雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ネットショップ の決済方法でお客が利用しやすい方法とは?

投稿日:2015年1月8日 更新日:

日常的な買い物の手段としてインターネットショップを利用してほしいのであれば、コンビニ決済などを用意しておくこともショップの責任ではないだろうか。代金引換はギフト用には使えないので、これだけで決済方法が充実しているとは言い難い。

利用者の立場から考えてみてほしい。たとえば、郵便振替ならば誰にでも利用できると思い込んでいないだろうか。しかし、郵便局は土日休みで5時までしか利用できないため、平日の日中に仕事をしている方には振り込みに行く時間がない。

配送の際に時間指定や日にち指定ができるのと同じように、振り込みの時間や場所も消費者の生活範囲に合わせることが、優良ショップとしての気配りといえる。クレジットカードが使えない学生や主婦には、コンビニ決済や郵便振替などのアナログ決済を用意しておけばいいだろう。

支払い窓口が遠いことがある

また、たとえば、地方の場合にはコンビニ決済が使えなかったり、支払い窓口が遠いことがある。こうしたときに電子決済や代引、郵便振替などが選択肢としてあれば、ユーザーも地域的な不利を感じない。このように、コンビニ決済や電子決済、クレジットカード決済などを用意することはユーザーにとって喜ばしいことなのだ。

電子決済の場合には、それを導入している加盟店しか使えないのがデメリットで、フリーで利用したり、初心者には数居が高く感じるものだが、それだけで導入をたしてしまうのは早計だ。プロバイダー系の電子決済は、その市場の大きさや、大手プロバイダーの審査を通った信頼度がショップにとっても魅力的な看板になる。汎用的なものとして、クレジットカード決済とコンビニ決済の2つは利用価値が高い。

このように、それぞれのケースに柔軟に対応できてこそ、インターネットショッピングの利便性をユーザーが強く感じることができるので、決済方法については深く理解し、決済方法を適宜増やしていくことを検討してもらいたい。販促の上手なスマッシュなどは、個人運営者でも加盟することができるので視野に入れるべきだろうし、国内最大のプロバイダーなどは会員数の多さが魅力であり、法人の場合には将来的な導入を考えておくべきだろう。

ネットで稼いでみたいなら、ポイントサイトを使った副業がおすすめです。今、一番稼いでいるポイントサイト「げん玉(会員数500万人)」を利用すれば、月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ネットショップに必要なコンテンツは?

「ネットショップに必要なコンテンツ」 インターネットが普及するにつれて、映画や動画のことをコンテンツというようになりましたが、ネットショップの情報の内容を意味しているのです。こう聞くと、ネットショップ …

no image

ドロップシッピングの問題点-制限事項などが多くある

これから開業する方や商材の薄さをカバーしたいネットショップ運営者にとっては、便利この上ないと思われるドロップシッピングですが、問題点もあります。ドロップシッピングは、一般のネットショップ運営者にとって …

no image

コンバージョンのページに至るまでの遷移を把握しておく

~コンバージョンのページに至るまでの遷移を把握~ 一般的には、手続きのプロセスを遷移していくなかでユーザーは自然に離脱していくものですが、もし突出して離脱しているポイントがあれば、そのページを確認する …

no image

ユーザビリティ、アクセシビリティのチェックリスト

~ユーザビリティ、アクセシビリティのチェックリスト~ 自分のウェブサイトにアクセシビリティ上の問題がないか確認してみましょう。以下は簡単なチェックリストですが、これらを見て、自分のサイトに当てはめて考 …

no image

リピート客が続出するようなサービスを考えよう

パワーゲームになればなるほど、ショップはメンタルな面でのサービスを簡略化しなければならなくなる。しかも、ショップにしてみれば、これだけサービスをしているのだから次も買ってもらえるだろうと思ってしまう。 …