雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

内科と歯科の連携が崩れてしまったある事件

投稿日:2015年3月31日 更新日:

E歯科とO内科は隣同士。今年は上の子がそろって有名私立中学に合格。家族ぐるみのつき合いも末永く続きそうだ。
糖尿病になりそこねたある歯医者の話である。年齢もほとんど変わらず、開業した時期も同じなので院長同士仲がいい。そんなふうだから、双方の患者も快く紹介することができる。持ちつ持たれつというわけだ。おかげでどちらも商売繁盛。歯痛の患者が風邪気味ならO内科へ、腹痛で来た患者が差し歯にしたいならE歯科へといった具合である。

E院長は42歳。O院長の強い勧めもあって、ここらでひとつオーバーホールを、と健康診断を受ける気になった。これまで病気らしい病気はしたことがないが、そろそろ健康が気になる年齢ではある。ひととおりの検査を終えて数日後の朝、O院長から突然電話がかかってきた。B突然の言葉にE夫人は受話器を落としそうになった。いや糖値がね、すごいんですよ。大変なもんです。E夫人が出ると、あ、奥さん、ご主人ね、もうリッパな糖尿病ですよ。えつ、リッパな・・トウニョウ?

それにしてもなんでわが家の大黒柱が

それにしても、なんでわが家の大黒柱が。こちら側のショックとは裏腹に、声が妙にはずんでいる。あまりの糖値の高さにO院長は興奮気味。糖尿病、食事療法、失明、というひとつの図式が家族全員の脳裏をかすめる。突然の宣告に、その日のE一家は不幸のどん底に落とされた。不安は増すばかりである。と、夜になって長女が思い出したように言った。

ねえ、パパ、検査の前の日、リンゴジュースをガブ飲みしたじゃない、あれ関係ないのかなあ果たして長女の言うとおりだったのか、後日再検査した結果、糖値は正常であった。検査の前日ジュースをガブ飲みする患者も患者だが、最初の尿検査だけで、りっばな糖尿病、と言ってしまう医者も医者。それにしても、歯医者だってそのくらい知っていそうなものなのに。E歯科とo内科はなにこともなったように、今も変わらぬ近所づき合いをしているが、あの驚標の一夜を境にO内科への患者の紹介数は、ぐっと減っているのは確かである。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザはなぜ毎年冬に蔓延するのか

インフルエンザウイルスを拡大させる条件として、温度があげられます。湿度の度合いにより、インフルエンザにかかりやすくなることがあります。 乾燥は防御機構を破綻させる環境を作り出す可能性があります。粘膜上 …

no image

市販薬の種類が増えている理由

現在、市販薬においてはまだ多くの合剤が見られます。その代表がテレビのCMなどでおなじみの総合感冒薬です。総合感冒薬の場合ですと、解熱鎮痛剤、消炎酵素剤、鎮豚剤(咳止め)などが含まれていて、それらを一つ …

no image

診断書を偽造させようとする人がいる

診察室に入るなり、ああ、女医さんだ。ニカッと笑みを浮かべるオバさんには、嫌な予感があるようです。そんなオバさんは、下心を抱いている場合が多いのです。 たとえば、来週の月曜日からハワイ旅行に行くんで、会 …

no image

おすすめの消化器内科求人を紹介してもらえる会社を紹介

消化器内科のドクターは、一般の内科の先生の求人についで、求人が多い科であるようです。消化器内科のニーズは高く、色々な施設での求人があります。消化器内科は求人が多いので、求人を探す場合に、比較的良い求人 …

no image

臨床研修制度は研修医の劣悪な労働環境を変えていこうという目的もあった

医療行為についての保険の点数もまったく同じだし、開業する気になれば、卒業してすぐに開業できた。医者と見なされていたので、病院でも一人前の扱いでアルバイトもできた。学生時代から添乗員のアルバイトをしてい …