雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

難民キャンプで数百人の市民に対する大虐殺事件は行なわれたのか

投稿日:

レビュー誌によると、授賞理由は、きわめて重要な問題一つに焦点を絞って攻撃を精査したこと、だった。イスラエルがヨルダン川西岸とガザを占領して三五年目に当たる二〇〇二年春、シャロンはジェニンやナブルスやラマッラなどを攻撃したが、メディアの監視人として最も名高いコロンビア・ジャーナリズム・レビュー誌は、米国メディアがその攻撃を報道した功績を称えて栄誉賞を贈った。

行われていないなら、文明人は穏やかに受け入れられるのである。その問題とは、ジョンの難民キャンプで数百人の市民に対する意図的な大虐殺が行われたかどうか、というものだ。ここで、ちょっと考えてみよう。例えば、ユダヤ人の町を荒らし回り、ブルドーザーと戦車で広範囲に破壊し、食料も水もなく医療も受けられない状態で何週間も人々を包囲し、文化施設や行政機関や貴重な遺跡を破壊して、頭上で鞭が構えられていることをあらゆる手段でいまいましいユダヤ人に思い知らせる一方、一度に数百人は虐殺しなかったとする。

反アラブの人種主義者のみが異を唱える

イスラエルが今やっているのと全く同じやり方で占領し、更に二〇〇二年のシャロンの攻撃と全く同じことをしたとする。シリアがイスラエルを三五年間にわたり占領していたとする。身体の不自由な車椅子のユダヤ人が殺されてシリアの戦車に轢かれ、ばらばらになった遺体が発見されても、全く注目されず、ましてや厳格なアメリカの正義など適用されないはずだ。栄誉賞の基準に従えば、反アラブの人種主義者のみが異を唱えるはずだ。

レヴュー誌はジェニンの記事について論評し、イギリスの報道機関がイスラエルの罪が立証されたかのように扱ったと非難した上、国連の計画する調査は、政治的に偏った調査団によるもので、結論の正当性に疑問符がつくのは間違いないとこきおろした。このような混乱を増大させる雑音の中で、一体何を信じるべきなのかとも編集者は問いかけた。これぞレビュー誌の独立した考えというものだという。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

介入について国家中心的道義主義者などの見解は違う

懐疑主義者にとっては道義的判断は意味がないが、リアリスト[現実主義者]やコスモポリタン[世界市民主義者]や国家中心的道義主義者は、それぞれ介入について異なる見解を持っている。 リアリストにとって、国際 …

no image

アメリカの覇権はいつまでも永久に不滅

サダム・フセインをアメリカへのさし迫った脅威とするプロパガンダ・キャンペーンが始まり、フセインは9・11の残虐行為に関与しただけでなく、更なる攻撃も計画しているとほのめかされた。このキャンペーンは議会 …

no image

分離運動が正統な支援の対象になりうるのはいつなのか

いったい分離運動が[正統な]支援の対象になりうるのはいつなのであろうか?彼らの成功が、[国家として承認される]価値を生むのであろうか?ミルの議論は、部分的にはそうである。すなわち、正統な国民[nati …

no image

キューバミサイル危機の最も劇的な瞬間

ミサイル危機の最も劇的な瞬間は、一〇月二五日の安全保障理事会で、アドレイ・スティーヴンソン国連大使によってもたらされた。キューバにあるミサイル基地をアメリカの偵察機が撮影した写真を公表して、ソ連側の欺 …

no image

ヒスパニック系の麻薬密売人が社会の脅威になっていると大裂婆に宣言

ニューヨーク・タイムズ紙の法律問題アナリストのアンソニー・ルイスは、たびたび暴力的行為に及ぶ者に対する暴力は、自衛行為として正当化されるという法的主張を、レーガン政権がより所とすることを賞賛した。アラ …