雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

問題解決型のパターンの場合の話すポイント

投稿日:

問題解決型のパターンの場合は、話すポイントの数も増えます。そのすべてのポイントを振り返ってはいられません。メリットだけを繰り返します。ロードマップで示された全体像とまとめの全体像は一致しないのです。この点を了解しておいてください。

まずは、問題とその原因がきちんと関係づけられているかをチェックします。・原因のあとに問題が起きているか・結果は原因から起きることがらの中で最大のものか・原因は結果の最大の要因になっているか・ほかの原因、結果はないかこの四つです。

ラベルと内容は合致しているか各論のラベル(見出し)と内容が一致しているかもチェックをします。AREAにしたがってチェックします。問題と原因の関係を探る問題解決型のパターンでは、問題解決にいたるまでがメインですから、個々のポイントが論理的に整合していなくてはなりません。

論理性をチェック

結婚、出産関連産業が活性化します。結婚数、出産数が増えるのですから、関連産業が当然、潤います。雇用も増え、経済活性化の一助になるでしよう。このような官製お見合いの場の設置に対しては、異論も出てくるでしょう。いわく「結婚は両性の合意によってなされるのであって、人工的に合意を取りつけようとするのは、人権侵害である」。このような反論は、当然ながら当たりません。

一通りできたら、次は論理性をチェックします。説明する項目が多い分、論理性をチェックする部分も増えるのです。基本的なところは、報告のパターン、説得、提案のパターンと変わりありません。たとえば「少子化対策として官製お見合い制度を導入することを提案します」とします。

見合いであっても、両性の合意によって結婚がなされることに変わりはないからです。この提案は、あくまで見合いの場を提供するだけで、結婚を強制するわけではないからです。出会いの場をつくるのです。このように、少子化に歯止めをかけ、将来の日本社会の崩壊を防ぐ、官製のお見合い制度の導入を提案します。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

真剣に恋へのアクセスを求めているのなら

潤いの欠けた肌の上にいくらメイクを凝らしても、乾いた状態は隠せないものです。男たちは言葉で感情表現することは苦手ですが、観察力は鋭いのです。あなたが真剣に恋へのアクセスを求めているのなら、プロポーショ …

no image

詮索好きは悪いクセ

好奇心、は善玉、詮索好き、は悪玉。自分のことはもちろん、たとえ他人のことでも、この一つをちゃんと見分けられるようになりましょう。そのためには、常に自分自身に関心を持ち、自分が好きだと感じることと関わり …

no image

何でも面白おかしくアレンジして話す人たち

彼らにとっては、事件の真実性よりそのストーリー性のほうが興味深いようです。生活の周辺には常に噂、や憶測、やデマ、やスキャンダル、が飛び交っています。そして、それらを面白おかしくアレンジして話す人たちが …

no image

留保条件や例外規定は主張が成り立つためのもの

「父と子と母」というのは、どういう状況なら成り立つのでしょうか。ここで登場してくるのが、「条件」です。主張をするために、条件が必要になる場合があります。条件とはその主張を成り立たせるための規定、権組み …

no image

声が親に似る

声の質は最初に生まれた子に、両親のどちらかの声が割合はっきり出ています。そして、次の子が前の子と同性、つまり男男、あるいは女女とつづいた時には、最初の子と同じ影響が出る場合が、やや多いことがわかってい …