雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

難民キャンプで数百人の市民に対する大虐殺事件は行なわれたのか

投稿日:

レビュー誌によると、授賞理由は、きわめて重要な問題一つに焦点を絞って攻撃を精査したこと、だった。イスラエルがヨルダン川西岸とガザを占領して三五年目に当たる二〇〇二年春、シャロンはジェニンやナブルスやラマッラなどを攻撃したが、メディアの監視人として最も名高いコロンビア・ジャーナリズム・レビュー誌は、米国メディアがその攻撃を報道した功績を称えて栄誉賞を贈った。

行われていないなら、文明人は穏やかに受け入れられるのである。その問題とは、ジョンの難民キャンプで数百人の市民に対する意図的な大虐殺が行われたかどうか、というものだ。ここで、ちょっと考えてみよう。例えば、ユダヤ人の町を荒らし回り、ブルドーザーと戦車で広範囲に破壊し、食料も水もなく医療も受けられない状態で何週間も人々を包囲し、文化施設や行政機関や貴重な遺跡を破壊して、頭上で鞭が構えられていることをあらゆる手段でいまいましいユダヤ人に思い知らせる一方、一度に数百人は虐殺しなかったとする。

反アラブの人種主義者のみが異を唱える

イスラエルが今やっているのと全く同じやり方で占領し、更に二〇〇二年のシャロンの攻撃と全く同じことをしたとする。シリアがイスラエルを三五年間にわたり占領していたとする。身体の不自由な車椅子のユダヤ人が殺されてシリアの戦車に轢かれ、ばらばらになった遺体が発見されても、全く注目されず、ましてや厳格なアメリカの正義など適用されないはずだ。栄誉賞の基準に従えば、反アラブの人種主義者のみが異を唱えるはずだ。

レヴュー誌はジェニンの記事について論評し、イギリスの報道機関がイスラエルの罪が立証されたかのように扱ったと非難した上、国連の計画する調査は、政治的に偏った調査団によるもので、結論の正当性に疑問符がつくのは間違いないとこきおろした。このような混乱を増大させる雑音の中で、一体何を信じるべきなのかとも編集者は問いかけた。これぞレビュー誌の独立した考えというものだという。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

過激な政策制度を公式に宣言

チェイニーラムズフェルドパウエル及びその仲間は、過激な政策を公式に宣言していた。必要であれば軍事力にもの言わせて、永久に世界の覇権を握ることを目指す政策を発表したのだ。大国はやりたいことをやり、小国は …

no image

厳密な非介入の原則の例外

厳密な[非介入の]原則の例外は、1967年のイスラエルの攻撃に見られるような、予防的先制介入である。国家の領土的一体性と政治的主権に対する明白にして十分な脅威が存在すれば、国家はただちに行動しなければ …

no image

世界支配の基本的な使命は戦後まもない時期から変わっていない

国家の政策が目指すべきなのは、アメリカの市場進出と政治論文配に対しては開かれ、競合相手の出現や脅威は許さないシステムを世界に築くことであった。結果として、独自の発展に向けた動きは何でも警戒して阻止する …

no image

核戦争の回避

政治的影響は、超大国間に慎重さに基づいた事実上の連携ができあがったこと。両超大国は、激しいイデオロギーの相違があったにもかかわらず、1つの共通する重要な利益を見出した。つまり、核戦争の回避である。 核 …

no image

パレスチナ代表団はハイダル・アブド・アルシャフィに率いられていた

アルシャフィは高潔な人柄で知られた保守派のナショナリストで、パレスチナでも特に人望の厚い人物だった。代表団は、占領地でイスラエルが入植計画を続行させることに同意せず、交渉は行き詰まった。パレスチナ代表 …