雑学まとめ

当サイトでは、明日すぐに友達に話したくなるような、あらゆる情報を紹介しています。

政治

目的と手段に関する2つの曖昧さをめぐって

投稿日:

ユーゴスラヴィアは、ヨシフ・チトーJosifTito)の共産党による全体主義的支配の下にあった。1948年に、ギリシャ共産党支持の問題を含めて、ユーゴスラヴィアの外交政策を統制しようとするスターリンと、チトーは鉄を分かった。

目的と手段に関する2つの曖昧さをめぐっては、朝鮮戦争に先立つ時期に大いに議論された。封じ込めについてのケナンの考えは古典外交に近いもので、軍事的手段はあまり用いずに、選択肢を増やそうとするものである。こうした対立の例はユーゴスラヴィアである。

イデオロギー的観点に立つ封じ込め政策によれば、アメリカはユーゴスラヴィアを援助すべきではなかった。なぜなら、ユーゴスラヴィアもまた共産主義国だからである。だが、バランス・オブ・パワーの観点に立つ封じ込め政策では、ソ連の力を弱体化させる手段として、アメリカはユーゴスラヴィアを支援すべきであった。実際、アメリカは後者を選んだ。

はるかに穏健で慎重な態度をとらなければならない

アメリカは、ソヴェトの政策の推進にともなう緊張をいちじるしく増加し、クレムリンに最近数年間よりはるかに穏健で慎重な態度をとらなければならないように圧力をかけ、ゆくゆくはソビエト権力の崩壊かまたは潮次的な温和化かに出口を求めなければならなくなるような傾向を促進する力をもっている。

トルーマン・ドクトリンでは、世界各地で自由な諸国民を守ることが目的だと主張しながら、アメリカは共産党下の全体主義体制に軍事援助をアメリカの行動が他の要素の助けなしにそれだけで共産主義運動の生死を決定するような力をおよぼすことができ、ロシアのソビエト権力を早期に崩壊に追いこむことができるというのは誇張した言い方であろう。

アメリカはバランス・オブ・パワーの理由でそうしたのであり、ヨーロッパでのソ連の支配力に一矢を報いたのである。しかし、朝鮮戦争後には、封じ込めをめぐるケナンのアプローチは力を失った。

-政治

執筆者:

関連記事

no image

根底にイスラム恐怖症と反アラブ民族主義と超ナショナリズム

インドの政治アナリスト、プラフル・ビドワイはこう書いた。与党のヒンドウー・ナショナリストがシオニズムに歩み寄ったのは、根底にイスラム恐怖症(と反アラブ民族主義)と超ナショナリズムがあるからだ。一九九八 …

no image

1960年7月、キューバは国連に援助を求めた

一九五九年から六〇年にかけての冬に、アメリカに拠点を置亡命キューバ人が、CIAの指揮下で攻撃を実行するケースが著しく増加した。バチスタ独裁政権は一九五九年一月、カストロのゲリラ部隊によって転覆させられ …

no image

国際的無政府性-上位の政府が存在しないこと

国際的無政府性ー上位の政府が存在しないこと一は、もし一定の基本原則が遵守されるならば、必ずしも混乱と同義ではない。主権と非介入こそが、無政府的な世界システムに秩序をもたらす2つの原則なのである。それと …

no image

戦力差のありすぎる戦いでの記者の関心

一九九一年の湾岸戦争では、軍事的に著しく優位に立っていた米軍が、戦車やブルドーザーで地騎ししながらイラクに入り、イラク兵を砂漠の中の斬壊に生き埋めにした。前代未聞の戦術だと、パトリック・スローヤンは報 …

no image

カラザスは民主主義への貢献の精神解明のため入念な仕事をした人物

カラザスは、レーガン時代に民主主義への貢献の真の精神解明のため、実に入念な仕事をした人物である。彼自身はレーガン時代に国務省が中南米で行った民主主義拡大プロジェクトの一員だった。彼は学者としての観点と …