雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

アフィリエイト

文字を大きくするタグの使い方

投稿日:

文字を大きくレイアウトしたいからと言って、その文字列をh1タグで囲むのは間違っています。本来文字の大きさなどの「見た目」はfontタグか、CSSなどで定義されるものです。タイトルを画像ファイルにして、視角的にアピールしたいという時もあるでしよう。文法上おかしな使い方をするくらいならば、使わないほうが良いでしよう。

hタグは絶対必要というわけではありません。検索エンジンが評価するといっても絶対ではありません。訪問者が困らないような整ったページであれば、無理に見出しを使用しなくてもいいのです。

bタグとstrongタグの違いをご存知でしょうか。現在主要なブラウザ上ではどちらのタグも太字で表示され、見た目上の違いはありません。本来bは「bold」の略で、文字通り太字で表記したい時に使います。もう1つのstrongは「強調」です。

b(太字)とstrong(強調)。ブラウザ上では同じような見た目になってしまうこの2つのタグですが、本来それぞれのタグの持つ意味合いは異なります。そして検索エンジンはHTMLの文法に忠実に解釈します。

論理的強調となります

詳しく説明すれば「論理的強調」となります。ページ内で特別な意味があり、普通のテキスト部分と比べて強調したい際にstrongを使うというわけです。そのため、検索エンジン的にはstrongタグで囲まれた文字列の方を、より重要視する傾向にあります。

もっともbタグもあくまで見た目の定義とはいえ、通常のテキスト部分にくらべて協調したいという制作者の意志があるのは間違いありませんから、全く検索エンジンが無視すると言うわけでもないようです。

むしろ逆の観点から考えると、単純に太字で表現したいだけの文字列をstrongタグで囲むのは無駄と言うことになります。なんでもstrongで強調してしまうと、本当に強調して重みを付けたかった言葉(キーワード)のページ内での重要度が下がってしまうからです。

つまり、それぞれのタグの本来の意味をちやんと把握することによって、見た目は同じでも今までHTMLの文法上間違ったタグの使い方をしていたものが、正しく記述できるようになるということになります。

-アフィリエイト

執筆者:

関連記事

no image

物を売るアフィリエイトサイトとは?

物を売るサイト(物販サイト)について。 物販サイトは、成果報酬型と言われる、成果を上げて報酬を得 るアフィリエイトサイトとなります。 自分でサイトを作って、そのサイトに広告を貼り、その広告をク リック …

no image

流行を追わないアフィリエイトサイトでも3倍稼げる

流行を追わないで永久に求められるサイト。 流行に流されないサイト よくある情報発信サイトなどのように、常に最新の情報を発信し ないといけないサイトと違い、流行を追わないサイトは、理想的 なアフィリエイ …

no image

ビックワードでも上位表示できるPPC広告で稼ぐ2つのコツ

PPC広告は、実際に稼げるのでしょうか?PPC広告は、成果報酬アフィリエイトやクリック保障型アフィリエ イトのように、無料でできるわけではありません。 PPC広告は、1クリック数円~数百円くらいの広告 …

no image

まずはやってみよう!自分でネットショップを開業する

ネットショップを開業して副業しましょう!ネットショップとは、アフィリエイトやドロップショッピングのように 、仕入れや在庫を持たないビジネスではなく、実際に商品の仕 入れや、在庫の管理などを自分で行う、 …

no image

アフィリエイトを行う際の3つの仕組みや流れ

ここではアフィリエイトの一連の流れを紹介していきます。 アフィリエイトはASPと提携 アフィリエイトを始めるにあたり、まずASPサイトに登録しないと いけません。 まずASPに登録するのに、A8ネット …