雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

ネットショップ業務の全体的なフローを知っておこう

投稿日:2015年5月7日 更新日:

・ネットショップ運営に必要な業務

商品の注文を受けてから商品が顧客のもとに届くまでの日数をある程度予測しておき、できるだけ商品到着が遅くならないよう、業務を簡素化するように心がけることが最大のポイントです。商品が売れたときに発生する業務用することによって作業を簡素化し、メール送信を忘れないようにチェック体制も整えておくとよいでしょう。商品の注文を受けたら、顧客に注文を受けました注文をいただきありがとうございますといった内容のメールを送ります。

その際、商品内容や個数、商品の色や送り先の住所、氏名、連絡先などを明記して、間違いがないかを再度確認してもらいます。代金の支払いをどうするか(前払いか代引かなど)の確認も同時に行うようにします。代金の確認支払いが前払いの場合、商品を発送する前に代金が指定の口座に振込まれたかを確認します。

通帳記入によってロ座に振込まれているかを確認することもできますが、ネットバンキングを利用すると、インターネットを通じて口座への振込みを確認することができるので便利です。ネットショップを通して商品の注文が届きます。

その際、商品の内容や個数、購入者の住所などを確認し、注文確認メールの送信記入事項に不備がないかを確認するようにします。なお、代引や後払いの場合などでは代金の確認をすることなく、商品の発送までを行うことになります。

ショップがオープンすると

ショップがオープンすると、業務のほとんどが商品が売れたときの商品発送までの作業になります。これらがメインの業務となり、いかに効率よく行うかが大切です。商品が購入されたら、注文を確認したことや商品を発送したことなどをメールで連絡します。

・ショップの宣伝

オープン当初は利用者も少ないため、オープン前からオープン記念キャンペーンの特売を行うなどして、利用者に事前に知ってもらうことが大切です。オープン前に自分のショップを宣伝しておきます。有料の広告もいいですが、自分の取り扱う商品に関連する掲示板にショップの告知をしたり、ブログにリンクを貼ってもらったりすれば無料でも十分効果は見込めます。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ドメイン名とは-様々な注意しなければいけない点

~ドメイン名のしくみ~ ドメインはいくつかの文字列がドット(.)で区切られています。このドットで区切られた最後の文字列をトップレベルドメイン(TLD)と呼びます。日本でいえば、jpの部分ですね。そして …

no image

Youtubeを使ったユーザーとのコミュニケーション

Youtubeでは、ユーザーとのコミュニケーションを考えていけば、必要な映像コンテンツのアイディアは自ずと浮かび上がるはずです。ユーザーとのダイレクトな双方向コミュニケーションにより、ファンをつくった …

no image

収益をあげるための3つの方法

収益をあげるためには3つの方法があります。 収益向上の1つめの方法は、運用コストの削減です。施策としては運用のガイドラインを用意したり、更新の手間を省いてくれるCMSなどを導入することで、人件費を削減 …

no image

ネットショップに必要なもの色々

インクジェットプリンタの印刷品質は、解像度や最小インク満のサイズ、インクの色数などで決まります。事務的な書類の印刷が中心ならそれほどこだわる必要はありませんが、写真入りのチラシなどをきれいに印刷したい …

no image

試行錯誤を繰り返すことをしないと売り上げは上がらない

ネットショップで売上を上げるためには、時期的なものであれば、いまの時期に見合った商品仕入れてくることが必要になることもあるだろう。商品の見せ方が悪いのであればホームページを作りなおすことも必要だし、価 …