるけど、どっちかというと、 …

no image

最新トレンドファッションを追いかけるのに精一杯のうちは

富裕層がありあまるほどの服を持つのは昔から当たり前のことであり、ジョージ・エリントンは、一八七〇年の著書ニューヨークの女性にこう記している。エリートは同じ服を一度着ない、裕福な女性の場合には毎日服が二 …

no image

ブルガリのアンティークコインネックレスを買った女性

いくつかあるジュエリーの中で、特別な存在なのが、ブルガリのアンティークコインを使ったネックレス。これは、四十歳の誕生日に日本の本店で買ったものです。私にとってのジュエリーは、自分を託すお守りのようなも …