雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

夏の入道雲風物詩ですが雷(熱雷)を発生させます

投稿日:

高い山でもアプローチが必要な所もあります。熱中症の予防の第一は水分を十分に摂ること、帽子を着用することです。睡眠不足を避け、無理な行程を組まないことは言うまでもありません。ガイドブックに夏は不適となっている山域は、そういう可能性のある山と思って間違いありません。季節を選ぶのは、高山植物や紅葉の美しさのためだけでなく、そういう危険性を避けるためでもあります。また、上昇気流を発生させ、積乱雲(入道雲)を発生させます。ムクムクと盛り上がる入道雲は夏の風物詩ですが、雷(熱雷)を発生させます。

好天が続く時は毎日同じような時間に雷や夕立がくることが多いので、昨日の天気や雷があったかどうかも聞けるチャンスがあれば恥ずかしがらずに聞きましょう。夏の暑さは平野部を暖め、猛烈なることは少なく、午後、夕立とともに訪れることが多いです。雨宿りのため高い木の下に隠れるのは危険です。最低一メートルは離れてください。早起きは三文の得です。それでも雷に遭遇した時は、できるだけ窪地や谷を見つけ、できるだけ姿勢を低くしましょう。夏山で朝早く行動することを勧めているのは、この雷にあわないようにするためと暑くなる前に行動するためです。

早起きしてもダメなものは台風と集中豪雨

早起きしてもダメなものは台風と集中豪雨です。でも、これは突然はやってきません。一生懸命計画したのに、計画を中止するのはつらいことですが、命には代えられません。雷には前線が通過する際に発生する雷(界雷)もあります。これは時間を選びませんが、ゆっくりした天候悪化を伴いますので退避する余裕があります。何もない稜線でははい松の中に潜り込むのも有効と言われていますが、山小屋、避難小屋、自動車があればその中に退避するのがべストです。

台風が発生したら、その位置を絶えず把握し早めに退却する勇気が必要です。最近はインフラが充実し、都会に住んでいると台風の脅威を感じないことが多いため、台風接近が伝えられても休日の新宿駅では山に向かう人がたくさんいます。中高年の方は台風がこわかった時代を知っている世代だけに、とても残念です、とベテラン登山家は言っています。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

登山のパーティーの役割や編成

・パーティー編成 先頭はサブリーダークラス、二番手に弱い人、最後はリーダーがついて後ろからメンバーの動きを見るのが基本です。行動中はパーティーの一番弱い人が中心になります。先頭の人はパーティーのペース …

no image

山で見かける野うさぎたち

ノウサギは、幹の直径が五くらいの若いキリやカキの木の樹皮、サクラの冬芽などが好物である。 顔を斜めにして懸命に認り、ときおり食事を中断して辺りを警戒し、長い耳をビンと立てて見回したに違いない。さらに足 …

no image

パーティーはリーダーだけでなく一人一人の役割が決まってることが必要

私は大学の山岳部に入部しました。そこはさいわいよき伝統を持つクラブですぐその役割を覚え実践することができました。リーダーが四、五、六と言えば四時起床、五時食事、六時出発なのです。行動が終わって幕営地に …

no image

夏山トレッキングの際の服装はどんなものがいいの?

大雪山系トムラウシ山の遭難事故では、なぜ下山を強行したのか、なぜ避難小屋に戻らなかったのか、疑問を呈されているところですが、さて、夏山登山で携行すべき防寒着は、フリースのジャケット1着でいいと思います …

no image

子供のかんしゃくやイライラ、ホームシックなど

今ここにないモノを懐かしく思い、そのありがたみを理解し、それが手に入れば恵みとして感謝することは、幼い子にもできる。長期旅行に出発する1週間前、娘が今度いつ、おうちに帰ってくるの?と聞いた。しばらくは …