雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

夏の入道雲風物詩ですが雷(熱雷)を発生させます

投稿日:

高い山でもアプローチが必要な所もあります。熱中症の予防の第一は水分を十分に摂ること、帽子を着用することです。睡眠不足を避け、無理な行程を組まないことは言うまでもありません。ガイドブックに夏は不適となっている山域は、そういう可能性のある山と思って間違いありません。季節を選ぶのは、高山植物や紅葉の美しさのためだけでなく、そういう危険性を避けるためでもあります。また、上昇気流を発生させ、積乱雲(入道雲)を発生させます。ムクムクと盛り上がる入道雲は夏の風物詩ですが、雷(熱雷)を発生させます。

好天が続く時は毎日同じような時間に雷や夕立がくることが多いので、昨日の天気や雷があったかどうかも聞けるチャンスがあれば恥ずかしがらずに聞きましょう。夏の暑さは平野部を暖め、猛烈なることは少なく、午後、夕立とともに訪れることが多いです。雨宿りのため高い木の下に隠れるのは危険です。最低一メートルは離れてください。早起きは三文の得です。それでも雷に遭遇した時は、できるだけ窪地や谷を見つけ、できるだけ姿勢を低くしましょう。夏山で朝早く行動することを勧めているのは、この雷にあわないようにするためと暑くなる前に行動するためです。

早起きしてもダメなものは台風と集中豪雨

早起きしてもダメなものは台風と集中豪雨です。でも、これは突然はやってきません。一生懸命計画したのに、計画を中止するのはつらいことですが、命には代えられません。雷には前線が通過する際に発生する雷(界雷)もあります。これは時間を選びませんが、ゆっくりした天候悪化を伴いますので退避する余裕があります。何もない稜線でははい松の中に潜り込むのも有効と言われていますが、山小屋、避難小屋、自動車があればその中に退避するのがべストです。

台風が発生したら、その位置を絶えず把握し早めに退却する勇気が必要です。最近はインフラが充実し、都会に住んでいると台風の脅威を感じないことが多いため、台風接近が伝えられても休日の新宿駅では山に向かう人がたくさんいます。中高年の方は台風がこわかった時代を知っている世代だけに、とても残念です、とベテラン登山家は言っています。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

交通ルールの基本を家族全員でおさらいして練習もしておこう

自転車ツーリングでは、交通ルールの基本を家族全員でおさらいして、練習もしておこう。交通量のある舗装路では、大人2人でリードと最後尾を担当する。よく目について、クルマのほうも気をつけてくれるからだ。泊り …

no image

山登りは簡単で非常に幅広く楽しめるスポーツ

山登りは簡単で楽な山から困難でしんどい山まで非常に幅広く楽しめるスポーツです。持病があっても十分楽しめ、適度な運動として身体にもよい対象も多くあります。また持病を自覚している人は慎重に計画し行動するこ …

no image

その日のために心の準備をしておきたい-ある家族のキャンプの話

ある家族のキャンプの話。ペンシルバニアからコロラドまでが1週間、あとは現地でラマを調達したり、オリエンテーリングの講習会に参加したりでもう1週間。あんな狭いところに計2週間も閉じ込められるのだ。もしこ …

no image

アウトドア用の傘はどんなものがいいのか?

チャイルドキャリアにはひさしがついているものもあり、雨や直射日光をさえぎってくれるが、それだけでは十分とはいえない。親の気づかぬうちに手足や頭を雨ざらしにしてしまう赤ちゃんもいる。そんなときは傘を試し …

no image

動物の中でも哺乳類は移動力がある

動物の中でも哺乳類は移動力がある。低山だけに棲息するというものは多くない。果実が好物のニホンザルは、低山の森の代表的な動物に思える。だが、北アルプスでは、春先に山麓部分にいたサルの群れが、暖かくなるに …