雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ネットショップ運営は昼間仕事を持っていても可能

投稿日:2015年4月24日 更新日:

ネットショップは、昼間、仕事で手が離せない場合でも、夜にメールでの連絡や商品発送などを行えば十分運営できます。普段、昼間は仕事をしている人でも副業として、夜や休日など空いた時間を利用して、ネットショップを運営することも可能です。自分のお店なのですから、営業時間だって自由に決められます。トラブルが発生した際にすぐに対応できない場合など、不安な面もありますが、土日だけ営業するという手もあります。

まずはネットショップからスタートし、成功したら徐々にステップアップしていくことができる楽しみを持っているのがネットショップといえるでしょう。ビジネスとしてはリスクが少ない分、儲けも最初はあまり期待できないかもしれません。しかし、ネットショップが軌道に乗り、毎月定期的な収入が見込めるようになれば、ネットショップをさらに拡大させたり、従業員を雇って実店舗を構えるリアルショップのオーナーに転身してもいいでしょう。

人気のある商品と匹敵するくらいの売上に

人気のない多数の商品がインターネットを通じて少しずつ売れることで、人気のある商品と匹敵するくらいの売上になる現象を指します。リアルショップでは売れ行きがよくないため、陳列すると無駄になる不人気商品でも、ネットショップならじゃまにならずに陳列(表示)できます。商品そのものに魅力があれば、顧客の目にとまることも期待できるわけです。ネットショップの世界ではロングテールという言葉がよく出てきます。

ロングテールではあまり売れない商品にも着目し、積極的に不人気商品も販売することで十分な売上を見込むことができるのです。上位20%ロングテールが占め、残り20%をあまり売れない商品が占めるのが普通です。ー見して売れなそうな商品でも、ネットショップでは取り扱う意義があるのです。多くの売上を見込めないニッチな商品ばかり集めて、マニア向けのネットショップを営業して成功している事例はたくさんあります。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

リスティング広告の運用のコツやコスト効率の高い掲載方法

投資対効果の高いリステイング広告ですが、掲載の設定いかんによっては、投資効率を下げてしまう危険性があります。コスト効率の高いリスティング広告を実現するための、効果的な掲載方法や運用方法について解説しま …

no image

外部サイトのリンクの強化方法について

SEO対策は、サイトの制作者が意図的に対応できるものであるため、検索エンジンは、これだけでは客観的な評価を得られないと考えました。そこで検索エンジンは、外部のウェブサイトからのリンク(被リンク)に評価 …

no image

運営において大事な事-コミュニケーションが以外に大切

ネットショップ体験記を以下に紹介する。 「運営していて気が付いたこと」 ごく少数(実は自分1人)でショップを運営していますので、電話よりも、Eメールでのお問い合わせのほうがよりよい対応が可能です。お客 …

no image

ショップブログはメリットが多いのでおすすめ

ショップのブログをつくるメリットは多くあります。ほかのブログに自分のブログへのリンクをつけるトラックバック機能を通して、情報が広く伝達される効果は見逃せません。集客効果が期待できる一方で、コメントスパ …

no image

モール型などのショップを選択する場合のポイント

ショッピングモールを利用するモール型の場合は、インターネットの知識があろうとなかろうと、出店できるのが魅力です。インターネット知識なしの場合は、独立型で運営するよりも割安でしょう。 クレジットカードの …