雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

保険

年金の受取り方法はどの方法が有利なのか?

投稿日:

年金(純粋)終身年金では、年金の支払開始後は一時金で受け取ることはできません。確定年金の場合は、残り期間に対する年金の現価をいつでも一時金として受け取れます。でもらうのはよいが、もし途中でまとまったお金が必要になったらどうしよう、という心配があるかもしれません。こうした場合、保証期間付終身年金ですと、保証期間中に限り、いつでも必要なときに一時金の支給を請求することができます。この一時金を受け取ると、年金の支払いが始まり、一生涯年金が受け取れます。受け取れる金額は、保証期間の残り期間分の年金の現価(たとえば残り期間が六年ならば六年分の年金額から、その期間中に予定される利息を差し引いたもの)です。

年金の三つの受取方法

受取方によって、同じ元本から毎年受け取る年金額および総受取額がかなり違ってきます。一般的にいえば、同一の元本から得られる年金の年額は、受取期間にもよりますが、十五年くらいまでなら確定年金が一番多く、次いで保証期間なしの純粋終身年金、保証期間付終身年金の順となります。一方、年金の総受取額では、長生きすればするほど終身年金の方が多くなります。

あなたにとって最もよく合った年金の受取方があるはずです。自分の老後を支える大切な年金ですから、最も自分の暮らし方や希望に合った受取方をすることが大事です。

年金の三つの受取方のうちどの方法で年金をもらうかは、個人のその年金に対するニーズにより、あるいは自分の健康に対する自信の有無の程度によっても変わります。したがって、一般的にどの方法が一番よい(有利)と一概にいうことはできません。受取方を決める参考として、それぞれの受取方にどんな特色があるのか知っておきましょう。

今はまだ若くても、将来のために、早くから年金についての知識を得ておいたほうがいいでしょう。年金の知識を得るには、書籍を読んで学ぶのが一番いいと思いますし、ネットサイトよりも書籍で勉強しましょう。

-保険

執筆者:

関連記事

no image

保険見直し方法-問題が分かったら即アクション

生命保険の見直し方法には、次のようなものがあります。 生命保険の見直し方法を説明しましょう。 ・変換 診査はありませんから、その時点の健康状態にかかわらず変換できます。ただし、この方法を使える保険会社 …

no image

成人病の症状になったときのために

~成人病になったときのために~ がん、心筋梗塞、脳卒中は日本人の死亡原因の上位を占めており、これらの成人病は現代人にとって不安な病気です。これらの病気にかかると、高額の治療費が必要となるほか、働き盛り …

no image

保険GATEの評判や口コミ

保険GATEは、保険の無料相談サービスです。保険というのは高額な商品でありながら、その購入にあたり一般の方にとっては内容が難しく、保険に関するよほどの商品知識がなければ自分ひとりで適当な保険を選ぶのは …

no image

保険料を抑える方法は簡単!?

絶対に長生きするとわかっていて、相続対策も必要な家族の長だったら『終身保険』も考えますけど、昼なんか、コンビニの弁当ばっかり食ってて、そんなに長生きできません。で、『定期保険』の場合、断然、『収入保障 …

no image

がん保険は終身型であれば保障がシンプルでおすすめ

ある患者調査を見ると、ガン患者の在院日数は突出して多いわけではありません。ただし、これは退院患者の平均在院日数のデータで、たとえば胃ガンの人が入退院を繰り返した結果の通算入院日数ではないのです。結果的 …