雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

ムンテラとは?その意味と他にも医学用語を色々紹介

投稿日:2014年11月22日 更新日:

・麻薬

病院で何のために使うのかというと、もちろん闇で売って大儲けするためではない。ガンの末期の患者の痛みを和らげるために使うのだ。たとえばモルヒネなどの麻薬である。これを飲むと幻覚が出てきて、すごく幸せな気分になるのだ。実際には、麻薬にワインやシロップを混ぜたものをこれはカクテルですと言って患者に飲ませる。

・マス

ここでいうマスとは、塊り(かたまり)のことである。もちろん、ガンの塊りとは限らないが、その可能性はかなり高い。マスといっても、マスコミやマスプロのマスという意味ではないし、魚のマスのことでもない。具体的には、お腹を診察したらマスが触れた、レントゲン写真でマスがある、というように使う。

・マルク

教授がマルクしなさいと言ったところ、若手医師が針の先をヤスリで削って丸くしましたと言うのは、どこの病院でもよく聞かれるジョークだ。マルクとは本来は骨髄という意味だが、骨髄に針を刺して取ってきて顕微鏡で調べる検査のことを、通常マルクと呼んでいる。もちろん、外国の通貨単位ではない。

マリグナンシー

・マリグナンシー

患者の前でキャンサーなどと言うと、患者に気づかれてしまうので、わざとマリグナンシーというコトバを使うのである。名詞ではマリグナンシー、形容詞ではマリグナントといい、悪性という意味である。ちなみに、良性は美ない(ビナイン)という。

・ムンテラ

医者が口を使って、つまり患者に話をして、病名や検査・治療法を説明することをいう。ムントは口、テラピーは治療という意味であるが、だからといって口の病気を治療するという意味ではない。ムントテラピーを省略した言い方で、和製ドイツ語。たとえば、本当は胃ガンなのに病名は胃カイヨウですと説明することをムンテラという。

・マンマクレブス

医者が看護婦に、乳ガンの患者に対する処置を頼む時は、ドイツ語ではなく英語を使う。英語で言うと、プレストキャンサーとなる。マンマもクレブスもドイツ語で、マンマは乳房のこと、クレブスはガンのことだ。

・マーゲンカルチ

カルチは英語でガンのことだ。マーゲンとはドイツ語で胃のこと。ドイツ語と英語がチャンボンになってしまった言い方で、いわば和製外国語だ。もし全部ドイツ語で言うならば、マーゲンクレブスと言わなければならない。ちなみに。語体ではマーゲンクレブスと言うが、文語体ではM.K.と略して書く。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

死化粧はナースが行う大事な仕事だが・・

お弁当箱よりやや大きめの箱の中には、化粧道具が入っています。人が亡くなると、体を拭いて清め、女性の場合には美しい死顔に整えるため、メイクをしてあげます。これは、ナースがします。ナースステーションには、 …

no image

肝臓の位置を知っていますか?自分の体をよく知ろう

毎年、忘年会シーズンには、ここ何日か飲みすぎで、肝臓がキリキリ痛むんですよと、左の腹部を手でさする患者さんがいます。でも、ちょっと待って。肝臓は右の上腹部にあるんです。 肋骨の下方部分というのは当たっ …

no image

インフルエンザの症状は分かりにくいので注意が必要

インフルエンザによってどのような病気になるか、症状などについて述べていきます。 インフルエンザによって、無気力になったり、だるさを感じたり、活動性が落ちる、食欲が低下したりといった症状ができます。 感 …

no image

必見!専門医が利用するべき転職支援サービス

専門医の先生が、今の職場を辞めて転職を考える場合、不安に感じることがあると思います。求人誌には、全体の症例数、他の医師の状況などを知ることはできません。 使用機材の状況なども、求人誌を見るだけでは分か …

no image

研修医が病院に初出勤時に起こる嬉しい出来事

医師の、ボールベンにはガスターだのザンタックなどと、カタカナ名が入っているはずです。場合によっては英語名かもしれません。これらは、薬品の商品名なのです。 ボールベンは製薬会社から配られたものです。病院 …