雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ネクタイ結び方で応用範囲の広い方法

投稿日:

もっとも応用範囲が広いネクタイの結び方には、どのようなものがあるでしょうか?プレーン・ノット(フォア・イン・ハンドとも言います)では結び目が細すぎ、逆にウインザー・ノットでは大きくなりすぎる。そんな場合には両者の中間であるハーフ・ウインザーが最適でしょう。それと同時に、どんなネクタイ、どんな襟型にも合う応用範囲の広い結び方でもあります。

ハーフ・ウインザーは、時にエスクァイア・ノットと呼ばれることもあります。ネクタイの細いほうの一端(小剣)を、左側に短く垂らし、太いほうの一端(大剣)を長く垂らす。そして両者を胸元で交差させる。つまりネクタイの小剣の上に大剣を重ねるわけです。ウインザー・ノットを少し省略した結び方ともいえるでしょう。

その次に、大剣を交差位置に一度からめてから、ループをつくり、そのループのなかに大剣を通して結ぶ。ごく簡単な説明ですが、これがハーフ・ウインザーと呼ばれる結び方なのです。とりあえずハーフ・ウインザーを手際よく結べるようであれば、毎日の出勤にはまったく問題ないでしょう。

上手なセンター・ディムプルのつくり方

上手なセンター・ディムプルのつくり方をお教えします。たとえばプレーン・ノット(一重結び)の場合を例にあげましょう。小剣の上から大剣を交差させ、輪のなかに大剣を通す。この直後すぐ、結び目を三枚に畳むようにして、くぼみをつくる。そしてこのくぼみをこわさないようにしながら、ゆっくりと結び上げる。たぶんこれで美しいセンター・ディムプルが完成するはずです。

センター・ディムプルという言葉を知っていますか?ネクタイの結び目すぐ下の、小さなくぼみのことですね。センター・ディントと呼ぶこともあります。ネクタイを結ぶということは、ある面、布地の広い部分を狭くすることでもありますから、当然、シワになる。これを単なるシワとせず、美しいヒダに仕上げようという考え方なのです。帯の結び方に流儀と美しさがあるようにネクタイにもそれがあるのです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

チノパンツのコーデ-腰全体を使って履く

・チノ・パンツの楽しみ方 チノ・パンツは、よくジーンズと比較されるのですが、ジーンズよりもかなり通常のパンツに近いシルエットなので、はきやすいという利点もあるでしょう。チノ・パンツは夏のカジュアル・ウ …

no image

火の広がりやすい条件を作ってしまう電気乾燥機

当時の主婦が衣類を洗濯して干す際には、現代のような素晴らしい技術など存在しなかった。研究者が洗濯機と乾燥機という現代的な手段を用いて同じテストを行うと、可燃性テストをクリアできない衣類が出てきた。また …

no image

パリ16区やヌイイなどの高級住宅街のマダムのオシャレ

・パリのマダムのエレガンス 一六区とヌイイは、パリの中でも高級住宅街のイメージが強い。そこに足を踏み入れると、アパルトマンのベランダで植木に水をやったり、小さな犬の散歩をするときにさえ、仕立てのよさそ …

no image

ビジネススーツのおすすめ変身術

・ビジネス・スーツの変身術 パーティーがウィークデーと重なると、家に帰って着がえることはできませんから、結局は会社帰りのビジネス・スーツ姿で出席するということになります。今の時代はむしろ大げさなドレス …

no image

毛皮業界の状況を総括するのが難しい

ラルフ・ローレンのコヨーテの帽子。オスカー・デ・ラ・レンタのフォックスのショート・ジャケット。フェンディのシアード・ミンク・コート。一九九九年には、『ヴォーグ』イギリス版のアレクサンドラ・シュルマンが …