雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

無地の壁紙クロスの張替えのコツ

投稿日:

・無地の壁紙

表面の層だけがうまくはがれればベスト。壁紙の選択ですが、初心者はなるべく無地のものを。壁に古い壁紙が張られているときは、これをはがします。後に残った紙は新しい壁紙の下地に流用できます。うまくはがれないようなら、霧吹きで水をたっぶりふくませながらスクレーパーでこそぎ取っていきます。合板はサンドペーパーをかけておくと作業がしやすいでしょう。砂壁や繊維壁には下地調整紙を張る必要があります。まず、必要な壁紙の量を計算し、必要量の10パーセントくらい余分に買っておきます。

柄物は柄合わせが難しい場合があるからです。壁紙には、ノリが付いているものと付いていないものがあります。比較的簡単なノリ付きを選びましょう。ノリ付きにもいくつか種類があります。塗られているノリを水でもどすタイプや、裏紙をはがして使うシールタイプなどです。下地に合ったノリをオーダーてきる壁紙もあります。張り直しのきくものを選んでおくとよいでしょう。

一枚目が肝心

一枚目が肝心です。準備が整ったら壁紙をカットします。それぞれ必要な長さに両端5~10mずつ余裕をとって切るようにします。張るときは、一番最後に張るところをまず決めます。壁紙を張る作業はやればやるほどうまくなりますから、最も目に付くところを最後に回します。そして目立たないところから練習の意味もふくめて始めるとよいでしょう。柄物の場合は、柄合わせに注意が必要です。

余った部分はカッティング定規を当て、カッターて切り取ります。糸におもりを付け天井からぶら下げて正しい垂直を出し、それに合わせて線を引き、張り込みます。張ったら、なでバケなどで空気を追い出し、へラで継ぎ目をしっかりきめ込みます。はみ出したノリは、ぬれぞうきんできれいにふき取ります。二枚目からは、壁紙の耳の部分を重ねて張ります。重なった部分は中央をカッターて切り、一枚目、三枚目とも取り除いて、継ぎ目がぴったり合うようにします。継ぎ目はローラーで押さえます。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

椅子の座面の張り替えの方法

・イスの座面を張り替える 座面の張り替えだけも部屋のイメージチェンジになります。布張りのイスは汚れやすいもの。座面の枠がネジやクギ、タッカーで止められているものなら張り替え可能。タッカーで止めるのは簡 …

no image

マンションの仕切りを収納に活用する方法

・マンションの仕切りを収納に活用 使い勝手を考えるとベランダに置いておきたいけれど、それではベランダが雑多な印象になってしまう。ベランダのハンガーや洗濯バサミ、布団バサミなどは、収納場所にちょっと困っ …

no image

セーターの収納をアップする術

・セーターの収納力をアップするテク もし収納スペースに限りがあるのなら、収納力をアップさせる方法を探してみることだ。捨てる、処分するというのは、最終的にモノがあふれたからやむを得ずという人が多い。そこ …

no image

家具に移動できるキャスターをつけるといい

・家具にはキャスターをつけて 掃除機をかけようにも、いろいろなものがじゃまになって、ついつい隅っこのほうがおろそかになってしまう。大画面のテレビ、サイドボード、AVポードなど、リビングは家電や家具が所 …

no image

ビデオテープの上手な収納方法

・ビデオテープケースのスッキリ収納術 収納ラックを買うと、かなりのスペースを取られてしまうし、そこに入りきらなくなったテープが、またまわりに山積みになってしまう。どんどん増える一方のビデオテープ。そこ …