雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

馴れ馴れしさと親しさの区別

投稿日:

親しさの表現は案外難しいもの。土足でズカズカでは困りますが、遠慮しあっていてはなかなか打ちとけられませんものね。そんな時、プラスのひと言がクッションになり、質問をする側とされる側が思わずクスンと笑顔を交わすこともできるのです。友達同士とはいえ、馴れ馴れしさと親しさの区別ができなければ、いい関係を長続きさせられません。馴れ馴れしさというのは、打ちとけすぎてぶしつけになることです。

ひと言の心遣い。それをすることで親しさが表現され、馴れ馴れしさが退場します。立ち入ったことをお尋ねしてしまうかしら。でも知りたいのへんな質問だったら、ごめんなさい。間柄によって、いろいろに変化させて使ったらいいでしょう。肝心なのは、正直であること。さまざまなひと言を各シーンに合わせて追加すると、ハートの体温が伝わります。

危険なひと言

危険なひと言というのがあります。毎日の生活にしょっちゅう登場する「そうだね」です。たとえば、こんなシーンを想像してみてください。金曜日の夕方。銀座通り。あなたは友達とウィンドーショッピングの最中です。あらッ、あのスカーフ、すてきッと、友達が立ち止まります。でも、あなたにはそれがすてきだとは感じられない。むしろ、嫌いなタイプ。デザインも色合いも好きじゃない。

けれど友達のうれしそうな声を聞くと、ホントは同意したくないのに、ま、たかがスカーフ一枚のことだ、プツブツ言っても仕方がないや、と譲ります。「そうね」と。あのー、ちょっとお尋ねいたしますお待たせしました、お先に恐れ入ります、平凡なひと言だと見くびらないように。こころの余裕や品性を表すひと言です。想いを言葉にする。正直に言葉にする。それが相手のこころをノックするのです。

質問をしそびれた時のひと言は?あのね、言いそびれてしまったんだけど、さっきの話の最後のところでわからないことがあった。今、質問していい?タイミングをはずしてしまったことでも、正直に事実を話して質問してみます。理由を説明して気持ちを伝えるのです。言葉に詰まり、何と言っていいかわからない時は何と言ったらいいのかわからなくてと、ひと言でいいのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

心を偽るよりずっとラクになれること

彼に不快な思いをさせてしまったらイヤだし、傷ついた彼にサヨナラと言われるのも怖い。だってそれは、恋愛でカッコ悪いエラーをすることになるから、もし今、あなたがそんなふうに考えているとしたら、遅かれ早かれ …

no image

自分の頭で考える感想を口に出してみる

「フーン、そういう見方もあるのか」もしかしたら、彼はあなたの感想にびっくりしたり喜んだりするかもしれません。とにかく言ってみることです。人間って、いくら親しい関係でも、相手が何を考えているのかは話さな …

no image

二重人格で自分が不気味な性格だと思うのは違う

自分自身の認識を再チェックして、言動力を身につけましょう。「自分でも不気味な性格だなって思う。二重人格なのかなあ。私は自分がどういう性格なのか、さっぱりわからないのよ。外見はおとなしく見えるらしいのね …

no image

気配り、心配りに欠けていると

苦情を申しこまれ、窓口でやりとりをしているうちに、相手をかんかんに怒らせてしまうということがあります。そのようなときには、「ここではなんですから、どうぞ応接室のほうでお話を承りたいと存じますが」と、案 …

no image

司会の仕事を頼まれてしまったら

司会の仕事を頼まれてしまったら。 司会者になったからといって特別にあらたまった言葉を使う必要はありません。ところでというように、必ず司会をする立場と自分の名前ははっきり会場の人々に知らせておかなければ …