雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

ペット

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目

投稿日:

天才として有名になるか愚か者として無名に終わるかの分かれ目は、どこにあるのだろうか。その答えは知能の性質に関わっている。さまざまな知能は、ふたつに分けられる。さまざまな知能の構成要素は、結晶性知能、と呼ばれるものである。結晶性知能には言語的能力、数学的能力、問題解決手段を学ぶ能力などが含まれる。これは学習の要素を必要とする知的プロセスである。

この知能には個人が系統だった教育や人生経験から学んだことの総和が示される。また、片方を流動性知能、と名づけられている。流動性知能は個体の遺伝子と神経細胞の組成によって決定される、脳の大きさ、脳の化学的性質、皮質の中の神経細胞の数、神経細胞の分枝の数などといった物理的な要素である。これは個体がもって生まれた生得的な知能で、個体が学習する速度、知識をたくわえられる量、問題に取り組む際の効率によって示される。アインシュタインの場合も彼の流動性知能が、すなわち彼の学習と問題解決の能力であった。

流動性知能は個体各自の認知能力の程度を決定

流動性知能は個体各自の認知能力の程度を決定し、知能が到達できる限界をきめる。顕在知能、は個体の測定可能な知能であり、流動性知能と結晶性知能を加えたものに相当する。自動車レースにたとえれば、レースで出したレーシング・カーの平均速度はその個体の顕在知能にあたる。そして車のドライバーが習得した技量と、メカニックのクルーが習得した能力にも作用される。すなわち結晶性知能である。そのスピードは車を構成する機械的な要素によってもきまってくる。これが流動性知能である。

ドライバーとメカニックの技量が優れていなければ、車もその能力を最大限に発揮できない。車が出す速度は、クルーの腕前がどうあろうと、機械的な限界を超えることはできない。別の表現をとれば、知的障害のある個体はその障害の度合いによって、いかに長期間懸命に教育を受けても、言語を完全に使いこなすことはできない場合があるだろう。個体の流動性知能の限界が示されてしまうのである。

-ペット

執筆者:

関連記事

no image

子犬の散歩トレーニングなどの方法

犬は子犬の頃からトレーニングするとよいといわれている。犬がまだ幼いあいだに、自主トレーニングと名づけたものを開始する。これは犬の服従訓練のごく初歩のものだが、正式な訓練は必要としない。接近学習で下地が …

no image

ハムスター用ケージの色々な床材を紹介

ハムスターのケージのハウスは、手のしやすさ、経済性などを考慮して選んであげましょう。ハウスの中にはケージと同じように床材を入れてあげましょう。ハウスを設置しない場合は、その分床材を増やしてあげましょう …

no image

犬のしつけ「座れ」のやり方

犬のしつけには、タッチングというものがある。タッチングの効用は、定期的に犬の全身に触ることで、その身体の感触を通して、腫れ物や怪我などをすぐに発見できる点である。ある人が飼っているケアーン・テリアは、 …

no image

身体障害者介助犬を訓練するトレーナー

介助犬は肢体不自由者が落としたものを拾う、手が届かないものを取ってきて渡す、電灯のスイッチを入れる、ドアや引き出しの開閉をするなど、さまざまな自立支援をします。この介助犬を訓練するのが介助犬トレーナー …

no image

銀座カラーでの全身脱毛の体験談

ある時、私の嫁が全身脱毛をしたいと言い出しました。嫁が、実際に全身脱毛を体験して、かなりよかったというサロンがあり、そのサロンが、「銀座カラー」で、日本全国に店舗を構える超有名店でした。 嫁が脱毛サロ …