雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

医療

MRI検査はスーパードクターをも超える診断率

投稿日:2014年11月17日 更新日:

ふつう体調がどうもよくないといった場合には患者は、まず内科に行きますから、他の科にくらべて、とくに痛いというわけではないが、来てみたという患者が多く、その結果、これといった異状がない人もたくさん来院するのです。大学病院などでは診察の他に研究や授業、研修医の教育などいろいろとすることがありますが、総合病院の内科医は、急患などがなければかなり単調な仕事です。内科医の特徴は地味な仕事ということに尽きるでしょう。

どうも最近、体がだるいとか、少し耳鳴りがするような気がするといった患者にも、なんらかの処置をしなければ商売にならないので、過労でしょうとか、血圧が少し高いので食事や休養に気を付けてなどとアドバイスをして、処方を書くのです。内科医が、単なる風邪ですねというときに、少しガッカリしたようにいうことがあるのは、その日はそういうなんでもない患者が多かった日なのだと思って間違いないでしょう。

加えて、かつては内科の診断はベテランでないとむずかしいものでしたが、今では検査結果のコンピュータデータを見て病名を認定するのが内科医の仕事になっています。ただ、コンピュータのデータは、少しでも数値が正常値からはずれていると、すぐに異状と診断するので、機械が過敏に読みとった部分を見分けるノウハウは必要となっています。

MRIなどの画像診断による診断率

MRIなどの画像診断による診断率=病気があった場合にそれを発見する確率は、八五〜九〇パーセントという高い数字です。かつて、名医中の名医と尊敬され、医療界の大先生の診断率でさえ七二パーセントだったといわれるのですから、はっきりいって画像による診断は、それそのものが名医なのです。

内科医の仕事内容が変わったもうひとつのポイントは、画像診断の発達です。MRIで検査すれば、おそらく肉眼では開腹しても確認がむずかしいようなごく小さな病巣まで発見することが可能になっています。パソコンを扱い慣れている若手のほうがデータの読み方には慣れているかもしれません。このコツさえつかめば内科医は、医者歴数年の若手も三〇年のベテランも能力に差がないようなのです。

MRIやCTでは、脳の中さえのぞくことができ、ごく小さな病巣も発見できるのですから、現在の画像診断のレベルは、ほとんどすべての病気の診断ができる、史上最高の名医だといえます。

-医療

執筆者:

関連記事

no image

看護師の白衣は薄くて寒い-変な目で見ないようにしましょう

ハワイの病院では、白衣を着ているナースはいないようです。全員が私服で、ポロシャッとショートパンツやスラックス、運動会に参加するお母さんのような格好だといいます。このほうが健康的な印象です。 考えように …

no image

生活リズムが崩れる影響

人間の体には先祖代々受け継がれてきた生体リズムがあります。これを逆にすると体に変調をきたします。暗い時間は寝る。明るいうちは起きて活動する。 古来人間が持っている生活リズムです。日が昇って、沈んで、眠 …

no image

医療ミスの事例は多いが隠蔽しようとするものもいる

医者は、警察官や自衛官、教員などと同じで、いったん反社会的な行為をしたら、その人の信用は一気にゼロになってしまいます。とくに医療は、どこからどこまでがミスで、どこからが避けられなかった不可抗力なのか、 …

no image

医者が患者の場合一つのミスもなくさなければいけない-用語集

・患者が医者 医者だって当然病気になるが、その場合の主治医の感想としては、やむにくいの一言に尽きる。ハイレベルな治療を一つのミスもなくさなければいけないので、すごくプレッシャーがかかるのだ。小児科の医 …

no image

CEAとは何か?その意味-その他にも色々な用語も

・CEA 大腸ガンや胃ガンが体に潜んでいると、血液中にCEAというものが増えてくる。カルチノ(癌)エンブリオジェニック(胎児性)アンティジェン(こうげん)のこと。ちなみに、ヘビースモー力ーの場合もCE …