雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

モンロー主義の意味をすでに理解していたビスマルク

投稿日:

危惧の念を表明した時、ロシア皇帝とメッテルニヒが言及していたのは、新世界における共和主義と反乱の使徒によって広められた民衆自治という有害な政策に関してだった。邪悪な政策と有害な実例の洪水に悩まされた人々だ。我々の宗教と政治制度はどうなってしまうのか。わが政府の道徳的な力や、その保守的な制度こそが、我々を完全な崩壊から救っているのだが、もし悪質な原則の伝播と侵略を食い止めるか克服しなければどうなるのか、と彼らは自間した。

腕白小僧を感染から守って野蛮人をその悲劇的運命から、暴力と破壊と略奪によって解放すると自画自賛したのは、九世紀末の文明国が最初ではない。彼らは傑出した指導者たちの豊かな伝統に倣ったのである。西洋諸国はジャングルで活動する時には:ジャングルの法則に回帰しなければならないのだ。西洋諸国は昔の時代の荒っぽい手段に逆戻りし、武力や先制攻撃や謀略など、必要なものは何でも使って、独自の行動をとる一九世紀の世界にまだ生きている国々に対処しなければならない。

モンロー主義の意味を理解していた

ビスマルクはウイルソン大統領の理想主義の時代以前に、モンロー主義の意味を理解していた。ロバート・ランシング国務長官が大統領にそう説明したのである。悪いことに、反乱の使徒はモンロー主義によって、自分たちの支配の大を宣言したばかりだった。政策は海を越えて伝わり、直接の接点も、近接した関係など憂慮すべき根拠すらなくても、しばしば破壊に伴うあらゆる徴候をもって出現する。現代の政策立案者の言葉を使えば、樽全体を損ないかねない一個の腐ったリンゴであり、他国を倒すかもしれないドミノだろう。

利己主義のみに基づいていると思えるかもしれない、モンロー主義の発案者には、何ら高尚な動機も寛大な動機ももたずにそれを宣言した。他の南北アメリカ諸国の安全についてはたまたまそうなっただけで、それ自体が目的ではなかった。モンロー主義を唱導しながら、アメリカは自国の利益を考えている。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

イラク国内の反乱によって権力の座から引きずりおろされた

イラクの場合、見識ある専門家が出した結論には、常に真剣に耳を傾けるだけの充分な根拠があった。つまり、イラクで体制転換を図るために建設的な解決策を提示するとすれば、それは社会を疲弊させ、イラクの中流階級 …

no image

タリバン、アルカイダなどを戦略的に弱体化させる鍵

テロリストの脅威を緩和したいと考える人々の間では、アルカイダやそれに関係する集団を生んだ社会的、政治的、経済的状況に対処しない限り、アメリカと西欧の同盟国も他のいずれの国も、イスラム教テロリストの標的 …

no image

一対一の土地交換と国境に沿った領土の分割の問題

一九九〇年代に、ヨルダン川西岸を事実上、二分させようとする明確な意図で企図された。交渉はイスラエルの選挙前にバラクによって中止され、暴力事件がエスカレートしたため、その後は再開されず、従ってそれがどの …

no image

戦力差のありすぎる戦いでの記者の関心

一九九一年の湾岸戦争では、軍事的に著しく優位に立っていた米軍が、戦車やブルドーザーで地騎ししながらイラクに入り、イラク兵を砂漠の中の斬壊に生き埋めにした。前代未聞の戦術だと、パトリック・スローヤンは報 …

no image

カストロ暗殺計画はケネディが暗殺された当日に着手された

カストロの殺害計画は、ケネディが暗殺された当日に着手された。組織的活動は一九六五年に中止されたが、ニクソンが一九六九年に就任記て最初にとった動の一つは、キューバに対する秘密工作の増強をCIAに命じるこ …