雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

心理学

無気力な暮らしから立ち直る

投稿日:

無気力な暮らしから立ち直ったのは、旅行先でのX君との出会いによってであった。そして、また再び同じようなことを繰り返している。このように依存型のパーソナリティが極端になると、もはや依存型パーソナリテイと言うょりは、もっと重い障害を持った、感情の不安定な、不安定型パーソナリテイ障害と呼ぶほうがふさわしい。

いつもいつも見捨てられる不安におびえている。そして、この不安をまぎらわすために、ついたくさん食べてしまったり、アルコールを飲んでしまったりする。それでとても気持ちが落ち込んで、もう自分はだめだという無気力状態に陥って、Y君と別れて一年、せっかく勤めていた会社も辞めて、うつうつと暮らしていた。

彼女は一貫した人間関係を持つことが難しい。あまりにも密着し、濃厚に相手に結びついていたいという気持ちが強すぎる。その理由は、見捨てられる不安が強くて、うまくいかなくなるとすぐに見捨てられたと思い込み、自分はもうだめだという気持ちに陥ってしまうことにある。

不安定型パーソナリティ障害が

現代は、不安定型パーソナリティ障害が若い女性たちにとても目立つ時代になった。自己愛は「セルフラブのことである。つまり、自分で自分を愛することで、それは、ナルシスが、泉に映った自分の姿に惚れ込んで、恋いこがれたというギリシャ神話に由来している。

すぐに相手を理想化するが、一転して攻撃ー怒りに転じ、よいときと悪いときで態度がガラッと変わってしまう。絶えず傷ついて、その気持ちをまぎらわせるためにアルコールを飲んだり、過食したりする。

だれでも自分が一番大切で、だれよりも愛しているのは自分だというのがホンネである。しかし、普通ならそれと同時に、人にも愛されたいし、だれかを好きになったり、愛したりする。愛し愛されるかかわりもまた大切である。そして、自己愛と相手への愛の通い合いがうまくバランスをとって調和しているのが、普通の人の心のあり方である。

-心理学

執筆者:

関連記事

no image

脳が大きくなって新しい求愛方法が誕生する

今から一万年以上も前に、遠く離れたヨーロッパや中国、そしてジャワに骨や道具を残していった。脳が大きくなって新しい求愛方法が誕生する。しかし、炎によって授けられたあらゆる贈りもののなかでもいちばんすばら …

no image

人が恋に落ちる瞬間は性欲からも来るのか?

豊富な恋愛遍歴の持ち主オウィディウスは、性的に強く惹きつけられると、人は恋に落ちることが多いと信じていた。しかし性欲がつねに恋愛感情を引き起こすとはかぎらない。それは大勢の知るところだ。 性交からはじ …

no image

雄、雌の求愛

科学者たちが外科的手段で一雌一雄関係を築く。スズメのオスにテストステロンを注入したところ、それまで忠実な父親だった彼らが巣と子どもとを見捨て、ほかのメスに求愛しはじめた。性欲と愛着を生みだす化学システ …

no image

強迫観念的な思考を表す具体的なサイン

大きな疑問が心に浮かび上がってきたー被験者選びは、はたして正しかったのだろうか?それについてはさんざん悩まされた。そしてようやく、納得したー選択の余地はなかった。被験者候補にはできるだけたくさん質問し …

no image

自己超越の体験などに見る完全な静寂

西洋の、キリスト教的背景をもつ自己超越の体験。たとえばウイリアム・ジェームスの著作に引用されているスターバックの手記においては、次のようなことが記されています。魂が無限者の中に展開し、内外の両世界が一 …