雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アウトドア

MTBやクロスバイクは街乗りと違い普通は24段変速

投稿日:

MTBやクロスバイクは普通24段変速。そんなにいらないんじゃないの、と思う人もいるだろう。しかし、トレーラーに子どもやキャンプ道具を積んで引っばる機会があれば、初めてそのありがたみがわかるのだ。変速つきの最小サイズのもの(子ども用、フレームB)が、9歳くらいだとびったりだ。ただし、このタイプのタイヤはどこででも手に入るわけではないので、長期旅行にはスペアを持っていこう。

ちょっとでも楽させてくれる機能がついているのなら、使わないテはない。子どもが10段変速に乗れるなら、ツーリングの楽しみがある。自分の荷物は自分で運んでもらえるのもいい。8歳児のサドルは、腰の高さを目安に。タンデムもお薦めだ。親が前、子どもが後ろ、息の合ったペダリングを楽しむ。子どもも、自分1人で乗っているよりはうんとリラックスできる。12~14歳なら、だいたい大人用で間に合う。

身長差に配慮したデザインになっている

サドルの位置を調節して、体に合わせた安定感をチェックする必要があるかもしれない。一般的なタンデムは、身長差に配慮したデザインになっている。背が高いほうがフロントを仕切る、というふうに。それでも、ペダルを遭ぎやすいように、オーダー・メイドの必要があるかもしれない。タンデムなりの走行技術を楽しみながら、間近にいる親が交通ルールなども教えてあげられる。

質のよいタンデムは、お値段も決して安くない。タンデムにしかない魅力というのは、トレーラーで引っばられる幼児期と、自分でガシガシ走れる少年期のギャップを埋めてくれる乗り物であること。また、体重が18を超えると、チャイルドシートは使えなくなる。それから、子どもが自分の自転車で走れるようになるまで(6歳以上)の間、トレーラーは大活躍してくれる。安いものではないが、子どもを乗せなくなってもカーゴとして牽引できるし、あとは誰か必要な人に譲ってもいい。子どもが中でもぞもぞ動いても、自転車には影響ないし、トレーラーそのものも転倒しにくいようにできているのである。

-アウトドア

執筆者:

関連記事

no image

アウトドアウェアはファッション性以外に機能的にもすぐれていないといけない

アウトドア・ウエアはファッション性はもちろんのこと、機能的にもすぐれたものでなくてはならない。オートキャンプといえども、大自然の中で活動するとなると、天候の急変など、アクシデントを予測したうえでのウエ …

no image

秋の山は植物、モミジの赤色が美しい季節

秋、気持ちの良い季節だ。色づいた森を歩くのは快適この上ない。乾いた空気、足元の枯れ葉を踏みしめる音。静かである。その静けさは、やがて山に冬がやってくることを感じさせてくれる。 この時期、植物も動物も、 …

no image

山登り初心者の服装の注意点

・服装 動けは体温が上がり暖かく、あるいは暑くなります。山の気温は一〇〇〇メートル上がるごとに六度低くなります。さらに風が吹くと体感温度はもっと低くなります。夏でも吹きっさらしのところにいればすぐわか …

no image

計画を立てる際にリーダーがいたほうが利点が多い

みんなで計画を立てる場合は、発言には責任を持たなくてはならない。口先だけの無責任発言、これもルール違反である。もっと厳しく言えば、ルール違反者は、二度とグループに参加させてはいけない。そうでないと山登 …

no image

子供に片付けを小さい頃から教えよう

キャンプでは彼女の天下だった、とある家族。娘って要求がこんなに多いのに、私達やっていけるかしら。そうは思っても、やらなきゃ小さな娘の健康と安全は保てない。夜通し起こされてもうろうとしていた私達は、朝を …