雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

環境問題

昔の食品添加物

投稿日:

私たちはあきらめずに、地域で採れたものを地域で食べることを心がけていきましょう。少々高くても、子どもたちの健康のためです。安全で、むだな輸送コストのかかっていない新鮮な食物をテーブルの上にのせましょう。

小麦などの穀物やウシはアメリカで、日本は野菜や花、小型動物を生産するときめられました。そのため畜産農家の離農が増え、オレンジの自由化でミカンの木が三万本も切られた。一九八四年の日米語間委員会で、首相はレーガン大統領にこの委員会の最終報告を全面的に実施することを約束しました。このとき牛肉やコメの自由化などの方向が打ち出され、実行されました。

食品添加物についてのもっとも古い記述は、ローマ時代のものだそうです(狂食の時代)。古代ローマで、ワインの味がおかしいという苦情があったため、調査をしたところ、アロエやその他の薬を使って、人工的に熟成させていたことがわかったというのです。

食品添加物に使われるようになったのは

日本で、化学的に合成されたものが食品添加物に使われるようになったのは、明治以後のことと考えられます。一八七八(明治一一)年には、「アニリン基他鉱属性ノ絵具染料ヲ以テ飲食物ニ着色スルモノノ取締方」という法律ができました。その後、明治から大正にかけて、色素、甘味料、防腐剤、漂白剤などを規制する法律が制定されました。

一九四七(昭和二二)年に「食品衛生法」が制定され、食品や食品添加物、それに使う器具、容器などについて、いろいろな衛生上の法規が整備されました。一九九一年からは、加工食品に使った食品添加物は、原則としてすべて表示されるようになりました。

ローマのパン屋では、パンに炭酸塩や酸化マグネシウムを混ぜていたことがわかりました。一八二〇年、イギリスのアークムが「鍋のなかに死がある」という論文を書いて、インチキ食べ物と料理に入れる毒についての論文を発表しました。これが、食品添加物について、科学的な手法で論じられた初めての例と言われています。

-環境問題

執筆者:

関連記事

no image

ロンドンスモッグ事件に見る酸性雨の恐怖

一九五一年十二月五日からわずか五日間に、四〇〇〇人もの死者を出した「ロンドン殺人スモッグ」が起きました。このときの酸性雨のpHは1・5で、胃酸なみの強烈なものでした。男女ともすべての年齢層に被害が及ん …

no image

日本は自給率が低いままでいいのか

水産物は、エビの世界全体量の三分の一を日本が輸入しています。驚くべき数字だと思われませんか?ジョン・ハンフリース著『狂食の時代』に次のような記述があります。野生のサケは美しい生き物だ。体表は銀色にかが …

no image

京都議定書の目標達成計画の決定までの苦難

京都議定書では、二〇〇八年から二〇一二年の間に、CO2等の六種類の温室効果ガスの排出量を先進国全体で一九九年のレベルより平均五・一二パーセント減らすことをきめました。そして、EU全体で八パーセント、米 …

no image

ODAとは誰のために?

森林を伐採して、山を砂漠化させ、豊かな生態系を破壊しています。援助の見返りでふところが豊かになるのは、実は援助する側です。援助される側はやがて住む土地を失い、流浪の旅に出なければなりません。 0DAと …

no image

生きる知恵に逆らった行動によって生存を危うくしている

ミクロコスモス(小さな宇宙)という名のおもちゃを知っていますか?直径三センチのガラスの密閉容器に水が半分くらい入っていて、水草とミジンコとェビが数匹入っているのです。説明には「日光に当ててください」と …