雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

内臓逆位で心臓も逆に!?鏡の世界に戸惑うお医者さん

投稿日:2015年4月16日 更新日:

検診の結果報告のため、わざわざ担当医に呼びつけられたGさん、なにか悪い病気かと戦々恐々であった。先生、なにか見つかりましたか?いや、別になにもありませんよ。診察室に入ると、担当医は深刻な面持ちでシャーカステン(照明器具)のレントゲン写真に見入っている。心臓がドキドキしちゃいますよと、右胸を手で押さえるGさん。ただねえ・・エッ、なんですか、先生、心配だなあ。Gさん、それ右胸じゃないですか。

心臓は左、あっ言いながら気づいた当の担当医。実はGさんは世にも珍しい身体の持ち主。右にあるべきのものが左に、左にあるべきものが右にあるのである。つまり、なんと内臓がすべて普通の人と反対の位置にある、内臓逆位、というやつなのである。こういう人は数万人に1人くらいの割合でいるという。あまり知られていないことなので、皆さんも始めて聞くかもしれないが、内臓がすべて普通の人と反対の位置にある人が、ごくまれにいるのだ。

ほかならぬその事実を告げようとしていたが

Gさんを呼びつけた担当医は、ほかならぬその事実を告げようとしていたのだ。なのに・・。ハハハ、もうイヤんなっちゃう、どこそこが痛いっていっても押さえるところが人と反対なんで、いっつも変に思われるんですよ。フフフ、そうでしょうねえ。自分の身体のことだもの、そんなことは子どものころから百も承知のGさん。それにしても、世の中いろんな人がいるものである。

心臓が右側にあるとは。たちまちその場は笑い話に。レントゲン写真をひっくり返し、裏返して張りつけた担当医。そうだ、こうすればいいね。この胃のかたち、へンだぞ?いや・・だから。ああ、そうかそうか・・言ってるソバから、またまたこれだ。人間、長年こうと思い込んできたことは、なかなか簡単にひるがえせないものである。担当医がGさんの体内の秘密をちゃんと理解するには、まだまだ時間がかかりそうだ。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

医学研究種類の細分化が引き起こす患者を人として見ることの欠如

医学研究を進めていく上で、細分化、専門化することは必要であり、科学の一つの方法であるが、最終目標が臨床医ということであれば、なぜ病気になるのか、病気になるとなぜ人問は苦しむのか、社会的にはどういうこと …

no image

インフルエンザウイルスの新型と季節性について

インフルエンザは多々ある年で10人にー人が必要になる、国民的な感染症でもあります。 発症すると38度以上の発熱、頭痛、せき、鼻汁、筋肉・関節痛などの症状が現れます。 その真の怖さは強力な伝染力にありま …

no image

終末期の定義と厚生労働省

後期高齢者終末期相談支援料は、凍結されたが、厚生労働省は医療費を減らすために、このような考えを持っていたことは事実だ。言っておきたいのは、寝たきりになったり、末期になってまで生き延びたいとは思わないと …

no image

機能不全家族で育った子供の悪影響

世間体を気にして表面を取りつくろう家庭や、家族の病気や障害、仕事など、一見、平穏に見えても大丈夫だとは限らない。 秘密が多い家庭も、機能不全とされている。一見、平穏に見えても、しょっちゆうケンカをして …

no image

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をしたというある医師

語学は遺伝に関係ないと思って勉強をした、というある医師。それでも、中2で勉強を始めた際には、灘のほかの連中は中学の教科書が終わっているのだから、追いつくのは苦しかった。しかし、よくよく考えると中学で進 …