雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

自分の盲点をつかむ

投稿日:

自分の盲点をつかむ。多く読む自分が体験することには限りがあります。読むことでこれらをカバーでき、より深く広いさまざまな世界を知ることができます。書いてみる。書いてみると自分のあいまいさがよくわかるものです。また、深く考えるヒントを得ることもできます。

繰り返し実行されるものは第二の天性になるといわれています。観察するものを見るとき、「なぜ」「どうして」という気持ちをもって見ると、真意がつかめますよく聴く本気になって聴けば、「アレッとか「どうして」と新しい発見があり、これまでもっていた自分の考えも確認できます。話してみる自分の考えを話してみるとその反応によって、自らの内容の正確度を確認できます。また、その反応から新しいことを考える起爆剤を得ることもできます。

ソフトウェアK社の営業課長Bさんは、バブルのさなか仲間が大きな仕事をどんどん取ってくるなかで、メリットのない契約が多かった。そのため、とうとう「ゴミ拾い」というアダ名をつけられてしまいました。

一方的なエゴをぶっつけるだけでは解決しません

汚染、運搬車の出入り、当事者にとっては深刻でしょうが、一方的なエゴをぶっつけるだけでは解決しません。容器の節約、リサイクルへの協力、そして、食など各人の賛沢な生活態度をおさえない限り環境問題も解決しません。

お客さまの中の一つにY社がありました。経営事情から単価をあげることができず、Y社の担当者であるCさんが「Bさんほんとうに申しわけありません」と、あやまりながら注文をしてくれる。冷蔵庫、クーラー、テレビ、、娯楽施設、大きなスポーツ施設など、電力なくしては成りたちません。ゴミ焼却によるダイオキシン被害など、焼却場問題もあります。

ことばの問題も、心の損得勘定にフェアであることの意味を実感しないと解決できそうもありません。話の無免許運転をやっていないか、お互いに考える必要がありそうです。人生にムダはありません。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

人間的に成長する機会を持とうとしているか?

多くの識者が他者と出会い、話し、聴くことが自らを成長させる最大の栄養になる、といっている。それにはまず、すすんで外へ出ることが先決です。出るから他人と出会える機会に恵まれるのです。人間嫌いを克服しよう …

no image

言葉の音の印象がよいと感じる人は少ない

人はつまらないおよそ風体のよくない男でも、大臣の肩書がつくと、ひととおりの格好がついた人物に見えるものですし、古い歌の文句ではありませんが、山から蹴っころがした松の木丸太のような女性でも、社長令嬢の宝 …

no image

聞き手の負担を上手に減らす

聞き手は、ロードマップやラベル(見出し)を聞いた時点で、メンタルモデルができています。そのモデルに沿って予測し、理解しようとしています。各論で主張が出てくると、つくられたメンタルモデルと照らし合わせて …

no image

話し方という技術が下手

話が下手だという人の多くは、話し方という技術が下手だということのようです。しかも「私は話すことはたくさんもっているのですが」というのです。はたしてそうでしょうか。話すということはきわめて日常的なことで …

no image

わたくし言葉はいつから覚えさせたらいいのか?

正直に申し上げますが、私は「わたくし」と言うことをすすめていますが、その効果を具体的に確かめることができた例は、今までに僅か三例しかないのです、というある話し方の専門家。しかし、自分というものについて …