雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

西側世論がNATOの介入を支持するように仕向けること

投稿日:

国連は難民登録を始めた。こうした基本的な事実は、一九九九年三月にミロシェヴィッチが起訴された時にはよく知られていた。西側の富裕国の記録資料は三月二四日の空爆が始まるまで重大な変化を何一つ記していず、あるのはNATO軍の攻撃を受ける二日前に監視員が撤退した時、セルビア側の残虐行為が幾らか増えたことくらいだった。コソヴォはNATOの空爆以前から騒然とした場所で、その前年にはさまざまな勢力間の争いのために推定二〇〇〇人が殺されていた。

一連の恐ろしい犯罪が詳細にわたり記されていたが、ほぼ例外なく、いずれも空爆後に起こったものだ。三月二四日に空爆が始まると、ジョージ・ロバートソン英国防相(後のNATO事務局長)が下院で証言し、一九九九年一月半ばまでコソヴォ解放軍(KLA)の方がセルビア当局よりも多くの死者を出していたと述べた。彼らの目的はセルビア人を殺して激しい反動を誘発し、西側世論がNATOの介入を支持するように仕向けることだった。

四五人を殺害したとされる事件

彼が言及したのは、その頃CIAの支援を受けていたアルバニア系ゲリラのことだ。ロバートソンとクックは、一月一五日のラチャックでの治安部隊による大量虐殺に言及した。四五人を殺害したとされる事件だ。その後の議会の調査で、ロビン・クック外相が一月二八日に下院に対し、KLAは停戦違反を繰り返し、今週までの犠離者は、ユーゴスラヴィア治安部隊が出したものより多いと告げていたことが判明している。

事件後も、西側の記録では暴力行為の広がりに目立った変化はないので、彼らの下した結論、それが一月半ばに有効だったならば、三月末でも基本的には変わっていないわけだ。当時、そうした虐殺が米英の指導部にとって何ら憂慮すべき事態でなかったのは明らかだ。従って、そのすぐ後に東ティモールのリキサで起きた虐殺は、ラチャックよりも遥かに残虐な事件であり、しかも同様の残虐事件の一例にすぎず、自衛を口実にはできなかったことになる。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

アメリカの自由と正義を守るために自由が必要である

国際司法裁判所は、一九八六年に米国政府の主張を退けニカラグアの言い分を認めた。世界秩序を守ることで知られている法曹界の権威はこの判決を受け入れず、その根拠として、アメリカが自由を守るために自由が必要で …

no image

国際的無政府性-上位の政府が存在しないこと

国際的無政府性ー上位の政府が存在しないこと一は、もし一定の基本原則が遵守されるならば、必ずしも混乱と同義ではない。主権と非介入こそが、無政府的な世界システムに秩序をもたらす2つの原則なのである。それと …

no image

アメリカの軍拡がソ連を屈服させた

1980年代のアメリカの軍拡がソ連を屈服させた。これは、ロナルド・レーガン大統領の政策によってソ連の帝国的過剰拡張が白日の下にさらされた、という点である種の真実を含んでいるが相退本的な問題の回答にはな …

no image

クウェートの石油生産と投資からの利益に大きく依存していたイギリス

ナセルは非同盟運動を支えた人物であり、彼の影響力は他国にも及び、独立の機運を促すのではないかと恐れられた。中東では悪漢はナセルであり、狼狙した米英の指導者からは新しいヒトラーと呼ばれていた。こうした不 …

no image

社会・個人レベルの分析やコンストラクティヴィズムの説明に目を向ける

われわれはシステム上の説明を超えて、社会・個人レベルの分析やコンストラクティヴィズム[構成主義]の説明に目を向けなければならない。社会レベルでは、米ソ両国はお互いに大いに異なっていた。 国際政治の鍵と …