雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

健康

仲間と怒りと人生のステップ

投稿日:

仲間には2種類あります。ひとつは「恐れに向かって進む仲間」。あなたが前進しようとしたときにあらわれて、あなたを助けてくれます。もうひとつは「罪悪感をともにする仲間」。あなたが進歩する恐れから逃げて、堕落的な方向へ進もうとするとあらわれて、堕落を加速させる悪い仲間です。

彼らはあなたが成長しようとすると、引きずり降ろそうとするので厄介です。あなたはどちらを自分の仲間として選びますか?一度よく考えてみるといいでしょう。

人生のステップで前進しようとするときに抱くのが《恐れ》。ステップから逃げたときに感じるのが《不安》。その不安をごまかしているときに抱くのが《罪悪感》です。恐れにひるまず前進すると決めると、運がよくなり、サポーターもあらわれます。

「怒るのは悪いこと」というしつけや教育を受けて、そのように思いこんでしまっていますが、本当はこういった「純粋な怒り」は、とても大切なものです。これを抑圧してしまうと、こころを弱め、運気も落としてしまいます。

子供の頃に兄弟ゲンカをしていると、「仲良くしなさい」「そんなに怒るものじゃありません」と親に叱られましたね。でも幼い頃の怒りは、自分がぶたれたり、ゴハンのおかずをとられたりして危機を感じたため、反射的に生じた「純粋な怒り」です。

怒りの本質

怒りの本質は、「自分を守り、敵を払いのけるためのエネルギー」です。こころにそなわっている、自然で必要な機能なのです。人生の中で、自分の発展・成長の進路をジャマされたときに、怒りは必要です。悪い縁を断ち切るときにも、怒りが必要です。

レストランで子どもが騒いでしまい、ビックリするような金切り声で叱りつける親がいますが、そこに本当にあるのは、親として恥ずかしいといこり思いや、子どもが自分の思いどおりにならないことにたいする不満です。こういったにせものの怒りは、どんなに外に怒りとして吐き出しても、本人のこころがラクになることはありません。

「それ以上の攻撃は許さない!」という怒りの表現ができないと、自分のこころを防衛できませんし、人生を発展的に築いていくこともできません。

-健康

執筆者:

関連記事

no image

太っている人の食生活や太る原因

統計によると、太っている人はある種のホルモンを分泌し過ぎる一方で他のホルモンが十分に出ていない可能性が高い。空腹感を覚えるのは、消化酵素の不足とカンジダ菌の異常増殖のせいで栄養を消化吸収できていないか …

no image

ヨーグルトは消化に悪い?リウマチになることも

・ヨーグルトでリウマチになることも 最近では食事を通じて健康になろうという意識をもつ方が多く、さまざまな食事健康法に注目が集まっていますが、健康によいとされるポピュラーな食材に、ヨーグルトがあります。 …

no image

実践より理論を重視してその理論的な枠から飛び出せない

実践より理論を重視して、その理論的な枠から飛び出せない。いかにもドイツ人の気質を象徴しています。その意味で、ドイツ医学は治療学ではなく分析学です。緻密にいろいろと分析していく学問です。そして、いまでも …

no image

コエンザイムQ10が乳癌の緩解にも肝臓癌の緩解にも寄与

補酵素コエンザイムQー10は癌の治療で研究が行われている。とくに乳癌の治療で効果が注目されていて、劇的な成功例が報告されている。心不全に補酵素コエンザイムQー10を用いた先駆者の一人であるドクター・フ …

no image

瞑想とは何か?練習すれば誰でもできます

・瞑想ってどんなもの?練習すれば誰でもできる それは、鉄棒の逆上がりはこうすればできますというようなものです。瞑想はノウハウですから、練習すれば誰でもできるようになります。多くの人がどんどん上達された …