雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

ムッソリーニとファシズムかジオリッティと社会主義か

投稿日:

ムッソリーニとファシズムか、ジオリッティと社会主義か。イタリアは明白な選択を迫られている、と彼は国務省宛に書いた。ジオリッテイはイタリアのリべラリズムの指導的人物だった。ファシズムへの支持は直ちに表明された。イタリアでファシスト政権が誕生し、それによって議会制度が速やかに崩壊させられ、労働運動及び野党が暴力的に弾圧されると、へンリー・フレッチャー大使はその政権誕生を称える見解を表明し、以後はそれがイタリアを始めとする地域に対するアメリカの政策を導く前提となった。

イタリア駐在の米大使ウイリアム・フィリップスは大衆の置かれた状況を改善しようとするムッソリーニの努力にいたく感動し、ファシストの見解に賛成すべき多くの証拠を見出し、国民の福利がその主たる目的である限り、彼らは真の民主主義を体現していると述べた。一九三七年に、国務省はまだファシズムを中道勢力と見なし続け、彼らが成功しなければ、今度は幻滅した中流階級に後押しされて、大衆が再び左翼に目を向けるだろうと考えていた。

一九三九年にも、ローズヴェルトはイタリアのファシズムをまだ実験的な段階にあるが、世界にとってきわめて重要と見ていた。国務省はそれに強く賛同し、やはりムッソリーニがオビアで成し遂げた偉大な功績を称え、ファシズムが混乱状態に秩序を取り戻し、放埼さに規律を与え、破綻に解決策を見出したと賞賛した。フィリップスは、ムッソリーニの実績は驚異的で、常に人を驚かし続けると考え、人間としての偉大な資質を称えた。

ェコスロヴァキアを解体したヒトラー

一九三八年に、ローズヴェルトとその側近サムナー・ウェルズは、チェコスロヴァキアを解体したヒトラーのミュンへン協定を承認した。ウェルズはこの協定が正義と法に基づいた新たな世界秩序を、諸国が打ち立てる機会を提供したと感じていた。

一九四一年四月、ジョージ・ケナンはべルリンの大使館からこう書き送った。ドイツの指導者たちは自国の支配下で他民族が苦しむのを見ることを望んではいず、新たな臣民が彼らの保護下で満足しているかどうかを気遣って重大な妥協を図り、好ましい結果を生み出している、と。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも

プロパガンダの効果は戦争終結後も続いた。大量破壊兵器の発見に向けた必死の努力が不毛に終わってからも、国民の三分の一は米軍がそれ発見したと信じており、二〇%以上はイラクが戦争中に大量破壊兵器を使用したと …

no image

開戦以前に大衆が戦争に反対する事態は前例のない出来事だった

プロパガンダの見地からすれば、史上最強の国家はその行動について正当化することも、真剣に議論することも必要ない。戦争計画にこれほどの批判が出た例は、歴史を調べても容易には見出せないだろう。これらの批判は …

no image

冷戦の起源はさまざまな分析のイメージまたはレベルで説明できる

冷戦の起源は、さまざまな分析のイメージまたはレベルで説明できる。19世紀にアレクシス・ド・トクヴイル(AlexisdeTocqueville、1805-1859年)は、ロシアとアメリカが世界で大陸規模 …

no image

国際法がなぜ不適切とされるか-ミサイル危機で例証された原理

二〇〇年前、トマス・ジェファソンはニューオーリンズを何としても手に入れたいと考え、ここを手放そうとしないフランスの反抗的な態度を厳しく非難した。我々が平和を愛し富を追求するのは、崇高な動機があるからだ …

no image

アンゴラやモザンビークの共産政権は民主的権利を侵害しているのだから

1980年代に、一部のアメリカ人によってレーガン・ドクトリンなるものが宣言され、ニカラグアのサンディニスタ政権やアンゴラやモザンビークの共産政権は民主的権利を侵害しているのだからと、これらの政権に対し …