雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ニキビ

内服できる力プセル状のヒトプラセンタってあるの?

投稿日:

・なぜ、プラセンタでアトピー性皮膚炎が治るの?

メカニズムを解き明かす仮説として有力なのは、プラセンタのある成分(未知)が、そのリンパ球にアポトーシスという変化を起こさせる作用があるというものです。アポトーシスとは、細胞そのものが自己消滅していく変化のことです。つまり、プラセンタの成分によって、異常機能を持ったリンパ球が、自然に滅びてなくなってしまうというのではないかという説です。

アトピー性皮膚炎では、何かの異変で機能の高まったリンパ球が皮下に多く観察され、そのリンパ球が皮膚を攻撃するのが直接の原因といわれています。プラセンタがどのようにしてアトピー性皮膚炎に効くのかについては、千葉大学などで研究されていますが、正確なメカニズムはまだ解明されていません。

内服できる力プセル状のヒトプラセンタ

・注射では面倒。内服できる力プセル状のヒトプラセンタはないの?

内服剤もあり、その効果は注射薬に劣るものではありません。この内服剤は、アメリカでは国立衛生研究所が定めた「アンチエイジング・プロトコール」のニューの1つに定められています。日本の医療機関でも、同じような若返りプログラムが行なわれています。日本では、希望者の体の状態と目標に応じて、処方内容のパターンを工夫しています。このプロトコールには、カプセル剤にしたヒトプラセンタを大量投与(1日Bカプセル)し、成長ホルモンの注射も同時に行なうなどのメニューが含まれています。

・男性もスキンケアをする時代。でも男性がプラセンタを使っても平気なの?

男性に投与しても、女性と同様に男性に肌つやがよくなる効果も認められ、若々しい姿に変わっていきます。ホルモンの成分が含まれているわけではないので、男性に投与してももちろんかまいません。このほか、男性には、とくに生活意欲面の回復効果が大きいようです。日常の生活意欲が低下して、おもしろくない毎日を送っていた人が、急に元気になった例がよく見られます。

-ニキビ

執筆者:

関連記事

no image

メラニン細胞刺激ホルモンの作用による刺激

チロシナーゼはもともとメラニン細胞のなかにある酵素で、美白化糖品では、このチロシナーゼの働きをどれだけ阻害できるかというのが、効果の目安にされています。メラニン細胞がメラニン色素をつくり出す原因には、 …

no image

生理前のスキンケア-活性化させるケアは控えること

・肌を活性化させるケアは控えて 生理前は子宮内膜を厚くして妊娠を維持しやすくする黄体ホルモンの分泌が増える影響で、いつもより肌の状態が敏感になっています。生理前・生理中の肌は特に敏感になっているので、 …

no image

ビタミンCには高い漂白作用があります

ビタミンCによる美白効果を狙うなら、普段から定期的に摂取しておくことが一番です。一方では、日焼けの直前または直後に、ビタミンCを大量に使うことで、日焼けによるダメージを予防したり、実際に日焼けでダメー …

no image

血液のサラサラ度と肌の関係は?

・血液のサラサラ度と肌の関係は? まず、皮下脂肪のなかにあるカロチン色素の影響です。これは黄色みをおびた色調をしています。次にメラニン細胞から生まれるメラニン色素の量です。そして、3番目が、皮下を流れ …

no image

シミ取りクリームの効果

きめ細かく、うるおいのある肌をつくるには、上皮細胞のなかにある水分と脂質のバランスが決め手です。皮膚(肌)の表面には、体のなかの水分の蒸発を防ぐため、うっすらと皮脂膜が張られ、さらに、上皮細胞の隙間に …