雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ネットショップへの連絡先を増やそう

投稿日:2015年5月4日 更新日:

ネットショップでは、顧客との連絡手段はメールが中心になりますが、ときには電話でのやりとりが必要になることもあります。最近は、固定電話を契約せずに携帯電話だけで済ませている人も多いようですが、連絡先として携帯電話の番号しか記載されていないと、顧客に信頼感を与えることができません。すでに固定電話がある場合でも、できれば家庭用とは別にショップ専用の回線を引いておきたいものです。

外出先からノートパソコンでインターネットに接続するには、データ通信対応の携帯電話をつないで接続するか、専用のデータ通信カードを利用するのが一般的な方法です。各キャリアがデータ通信に適した料金プランを用意しているので、チェックしてみましょう。

ファストフード店や駅構内などで利用できる公衆無線LANを使ってインターネットに接続する方法があります。外出する機会の多い人は、NTTなどの転送サービスを利用して、固定電話への着信を携帯電話に転送できるようにしておくとよいでしょう。

FAXもぜひ用意しておきましょう

顧客の中には、インターネット経由で個人情報を送信するのは不安と考える人もまだまだ多いはずです。連絡手段として電話やFAXも必要なら接続できる。また、FAXもぜひ用意しておきましょう。FAXは、普通紙に対応した機種の方が、受信した書類を長期間保存したい場合には適しています。ただし、感熱紙対応の機種に比べて、やや割高になります。FAXでも注文を受け付けるようにしておけば、こういった顧客からも受注が可能になります。電話機やFAXには、特に高度な機能は必要ありません。

個人経営のショップなら、ごく普通の家庭向けの機種で問題ないでしよう。プリンタやスキャナの機能も搭載されたFAX複合機なら、1台で複数の役割を果たすので、設置スペースが限られている場合にも便利。周辺機器やソフトウェアを用意するショップのページに掲載するための商品写真を撮影するには、デジタルカメラが必要です。

最近の製品は高性能化が進んでいますが、Webページにはあまりファイルサイズの大きい写真は掲載できないため、画素数などにそれほどこだわる必要はありません。手持ちのデジカメがあれば、それを利用しても問題ないでしょう。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

api-webサービス-第三者でも自由に利用できるよう一般公開

Googleは、自身が持つ様々な技術のAPI(Application Programm ingInterface)を第三者でも自由に利用できるよう一般公開しています。たとえばGoogleマップのAPI …

no image

ネットショップ開業時のトラブル

・ネットショップのトラブル ネットショップが抱えるトラブルの中で、もっとも深刻なのが「代金未払い」です。商品を送ったにもかかわらず、顧客が商品の代金を支払ってくれないというケースです。実際には、顧客が …

no image

伝えるデザイン-どのようにコミュニケーションするかを明確に

~誰にどのようにコミュニケーションするかを明確に~ デザインに関しても、誰に対してどのようなイメージを訴えるべきなのか、伝えるためにはどのような手法が有効であるかを明瞭にしてくれます。あなたのサイトの …

no image

メール返信マナーは大丈夫?感情的になってはいけない

ショップを経営していると送信しにくいメールを書かなくてはならない場面に遭遇することがある。たとえば、入金の遅れを催促するメールだったり、ページや商品などに対する意見をいただいたが対応しきれない場合など …

no image

ウイルス撃退-スパムメール対策を対策ソフトで行う

~スパムメール対策:対策ソフトで撃退~ スパムメール対策ソフトで削除する場合には、ふたつ手法があります。 ひとつは、スパム削除支援ソフトを使っての削除です。スパム削除支援ソフトの使い方ですが、一般的に …