雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

DIY

物を厳選することでかたずけていく

投稿日:

物を厳選することでかたずけていく。
モノの厳選は向き/不向きではなく慣れです。1度で完璧にできるとしたら、すでに整理・整頓がバッチリ身についている人か、よほど暮らしに興味のない人かの、どちらかでしょう。ほとんどの人は、暮らしの質や内容には関心をもっていても、モノとのつき合い方については、じっくり考えたことがないのではないでしょうか。だから、イザ考えようとすると、とたんに困ってしまうのです。でも、モノの厳選をするうえで重要なのは、向き/不向きではなく、じつは慣れなのです。

ここはひとつ、不要と決めたモノについては、そう決めた時点でスッパリと、思いを断ち切ってしまいましょう。
自分の暮らしに必要なモノが決まったら、それが一生つき合えるモノかどうかを考え、厳選します。人の気持ちは変化するので、一度必要と決めても、あとで不要にひっくり返ることもあるからです。反対に、不要だと思ったものを、処分してからしまった!と悔やむこともありえます。でも、それを恐れていては、モノの厳選などできません。

必要性を見直して暮らしの目的を知ろう

整理・整頓の目的は、ただモノを減らし、上手に収納する、望みの暮らしをするためには、モノとどうつき合えばよいのかをハッキリさせるーこれこそが、整理・整頓の目的なのです。細々としたモノを含め、身の回りのあらゆるモノの必要性を見直していくと、しだいに自分の暮らしの目的もハッキリしてくるはず。この目的を知ることこそが、整理・整頓の本当のねらいです。

めったに使わない小物こそ、思いきって決断

こうしためったに使わないような、細々としたモノの必要/不要さえ決められないようでは、モノを厳選することなど、一生できなくなってしまいます。イザというときだけ必要になる小物の処置。たとえば、へアピンや安全ピン。どちらも小さく、イザというときにしか使いません。だから必要とも不要とも決めかねても、ムリはありません。

-DIY

執筆者:

関連記事

no image

領収書を上手に整理する方法

・領収書を上手に整理する方法 財布のなかに入れたままとか、手帳にはさんでおいたりすると、なくしてしまったりうっかり請求しそこねたりする。出張のときは、帰ってから経費を精算するのに必要だから、もちろん領 …

no image

ウレタンマットを玄関の段差に置こう

・玄関の段差にウレタンマット玄関や勝手口に 少しでも段差をなくし、ケガをしないようにするには、ウレタンマットを敷けばどうだろうか。段差があると、赤ちゃんや子どもが落ちてケガをしたり、お年寄りが上り下り …

no image

シンク収納や汚さないためのアイデア

・シンク下を汚さない 油の保存法キッチンで使う油は、シンク下の床にそのまま置くと、油が注ぎ口から垂れて床がべたべたしてしまう。そこで、ペットボトルを一工夫。上半分をカットして捨て、残った部分にひもで持 …

no image

建築科を目指した女性の奮闘記

建築科を目指した女性の奮闘記。 汗ばんだほほに当たる風が、なんともいえず心地よい。生まれて初めて見る、屋上からの眺めは感動的だった。自分で自分のいれ物を作るなんて…。「これだ!これを仕事に …

no image

圧縮袋を活用して省スペースを図る

・圧縮袋を活用して省スペースを図る どうしても減らせない寝具が何組もあり、整理ができない場合には、「圧縮袋」の活用がおすすめです。圧縮袋は、もはや寝具収納の定番となった感もあるスグレモノ。寝具の空気を …