雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

濡れた髪のままであたまを冷やすとヴァータと力パが悪化してしまう

投稿日:

アロマオイルを楚いたり、香りのいい季節の花をベッドサイドに置くのは眠れない時にけっこう効果的です。就寝の30分くらい前に、温めたミルクを飲むのもいいでしょう。ミルクはカパを上げてくれます。ただし、夕食がキチンと消化されて、空腹の場合に限ります。さらに効果の高い、スペシャルドリンクもあります。

お酒は神経系統に大きな負担をかけてヴァータやピッタを乱してしまうので、たとえ飲んで眠れても、結局は眠りが浅くなってしまいます。お酒を飲んだ翌朝、スッキリしないのはそのせいでもあります。

「お酒を飲まないとうまく寝つけない」、そんなときは、寝酒に頼るよりもいい方法があります。夜、おでこにセルフケア用のゴマ油や、ギー(特殊な精製バター)を塗ります。ヴァータやピッタの乱れが解消されて、すんなりと眠りに入っていけます。

寝酒は、浅い眠りしかもたらしません。続けるとドンドン不眠が進行するので要注意。おでこにゴマ油かギーを塗り、長酒のかわりに、就寝%分前にホットミルクを飲みましょう。ホットミルクに砂糖、ギー、すりおろしたショウガを加えたスペシャルドリンクも効きます。

どうしても眠れないときに飲む

温めたミルクに、砂糖、ギー、すりおろしたショウガをまぜたホットドリンク。これは毎日飲むと太りますし、コレステロールが高い人にはむきません。どうしても眠れないときに飲むか、寝酒の習慣を断つために1~2週間だけ集中して飲むようにしてください。

「お酒は適量なら健康にいい」と主張する人もいますが、少量飲むだけでも、睡眠にはもちろん、健康にとって好ましくありません。アルコールを飲んだときには、時間をあけてホットミルクを飲むと、毒消しにいくらかの効果がえられます。

あと、よく「頭寒足熱」ということばを耳にします。頭を冷やして足を温めると、安眠がえられ、健康にもよいというひとつの考え方です。たしかに頭は熱くしないほうがいいのですが、髪を洗ったあと、いつまでも濡らしたままにして冷やしてしまうと、意外な不調を生み出しますので注意が必要です。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

瞑想で冷え性改善-木枯らしが吹いても寒くならない

瞑想していると、身体が内側から元気になってきますが、それがはっきりわかることがあります。冬になると、ブーツの中の足先が感覚がないくらい冷たくなってしまったり、貼るカイロの予備を持ち歩いたり、らくだの下 …

no image

理想の食品を買うにはどうすればいいのか?

その商品をより安く、長期保存できるように作るため、そして消費者の食欲が高まり、消費者が太り、その商品に対して肉体的な依存症となるように、現在ではかつての百倍もの化学毒物が入れられている。そのような食品 …

no image

健康になる様々な方法を一気に紹介

リバウンターというのは、小型の円いトランポリンのことだが、リバウンダー(ミニトランポリン)を一日十分間使うのもよい。短時間でできる、ほんとうにすばらしい運動だ。一日に十分間行うだけで、他のどのような運 …

no image

心臓発作の症状の対処にはオメガ3脂肪酸が致命的な細動を抑える

心臓発作を経験した人は、経験していなくても心臓病の徴候のある人は、オメガ3脂肪酸の摂取を真剣に考えるべきだろう。たとえ心臓発作が起きたとしても、オメガ3脂肪酸は致命的な細動を抑えて命を救ってくれるのだ …

no image

湯治の効果とがん

湯治は身体によく効きます。あるサナトリウムのよいところは、真夜中でも温泉に入れること。この頃の温泉宿は、夜の十二時をすぎるとお湯を止めて入れなくしてしまいます。これでは温泉ではありません。湯治の精神は …