雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ネットショップ

難しい言葉や漢字は避ける-文章は読み手の立場にたって

投稿日:2015年4月15日 更新日:

ネットショップの文章がわかりにくいと、売れないため、収入ゼロが約束されます。文章は読み手の立場にたって書きます。読み手にこちらの意見や、考えをわかりやすく、間違いなく伝えるのが目的です。そのためには、上司への報告書、取引先への文書も、よくわかる読みやすい文章でなければ、目的は達成できません。あまりやさしい書きかただと常識や教養を疑われそうです。

そのために、むずかしいことばや漢字を使いたくなるものです。落とし穴でわかりにくければ勘違いです。むずかしいことばは、落とし穴です。気をつけましょう。

むすかしいことばを使わないために、辞書を引く上司に提出する報告書や、取引先への文書など、いわば公的な文書を書く場合、相手は小学6年生ではありません。見てもらう人がいないときは、丸1日たってから読み直してみます。けっこう読みにくかったり、わかりにくいところに気がつくものです。

かんたんでやさいしいことばを見つける方法

考えなくても、かんたんでやさいしいことばを見つける方法があります。それは辞書を引くことです。むずかしいことばを引くと、やさしいいいまわしで説明してあります。見てもらう人の数が多ければ多いほど、より多くの人にわかりやすい文章になっていきます。社内の報告書や取引先との文書は重要です。

それに劣らず重要なのはネットショップの文章です。いちばんの目的である販売に直結しているからです。簡潔で要領を得た文章であればあるほど、書き手の常識や教養の高さが伝わるものです。

むずかしいことばを使わないために、つぎの三つのことを考える習慣を身につけましょう。同じことばの、別のかんたんな表現をさがす・同じ意味の、別のかんたんなことばをさがす・ひらがな表記にする。そのうえで、思いつくかんたんなことばを使うようにします。本来の辞書の目的は自分で書けないむずかしい文字をさがすことです。その逆も真なりというわけです。

ネットで稼ぎたいなら、ポイントサイトがおすすめです。私が一番稼げているのはポイントサイトは、げん玉(会員数500万人)というサイトで、ここなら毎月5万円は稼げます!

-ネットショップ

執筆者:

関連記事

no image

ホームページ作成ソフトは初心者にかなりおすすめ

こだわったネットショップの構築を目ざすのであれば、ホームページ・ビルダーといったホームページ作成ソフトを導入し、使いこなせるようにしましょう。Webデザイナーに頼まずにちよっとした修正ができるようにな …

no image

アクセスチェックは本格的なツールを導入しよう

検索サイトでアクセスログ解析無料といった言葉をキーワードに検索すると、いろいろなツールがヒットするはずです。無料で使えるといっても、別途有料版もある場合、無料版には機能制限があったり、バナー広告の掲載 …

no image

ピックアップコンテンツ-サイトの構造をつくる前に

~必要なコンテンツを洗い出す~ まずは必要とされるコンテンツは何かをピックアップしていきます。それをもとに予算やスケジュールも計算に入れつつ、今回のリニューアルに必要なコンテンツに絞っていくとよいでし …

no image

クレジットカード決済などの導入

クレジットカード決済の場合、商品購入時にWebサイト上でクレジットカード番号などを入力することで支払いが完了します。クレジットカードで支払う方が楽という顧客も多く、ぜひとも導入したい決済方法です。VI …

no image

ネットショップの商品は今も昔もそれほど変わっていない

ネットショップは、小規模事業者の場合には、特産品や生鮮食品、オリジナル商品、雑貨品など、自らが探し当てたブランド品や専門的な知識が必要になる商品などが中心となり、趣味や生活に根ざしたカテゴリーでの出店 …