雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

コミュニケーション

モナリザの微笑

投稿日:

モナ・リザの絵は、イタリア・ルネッサンスの象徴レオナルド・ダ・ヴィンチが一五〇三年から四年かかって描き、なおかつ未完成であったと言われる作品です。美術の解説書のなかには、本当はこんな美人ではなかったろうと書いてあるものもありますが、美人はつらいものです。ダ・ヴィンチが夫人を描きはじめた一五〇三年には、夫人は二十四歳だったのですが、絵を見ると、この年の割に少しふけて見えます。もっとも四年がかりでしたから、未完成ながら、描き終えた時には二十七歳になっていたわけですから、若さの移ろいの著しいこの年齢から考えて、肖像のエリザベッタ夫人は二十七歳の顔と思えます。

モナは有夫の婦人の敬称であるMONNAの略で、リザはエリザベッタの略です。この一枚の絵から話の原理が出発するのです。挿入したモナ・リザの絵をよく見てください。肖像画人物の特徴や性格をよくつかんで描きます。エリザベッタ夫人は確かに、あの魅惑に富んだ微笑をもった優しい女性だったのでしょう。

ちょっと見ると、目の上に、すっと引いた眉のようなものが見えますが、これはくぼみです。まつ毛もなければ眉もないモナ・リザが、この絵を見る人にかすかに微笑みかけているのは芸術の力のもつあやしさです。ところが、モナ・リザの顔を眺めていると、不思議な気分が起こってくることに気がつきませんか。

そっと優しい眼差しを返してくれているよう

ヴザーリが記述したものを見ますと、この絵ができたころには、夫人の目のまつ毛が実に精巧に描写してあったようですが、百二十年後の記録によると、まつ毛はあまりよく見えないと書いてありますから、一世紀の間に落ちてしまったとみえます。それにモナ・リザには眉がありません。これは当時の風習で刺り落としてしまったものだと言われます。

エリザベッタ夫人が自分にやさしく微笑みかけてくるだけでなく、もしあなたが、こっそり夫人に話しかけたり、あるいは、夫人と同じ微笑みをしてみると、絵のなかにいる夫人が何となくあなたの「ねえ、エリザベッタさん」という呼びかけに答えてくれるような気がしたり、あなたの微笑に、夫人もそっと優しい眼差しを返してくれているような感じがするのです。

ちょうど、電車のなかなどで、お母さんにおぶさった赤ちゃんが、あなたの顔を見てニコッと笑うと、あなたもつい誘いこまれてニコッと赤ちゃんに笑ってみせるあの雰囲気です。日常会話で大事なのは、口元なのです。

-コミュニケーション

執筆者:

関連記事

no image

店員の間違ったおすすめのしかた

店員さんが、お客さんにテーブルを進める際、「天板は白で、傷がつきにくい加工がしてあります。少々のことでは傷になりませんよ」というのはどうでしょう?事実の列挙によってテーブルの特徴を述べようとしているの …

no image

心の声に従う-言葉にせず飲み込んでばかりいるとストレスが溜まる

こころの声を言葉にせず、飲み込んでばかりいると確実にストレスはたまっていきます。ストレスとは、抹殺された、こころの声の死骸なのです。正直に話すことは無防備に思え、怖いことかもしれない。かといって自分を …

no image

人間は異常なときこそその真価が問われるもの

人間は異常なときこそ、その真価が問われるものです。本物とにせものの違いは、簡単に同化しない平常心と、語りの実践にかかっています。どんなときでも、いうべきときにはいわなければならないことを銘記しなければ …

no image

人間としての総合力-聡明な女性とはどんな人?

「あなたにとって人間力の高い聡明な女性とはどんな人ですか。具体的な人をあげて答えてください」と問われたら、あなたはどのような方を連想し、どのような必要条件をあげられるでしょうか。二十歳代から六十歳代ま …

no image

手で人の心理を読む

その場限りの言葉を覚えても何もならない。そのためには、他人の話のしかたを観察し、観察を通して、少しでも人間のあり方を知ろうとすることです。人の手の動きで、その人の心理を読み解いてみましょう。 かなりよ …