雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ファッション

ネクタイ結び方で応用範囲の広い方法

投稿日:

もっとも応用範囲が広いネクタイの結び方には、どのようなものがあるでしょうか?プレーン・ノット(フォア・イン・ハンドとも言います)では結び目が細すぎ、逆にウインザー・ノットでは大きくなりすぎる。そんな場合には両者の中間であるハーフ・ウインザーが最適でしょう。それと同時に、どんなネクタイ、どんな襟型にも合う応用範囲の広い結び方でもあります。

ハーフ・ウインザーは、時にエスクァイア・ノットと呼ばれることもあります。ネクタイの細いほうの一端(小剣)を、左側に短く垂らし、太いほうの一端(大剣)を長く垂らす。そして両者を胸元で交差させる。つまりネクタイの小剣の上に大剣を重ねるわけです。ウインザー・ノットを少し省略した結び方ともいえるでしょう。

その次に、大剣を交差位置に一度からめてから、ループをつくり、そのループのなかに大剣を通して結ぶ。ごく簡単な説明ですが、これがハーフ・ウインザーと呼ばれる結び方なのです。とりあえずハーフ・ウインザーを手際よく結べるようであれば、毎日の出勤にはまったく問題ないでしょう。

上手なセンター・ディムプルのつくり方

上手なセンター・ディムプルのつくり方をお教えします。たとえばプレーン・ノット(一重結び)の場合を例にあげましょう。小剣の上から大剣を交差させ、輪のなかに大剣を通す。この直後すぐ、結び目を三枚に畳むようにして、くぼみをつくる。そしてこのくぼみをこわさないようにしながら、ゆっくりと結び上げる。たぶんこれで美しいセンター・ディムプルが完成するはずです。

センター・ディムプルという言葉を知っていますか?ネクタイの結び目すぐ下の、小さなくぼみのことですね。センター・ディントと呼ぶこともあります。ネクタイを結ぶということは、ある面、布地の広い部分を狭くすることでもありますから、当然、シワになる。これを単なるシワとせず、美しいヒダに仕上げようという考え方なのです。帯の結び方に流儀と美しさがあるようにネクタイにもそれがあるのです。

-ファッション

執筆者:

関連記事

no image

スリムな体型へ-秘密兵器的ファッションの裏ワザ

・スリムな体型への秘密兵器 少しゆとりのあるシルエットのほうが賢明でしょう。でも、たいていの場合、無意識のうちにタイトな服を選んでしまうのです。やや太り気味の人が注意すべきは、細身の服を着ないことです …

no image

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪うが

セクシーな女性の広告は間違いなく男性の目を奪う。素晴らしいマーケティング戦略だよ。セクシー路線で行けば、商品は売れまくると言うのは、ファッション・ディレクターだ。不思議なことに、今日、服を売るためには …

no image

毛羽立つ素材は炎の広がる表面積が大きい

「けば立った生地は炎の広がる表面積が大きい」。ネブラスカ大学でテキスタイル検査の仕事を行う研究所の所長を務めるキャロル・イーズリーが説明する。たとえば、木々の密生した森林で火事が起こると広がるのが早い …

no image

GAPってどこにありますか?いつでもどこでも誰にでも

世界のどこの街角でもGAPはGAPである。パリの由緒ある並木通りシャンゼリゼにあるGAPに入るのも、マイアミに新しくできたバカでかいドルフィン・モールのGAPに入るのも同じこと。ホルター・ネック前身頃 …

no image

クイックレスポンスに拍車がかかってきたファッション業界

デザイナーにメーカー、小売業者、果ては消費者までもが速いペースを保つよう強いられてきた。インデイアナ大学でアパレル・マーチャンダイジングの教鞭を執るデボラ・クリスチャンセン博士が語る。ドナテッラ・ヴュ …